お料理王国6

<   2018年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

自由が丘はクラゲストア婦人会

a0358016_15335236.jpg





a0358016_15335515.jpg





a0358016_15335920.jpg






a0358016_15340333.jpg




a0358016_15340664.jpg





a0358016_15571454.jpg





a0358016_15341445.jpg





a0358016_15353522.jpg



a0358016_15353911.jpg





a0358016_15354333.jpg






a0358016_15354879.jpg






a0358016_15355266.jpg







a0358016_15355699.jpg







a0358016_15360177.jpg






a0358016_15360518.jpg






a0358016_15360947.jpg







a0358016_15361527.jpg








a0358016_15361981.jpg





a0358016_15362299.jpg




a0358016_15362624.jpg






a0358016_15403715.jpg







a0358016_15363185.jpg






a0358016_15363406.jpg






a0358016_15363766.jpg







a0358016_15363944.jpg








a0358016_15364255.jpg







a0358016_15364555.jpg







a0358016_15364845.jpg






a0358016_15365120.jpg







a0358016_15365567.jpg






a0358016_15365827.jpg








a0358016_15370247.jpg







a0358016_15370525.jpg







a0358016_15370831.jpg








a0358016_15371162.jpg







a0358016_15371457.jpg








a0358016_15371754.jpg







a0358016_15372396.jpg








a0358016_15372636.jpg








a0358016_15372977.jpg









a0358016_15373387.jpg







a0358016_15373679.jpg












先に残念なお知らせです。


クラゲストア
閉店!!!


なぜ、なぜなんだ!
あんなにおしゃれで美味しかったのに。。。


実は前回この4人で集まった二子玉川の
オシャンティでごはんもおいしいキラキラしたお店も
その後閉店していました。

そう、ブログにまとめる頃にそのお店はすでにない。
そんな事象が頻発しておりますこと
ここに深くお詫び申しあげます。


ま、それだけ東京のオサレエリアの競争率が激しいってことでしょうか。

あんな満席だったのにね。。


そう、本当においしいガレットだったんですよ。

アンチョビの塩味と野菜のシャキシャキ感を
やさしく包み込む、外はカリッと中はもちもちのガレット。


わ〜こんなの初めて〜!
ガレットでしっかり食事ができる、
しかも恐ろしいほどの食材のハーモニーだ!と
ここまで味を引き出す技術に戦慄していたのになぜなのでしょうか。
とても不思議ですが、よけいに飲食店のむつかしさを痛感します。
飲食業界で仕事している身としても。



私がデザインしたお店も潰れたのありますしね。
あの時は悲しかったですが。。。
でも全然こんなレベルの高さじゃなかったので
潰れても「まあそんな気はしていたよ」と
もっと本気になりたかったけれど、
デザイナーが踏みこめる範囲は限られていますしね〜、と。
逃げてしまった苦い思い出です。



そんなこんなな自由が丘女子会!
本題はコチラです。

オシャンティで透明感ある街を想像していたら
意外とそんなこともなかったです。
私の好きな下町感あふれる通りもありますし、
もちろんいきなりサレオツなお店ドーン!にびっくりもします。


いい街でした。

自由が丘散策編はまだまだ続きます。


東京はやっぱり、キラキラしてます。
私の目にはとても
輝いて見える場所です。






















[PR]
by atmeal6 | 2018-06-30 15:54 | Comments(0)

