お料理王国6 -Cooking Kingdom6-

カテゴリ:東京のこと( 89 )

六本木のドラえもんから根津美術館

a0358016_18360732.jpg







a0358016_18361213.jpg






a0358016_18361955.jpg







a0358016_18362280.jpg






a0358016_18362729.jpg






a0358016_18363094.jpg







a0358016_18363366.jpg







a0358016_18522275.jpg








a0358016_18364171.jpg






a0358016_18364575.jpg

ホピーてかわいいね





a0358016_18364838.jpg







a0358016_18365387.jpg






a0358016_18365622.jpg






a0358016_18370060.jpg






a0358016_18370553.jpg






a0358016_18370726.jpg






a0358016_18371237.jpg







a0358016_18371562.jpg







a0358016_18371903.jpg







a0358016_18372308.jpg







a0358016_18372659.jpg






a0358016_18372905.jpg








a0358016_18373293.jpg







a0358016_18373503.jpg







a0358016_18373871.jpg









a0358016_18374199.jpg










a0358016_18374416.jpg










a0358016_18374797.jpg









a0358016_18375017.jpg









なんか六本木、
すごいジャンプだしドラえもんでしたね。

周年だったり展示会中だったり色々ですが
東京がアニメ漫画カルチャーに染まっててすごかったです。


ジャンプはよく読んでました。
なんなら喫茶店入ったらとりあえずジャンプ片手に席に座る、
そんなJS(女子小学生)でしたし。


あの頃はドラゴンボール読んでジョジョ読んで
ターちゃん読んでこち亀読んでって感じでした。

まじかる☆タルるートくんもおもしろかったけど
ろくでなしBLUESはむつかしくて読まなかったです。
JSにはむつかしい。
(今読んだらおもしろいのかも)


そんな思い出をほじくり返してくれるような
キッチュな祭典が東京であったんですよ。


正直、JSからJCへの黒歴史も思い出して
(オリジナルキャラ設定ノートとか)
なんとも言えない気持ちになりましたが、


根津美術館は続きます。




















[PR]
by atmeal6 | 2018-09-21 18:49 | 東京のこと | Comments(0)

六本木ヒルズの蚊遣り豚展

a0358016_15515850.jpg






a0358016_15520670.jpg






a0358016_15521544.jpg






a0358016_15530325.jpg








a0358016_15530972.jpg






a0358016_15531545.jpg






a0358016_15532219.jpg






a0358016_15532848.jpg






a0358016_16141841.jpg







a0358016_15555852.jpg








a0358016_15562507.jpg





a0358016_15564127.jpg








a0358016_15565627.jpg






a0358016_15571745.jpg



a0358016_15573126.jpg






a0358016_15573698.jpg








a0358016_15580042.jpg






a0358016_15582013.jpg







a0358016_15584309.jpg






a0358016_15585631.jpg








a0358016_15591434.jpg






a0358016_15592950.jpg






a0358016_15594571.jpg






a0358016_16000460.jpg





a0358016_16001491.jpg







a0358016_16002215.jpg







a0358016_16002959.jpg









a0358016_16003526.jpg








a0358016_16003972.jpg









a0358016_16005192.jpg








a0358016_16005860.jpg







a0358016_16010476.jpg











六本木ヒルズの蚊遣り豚展。

蚊取り豚とどう違うのかと思いましたが
調べたら蚊取り豚ってなかったです。

蚊取り線香を入れる豚の入れ物『蚊遣り豚』でした。


なんとなく蚊取り線香と蚊遣り豚が合体して
『蚊取り豚』な気分になってました。



いろいろな陶芸家によるグループ展でしたが
こうまでも様々な作品が揃うものなのですね〜



ちなみにですが
六本木ヒルズ内が広くて毎度迷います。
六本木自体も迷うんですけど、そこはまあ
六本木ヒルズというでっかいランドマークのおかげで
なんとなーく、
帰れなくなるってことはないです。





























[PR]
by atmeal6 | 2018-09-18 16:10 | 東京のこと | Comments(0)

武蔵小杉から新丸子へ

a0358016_00032195.jpg








a0358016_00032511.jpg








a0358016_00033759.jpg







a0358016_00034116.jpg






a0358016_00034601.jpg







a0358016_00035020.jpg









a0358016_00035303.jpg







a0358016_00035795.jpg







a0358016_00040250.jpg






a0358016_00040722.jpg







a0358016_00041068.jpg







a0358016_00041462.jpg







a0358016_00041883.jpg







a0358016_00042239.jpg







a0358016_00042524.jpg








a0358016_00043121.jpg









a0358016_00043514.jpg











武蔵小杉ってイメージは
タワマンが軒を連ねる『住みたい街』ランキング
上位のオサレエリア的な感じだったのですが


まあ、商店街方面は私の好きなニオイがしました。

タワマン側は行ってないのでなんともですが

ああ、タワマンだな〜って感じです。



さて、そんな武蔵小杉をちょっと調べてみましたら
タワマン側住民と商店街側(法政大学側)住民と
その生息地が入り混