ジャコメッティ展と六本木

a0358016_13125170.jpg








a0358016_13125578.jpg








a0358016_13125939.jpg







a0358016_13130450.jpg








a0358016_13130886.jpg







a0358016_13131276.jpg







a0358016_13131674.jpg







a0358016_13131998.jpg








a0358016_13132395.jpg









a0358016_13132974.jpg









a0358016_13133593.jpg









a0358016_13134077.jpg









a0358016_13134495.jpg







a0358016_13134806.jpg









a0358016_13135356.jpg








a0358016_13135802.jpg







a0358016_13140191.jpg








a0358016_13140514.jpg









a0358016_13141284.jpg









a0358016_13141552.jpg








a0358016_13141980.jpg








a0358016_13142393.jpg









a0358016_13142896.jpg







a0358016_13143181.jpg









a0358016_13143809.jpg






a0358016_13144250.jpg








a0358016_13144604.jpg







a0358016_13145079.jpg







a0358016_13145388.jpg









a0358016_13145615.jpg







a0358016_13145941.jpg









a0358016_13150286.jpg











a0358016_13150604.jpg







a0358016_13150958.jpg







a0358016_13151245.jpg







a0358016_13151515.jpg







a0358016_13151845.jpg








a0358016_13152169.jpg








a0358016_13152564.jpg







a0358016_13152853.jpg









a0358016_13153166.jpg








a0358016_13153514.jpg








a0358016_13153889.jpg













いじりやすいんでしょうね、
『ジャコメッティ』
語呂的に?なのでしょうか。。


以前ジャコメッティーの彫刻を見た後
ジャコ飯の素を買ってきて
『ジャコメッシー』を作った私に
今回のお土産たちを批難する資格はないです。。。


というかまあ、
愛されてますね、ジャコメッティ。

たくさんの人が観にきていましたし、
なんだかいいですね。

日本人の友人がたくさんいたジャコメッティの作品が
こうして日本人に愛されて。


とは言えそこまで深くジャコメッティを知っているかと言えば知らないので
ネットでちろちろ検索してたら『映画』あるんですね。
み、観たい!!
ジャコメッティ役の人がそっくりだった!
これならのめり込めそうだ。



私が知ってるジャコメッティ。


ボロボロの服を着て
ずっと同じ場所に住んでて、
最初はアトリエしかなかったので隣の部屋も借りたけど
ベッドしかはいらなくて
お客様がきてもベッドにお通しするしかなくって、と
アネットが苦笑いしてたとか。

めがねのフレームが壊れたままカフェに現れたとか
爪の中はいつも絵の具だか粘土だかが詰まって
髪はボサボサ。
ポケットの中には無操作に詰め込まれたお札が
手を入れるとバサっと床に散らばったとか。

彼の友人が彼はお金儲けのためにアメリカに作品を売っていると批判して
ひどく悲しんだとか。
陽気なときはカフェのナプキンに落書き。
そして遅い夕食。
パリ。
薄暗い空の下、
なんども描いては消して描いては消して
人との約束はほとんど破ってしまう。

完成しない多くの作品。

永遠に終わらない作業。





ジャコメッティってったら
そんなイメージです。

作業が苦しそう。

でもそれしかなかった人なんだろうかな〜とも。



なんかこう、
同じ時代を生きたかったですよね!
好きな芸術家の展示会を見ると
いつもそう思ってしまいます。





a0358016_14031944.png




これ観た時、
『後ろから見ればよかった!』って
すっごい思いました。
(あ、でも見れないのか)


豊田市美術館は
ほんっと美しい場所です。


今あまり行けないですけど。


























[PR]
by atmeal6 | 2018-06-27 13:54 | Comments(0)

六本木は国立新美術館

a0358016_16041688.jpg





a0358016_16041936.jpg







a0358016_16042484.jpg







a0358016_16042857.jpg






a0358016_16043487.jpg







a0358016_16044042.jpg






a0358016_16044395.jpg






a0358016_16044605.jpg






a0358016_16044948.jpg





a0358016_16045217.jpg







a0358016_16261381.jpg







a0358016_16045818.jpg







a0358016_16050044.jpg






a0358016_16050307.jpg







a0358016_16050656.jpg








a0358016_16050877.jpg







a0358016_16051188.jpg







a0358016_16051425.jpg






a0358016_16051625.jpg







a0358016_16051991.jpg







a0358016_16052110.jpg






a0358016_16052480.jpg









a0358016_16052775.jpg








a0358016_16053096.jpg








a0358016_16053369.jpg







a0358016_16053586.jpg









a0358016_16053802.jpg






a0358016_16054193.jpg








a0358016_16054360.jpg









a0358016_16054666.jpg








a0358016_16054884.jpg


なりませんかって言われましても。

ですよね


なんて言うのが近いでしょうか。
う〜ん、大好きなアイドルのコンサート当日、
会場の前にやっと到着して
アイドルの名前がど〜んと書いてある入り口を見て
感きわまる。

みたいな?


あなたにとっての推しに今から出会える
その瞬間、その手前、あと少しで出会える

このちょっと手前ってのがミソですよね。
会ってしまったら「わー!」「わー!」ですから。


さてわたしの推し


大好きなアーティスト、アルベルト・ジャコメッティ。


ちょっと六本木の裏道散策で寄り道ブログとなってしまって
ここでいきなりジャコメッティを語ってもあれなので
ジャコメッティ語りは次回に。


六本木、いいとこですね〜

飲みに行きたい街、美術館などに行きたい街、
人間観察に出歩きたい街であります。

六本木ミッドタウンが一時期大好きで
ハマってしょっちゅう行っていたのですが
何しにって言われると
キッチン、生活用品フロアをうろうろしにですが
いちいちお道具がお美しくてたまらないのです。

包丁とか、まな板とか。

特にお鍋!あ、あと豆腐をすくうヤツとか
細かい銅線でできていたり日本の技が凝縮!みたいな繊細さ。
美味しんぼで見たことある『しゃぶしゃぶ鍋』とか
とにかく美しい(そしてお高い)調理器具が美術品のように並び、
ああこれであれをこうして。。。

な〜んて妄想の世界に飛んでいたんですよ。


実際問題そのお道具が我が家の台所にあったら
なんだかかわいそうになってしまうので

そういうものは
それなりのお宅に買われていくのでしょう。
うらやますばらしいですね。


先に買ってしまって後々それなりのお宅にするって手もありますけどね。
ありますけどねって簡単に言いましたね。



そう、
六本木はすばらしいのです。


住むのは大変そうですが。


























[PR]
by atmeal6 | 2018-06-24 16:21 | 東京のこと | Comments(0)

御成門から六本木への旅

a0358016_17540072.jpg








a0358016_17540557.jpg








a0358016_17540998.jpg







a0358016_17541295.jpg









a0358016_17541685.jpg







a0358016_17542064.jpg






a0358016_17542482.jpg







a0358016_17542968.jpg








a0358016_17545731.jpg






a0358016_17550725.jpg




a0358016_17551050.jpg







a0358016_17551810.jpg







a0358016_17552345.jpg







a0358016_17552717.jpg







a0358016_17553282.jpg






a0358016_17553699.jpg







a0358016_17554201.jpg










a0358016_17554551.jpg









a0358016_17554979.jpg









a0358016_17555465.jpg









a0358016_17555740.jpg









a0358016_17560105.jpg








a0358016_17560556.jpg








a0358016_17561186.jpg







a0358016_17561449.jpg







a0358016_17561884.jpg








a0358016_17562458.jpg









a0358016_17562763.jpg








a0358016_17563173.jpg







a0358016_17563432.jpg








a0358016_17563742.jpg









a0358016_17564082.jpg









a0358016_17564307.jpg







a0358016_17564821.jpg









a0358016_17565488.jpg
















御成門からどこどこへ、
これはよくやるパターンの東京旅です。

定期の範囲から出発して
交通費を浮かす魂胆ですね。

節約もありますが、
同時にウォーキングも兼ねており、
東京の建物やお店を知る機会にもなり、
写真を撮れば素材にもなる。

一石二鳥どころか三鳥にも四鳥にもなる
この東京散歩。

六本木方面は用事が多いので必然的に東京タワーとこんにちわ率が高いです。
会社からも東京タワーが目前に迫るので
なんだか東京タワーと寝食を共にしているみたいですね。
(寝てはいないです)


東京タワー下ではさまざまなイベントが
四季折々で開催されているので
ちょっと通るだけでもなかなか楽しめます。

ただ会社が近いので
ビアガーデンで一杯、となると躊躇してしまいますが。
観光地と会社が近いデメリットがあるとすればそれくらいでしょうか。


そして麻布から六本木、
しばらくは宗教施設やら厳戒態勢やらですごく不穏なエリアを通ります。
この不穏さもだんだんと「ああ東京だなあ」としみじみする要因となります。


六本木はもうギロッポンですね。

チャンネーですよチャンネー。

ギラギラしてていい街です。



しっぽり飲みたいですね〜六本木。





































[PR]
by atmeal6 | 2018-06-21 18:29 | 東京のこと | Comments(0)

池袋のたい焼き屋さん

a0358016_17572027.jpg








a0358016_17572411.jpg







a0358016_17572745.jpg








a0358016_17573121.jpg







a0358016_17573421.jpg







a0358016_17573826.jpg








a0358016_17574394.jpg







a0358016_17574711.jpg







a0358016_17575141.jpg








a0358016_17575478.jpg







a0358016_17575893.jpg








a0358016_17580129.jpg








a0358016_17580415.jpg








a0358016_17580807.jpg







a0358016_17581125.jpg








a0358016_17581475.jpg








a0358016_17581867.jpg








a0358016_17582160.jpg








a0358016_17582430.jpg







a0358016_17582769.jpg







a0358016_17583081.jpg
















東京に引っ越して、住んだ場所から一番近い大都会が池袋だったので
なんとな〜く池袋に行く機会はちらほらありました。

駅を降りて外へ行くわけではないけれど、
会社へ行くにも一旦池袋で乗り換え。
帰りも池袋の人混みをかき分けて乗り換え。

なぜこうも人がぶつかってくるのだろう?池袋よ。

しかし駅は広大だしお店もとにかくたくさんある。

おしゃれなお店が、ではなく
ぐちゃっと色々いっぱいある。
おしゃれなお店ももちろんある。
きっと、たぶん。
(あまり見つけられなかったので)



初めて東京に来て一番近い都会が池袋っていうのはなかなか
『東京』に対するイメージ像が歪むもんなんだなあ〜と
そこはかとなく思いました。


失業保険を受けるため
池袋のハローワークへ通い始めてさらに『東京』を見ることになります。

池袋のハローワークは『サンシャイン庁舎』の中にあります。

その道のりはまず、東口を出て人の波に飲まれます。

次に乱立するお店の看板の色の波に飲まれます。

ちょっと水の飲みすぎで気分が悪くなります。

あらゆるチェーン店、ないものはないんじゃないかと思うほどの
チェーン店の巣窟。

びっくりドンキーやロッテリアなどの
地方民にも馴染みのあるお店が多いので、そこは高ポイントです。

ゴーゴーカレーとかねぎしとか
最初はハードル高いですからね。

チェーン店街をぬけるとハンズを最後に大通りがあり、
そこを渡るといきなり陰鬱とした池袋が広がります。

公園があると思えばなんか酸っぱい匂いがし、
目の前のコンビニでお酒を買ってのんでるおっちゃん。
タバコ吸ってコーヒー飲んでるサラリーマン。
斜め向かいの古いけどギラギラした中華飯店から出てくるやはりサラリーマン。


いきなりすえた匂いでいっぱいになるあの空間は
いまでもちょっと恐怖です。

そしてまた大通りがあって、
それを渡るとサンシャインなのだけれど、
渡る手前にズラ〜っと立ち並ぶアニメ、フィギュア、二次元ショップの乱立を目の当たりにします。

まんだらけ的な一般人もワクワク入れるような雰囲気は一切ありません。

そしてようやくサンシャインシティ、
中には服屋や飲食店、カフェなどなんだかおしゃれな感じ。
しかしサンシャイン60、
エレベーターの『ハローワークはこちら』の目印を辿ると景色は一変。
なんていうのかね〜
うーん。
池袋ハローワークの入り口の
『ココへ来たら終わりだよ』感はすごかった。



他のハローワークへ行ったことがないので
もしかしたらみんなおんなじような雰囲気かもしれませんが

壁に貼ってある『新着求人』を食い入るように見る人々から漂う絶望感。
なにがそんなに絶望を誘うのか、
気になってのぞいてみると
『めっちゃ給料が安い』求人か、『超ブルーカラー筋肉ムキムキ系』求人か、
『年齢制限がすっごい若い』求人か、『介護』。


お!これいいじゃんって高給の求人はなにかしらの謎の資格のある方のみだったりとかね、

中に入ると座れないほどの満席。

次々呼ばれて書類を受け取る列。

カルチャーショックでした。
カルチャー?カルチャーかなあ。。



は!ハローワークの話で終わってしまった!

まあ、たい焼きは食べてないので味は語れませんし、
手に職は大事だなあと思いました。






















[PR]
by atmeal6 | 2018-06-18 18:00 | 東京グルメ | Comments(0)

大井町のラーメン一竜

a0358016_16453609.jpg








a0358016_16453955.jpg








a0358016_16492591.jpg







a0358016_16454707.jpg





a0358016_16455120.jpg






a0358016_16455438.jpg






a0358016_16455868.jpg






a0358016_16460244.jpg







a0358016_16460686.jpg





a0358016_16460992.jpg






a0358016_16461278.jpg








a0358016_16461559.jpg







a0358016_16461954.jpg







a0358016_16462230.jpg







a0358016_16462613.jpg






a0358016_16462982.jpg








a0358016_16463270.jpg







a0358016_16463550.jpg







a0358016_16463929.jpg






a0358016_16464346.jpg





a0358016_16464660.jpg






a0358016_16464995.jpg







a0358016_16465382.jpg







a0358016_16465720.jpg







a0358016_16470100.jpg







a0358016_16470411.jpg





a0358016_16470890.jpg






a0358016_16471437.jpg




















大井町、ここはしばらくどこか遠い町のような気がしていました。

品川区の大井町線とJR京浜東北線、りんかい線が通る
それはそれは便利な場所だとは知るよしもなく。

たしか北品川の駅から歩いて大井町駅にいく用事があったのです。
それでなんだか坂道を登っていると『ゼームス坂』なる名前が。

ジェームズじゃないんだ。
なんて思いながらゼームス坂を登る。



調べてみると、

J.M.ゼームス(1839~1908)
・幕末にジャーデン=マディソン商会の長崎支社の社員として来日。
例の坂道はエンジュの並木道で『しながわ百景No.038』と記されている。
ほか、
この坂はもと浅間坂と呼ばれていて、非常に急な坂であったが、
この坂下付近に住んでいたJ・M・ゼームスという英国人が私財を投じて緩やかな坂に改修した。
それ以来この坂はゼームス坂と呼ばれるようになった。



ただのすごいいい人だった。ゼームスさん。


なかなか私財は投じれないっすよね。


そんなこんなな坂道を登り大井町にたどり着いて以来、
けっこうな頻度でうろうろした界隈になります。


あとあと気がつくのですが、
家から徒歩16分ほどでした。


猫がやたらいっぱいいる車通行禁止の
おだやかな散歩道が大井町まで続いていたのです。



それはさておき
ラーメンですね!

豚骨は臭いのも臭くないのも大好きですが、
このあいだの健康診断で先生(ものすごくサバサバした美人女医)が
「ここの数値だけ気になるなあ〜」
というので、
「それは例えば何を食べると高くなりますか?」と聞いたところ
「まあ、ラーメンとか?」



もう身に覚えがありすぎて
帰り道、先生オススメのシソ油を買って帰りました。
えごま油もいいみたいです。


みなさんも偏食にはお気をつけくださいませ〜















[PR]
by atmeal6 | 2018-06-14 16:51 | 東京グルメ | Comments(0)

キセログラフィカに子株できたよ♡

a0358016_21143195.jpg







a0358016_21143375.jpg








a0358016_21143771.jpg





a0358016_21231895.jpg





a0358016_21144169.jpg







a0358016_21144315.jpg




a0358016_21144659.jpg






a0358016_21145744.jpg






a0358016_21150377.jpg






a0358016_21150785.jpg






a0358016_21151020.jpg





a0358016_21151384.jpg






a0358016_21151645.jpg







a0358016_21152072.jpg






a0358016_21152346.jpg






a0358016_21152735.jpg






a0358016_21153168.jpg






a0358016_21153423.jpg







a0358016_21153747.jpg









ただいまキセログラフィカの子株くん
ぐんぐん成長中ですが、
母親が一年ほど見守った後に枯れる?
的な?
記事を読んでから


子株の成長が嬉しくも大事に育ててきた母株との別れが
じわじわ迫ってきているのかと思うと
それはそれは寂しい。。。

植物にも、うちで生きている間
幸せだったなあって思っててほしいですからね。

そんなこんなで我が家の植物園化が止まりません。

最近は剪定をした時の枝を根を出して土に植え、
欲しいという人に里子に出したりなんかもしています。


一体なんのブローカーなのか。


我が家の子達のクローン(クローンになりますよね)が
いろんな家庭で育っていると思うと
なんだかいいですね。


みんな元気でいてほしいです。


















[PR]
by atmeal6 | 2018-06-11 21:21 | Comments(0)

赤坂から新宿は世界堂へ!

a0358016_14024137.jpg






a0358016_14024658.jpg






a0358016_14025041.jpg






a0358016_14025570.jpg






a0358016_14025940.jpg






a0358016_14030323.jpg





a0358016_14030748.jpg






a0358016_14031223.jpg






a0358016_14031688.jpg







a0358016_14032131.jpg







a0358016_14032652.jpg







a0358016_14033424.jpg







a0358016_14033887.jpg







a0358016_14034230.jpg







a0358016_14034654.jpg







a0358016_14035126.jpg





a0358016_14035521.jpg







a0358016_14040054.jpg








a0358016_14040432.jpg







a0358016_14040725.jpg






a0358016_14041108.jpg







a0358016_14041506.jpg







a0358016_14041805.jpg







a0358016_14042279.jpg








a0358016_14042664.jpg







a0358016_14043085.jpg








a0358016_14043405.jpg






a0358016_14043755.jpg









a0358016_14044078.jpg








a0358016_14044316.jpg







a0358016_14044769.jpg











ま、高須クリニック行って帰って来ただけなんですけど笑

しっかし今回もいい冒険でした。

謎のインコに始まり新型車両で終わる。

まとまりのいい旅でしたね。



何を持ってしてまとまりがあるかは分からないのですが
いくつか東京の歴史的なものに触れると
ああ、いい旅だったなってなる率が高いです。
東京歴史的なアレコレめっちゃ多いですけどね!


田舎から出てくるとこう、
これでもかと涌き出でる史跡にびっくりしつつ
昔から文明(文化)があった事実を深く噛み締め
遠い遠い江戸の人々の生活なんかをふわっと想い、
そっか、昔もいろいろ大変だったんだな
と、しみじみする。
ここに醍醐味を感じているんでしょうね。



さらに、昔はこんなとこから海見えたんだー!とか
へ〜関所か、私は中に入れなさそうだな、とか
『もしも江戸時代に生きてたら』を妄想すると
けっこう有意義で楽しいです。



※有意義かどうかは人によります。






















[PR]
by atmeal6 | 2018-06-08 14:21 | Comments(0)

憧れのあそこへ!御成門から赤坂編

a0358016_13314795.jpg








a0358016_13360241.jpg







a0358016_13360642.jpg






a0358016_13315949.jpg






a0358016_13320331.jpg







a0358016_13320823.jpg





a0358016_13321222.jpg






a0358016_13321651.jpg






a0358016_13322127.jpg







a0358016_13322550.jpg








a0358016_13323013.jpg






a0358016_13323408.jpg






a0358016_13323867.jpg






a0358016_13324283.jpg






a0358016_13324748.jpg







a0358016_13325109.jpg







a0358016_13325659.jpg







a0358016_13330080.jpg






a0358016_13330695.jpg






a0358016_13331141.jpg







a0358016_13331658.jpg






a0358016_13332180.jpg







a0358016_13332538.jpg






a0358016_13333240.jpg







a0358016_13333885.jpg






a0358016_13334449.jpg







a0358016_13334974.jpg














そうなのです、
ついに行きました『高須クリニック』!

長年気になっていたほっぺたのシミ、
こいつを消す日がようやく来たのです。

むしろ今までこんなにもコンプレックスで、
写真を撮ればこのシミが嫌でフォトショップで消すほどに毛嫌いしていたのに

『レーザーで消せばいい』と言う
至極単純な思考に至らなかったんですよね。
まあ思いつかなかったと言うか。

値段すら調べたこともなかったけれど、
いざ調べたらこのサイズなら1万円程度でいけそうじゃあないですか。

1万円の価値は人それぞれですが、
まいどちまちまフォトショップで消すほどの手間と時間を考えたら(私には)安いもんです。



で、どこで施術しようかとなった時、
というか最初から高須クリニックに行く予定だったのでそこは迷いませんでしたが、
調べたら東京には1店舗!
逆に名古屋には2店舗!!

なぜ名古屋にいるときに行かなかった。。。

まあさ、名古屋の店舗に行ったってかっちゃんに会えるワケじゃあないけどさ、

そう、不純な動機で『高須クリニック』なのです。


不純というか、ツイッターなんかを見ていると、
ああ、そういうところにお金を出してくれるんだ、嬉しいなってことが度々あったので
どうせならそういうところにお金を落としたいじゃないですか。



しかしその後のかっちゃんのツイッターを見ていると
なんとなく見たことある景色がちらほら。


うちの実家は和合ゴルフ場(中日クラウンズが開催される有名なゴルフ場)の隣。
ももももしや、実家にいた方が遭遇率が上がってたのでは!?

な〜んて考えて、おかんに
「いいな〜」って謎のLINEをしておきました。



































[PR]
by atmeal6 | 2018-06-04 13:38 | 東京のこと | Comments(0)

浜松町の魚旬でランチ♡

a0358016_16440819.jpg







a0358016_16441290.jpg









a0358016_16441619.jpg







a0358016_16442316.jpg








a0358016_16442778.jpg







a0358016_16443008.jpg







a0358016_16443458.jpg







a0358016_16443880.jpg







a0358016_16444191.jpg







a0358016_16444508.jpg








a0358016_16444932.jpg






a0358016_16445223.jpg








a0358016_16445651.jpg








a0358016_16450017.jpg






a0358016_16450394.jpg







a0358016_17232850.jpg








a0358016_16451095.jpg








a0358016_16451303.jpg







a0358016_16451779.jpg








a0358016_16452073.jpg







a0358016_16452311.jpg







a0358016_16452762.jpg








a0358016_16453031.jpg







a0358016_16453437.jpg









a0358016_16453705.jpg







a0358016_16454131.jpg







a0358016_16454513.jpg








a0358016_16455063.jpg







a0358016_16455492.jpg








a0358016_16455856.jpg








a0358016_16460637.jpg








a0358016_16461177.jpg









a0358016_16462370.jpg








a0358016_17233115.jpg










a0358016_16463260.jpg












浜松町ランチ編です!

多いですね、浜松町編。

やはり仕事で行く事が多い上に会社から歩いていけるので
ぶらぶら散歩しながらのお昼ごはんのような
そんな記事が多くなってしまいます。


この日はジリジリと日差しが強く、
アスファルトがフライパンのような熱さで、
さながら強火で炒められるレバニラのような気分になりました。

こう、服が片栗粉でめっちょりするような、
髪の毛がニラのように顔に張り付くような、
って何を言っているのでしょうか。



そんなこんなで「もうココ入ろう〜」的な
メニューの内容もそこそこに
「日陰に入りたい」欲が勝るとも劣らない。
ん?勝ったんです。



いやいや、それが大正解でした。

海鮮丼もいいね〜と迷いましたが、
純粋に魚を堪能したくなり、お刺身定食を注文。

ほどなくきた定食の美しい食器にさらに美しく盛られたお刺身。

刺身が美しいのである。

切り方なのか盛り方なのか両方なのか、
見た目にピチピチしながら品があるお刺身ってとんとみません。

なにかのついでかのようにぐで〜っと
解凍された汁気を撒き散らしたマグロのような刺身とは雲泥の差。

ひとつひとつに細やかな包丁が細工のように入り、
いわゆる『仕事』をされたお刺身が
紫蘇の実の陰できちんと正座しています。


そしてもちろんその味も絶品でした。
「や〜おいしい刺身ですね!久しぶりにいい魚食べてます〜」って思わず言ってしまうほど。


ブログを書くにあたってネットで調べると、
口コミもなかなかの絶賛っぷり。
夜はちょっとお高いお店のようです。

狙うならランチですかね。



そして増上寺前のレンガ作りのおっされーなレストランは
やっぱりおっされーなレストランだったようで、
個室なんてこんなんすよ。

a0358016_17045171.png

オーシャンビューならぬ東京タワービューですよ奥さん。。



ああでも一度こんなところでお食事してみたい。



そんな妄想止まらぬ東京タワービューオフィスから中継です。


a0358016_17120131.jpg






















[PR]
by atmeal6 | 2018-06-01 17:12 | 東京グルメ | Comments(0)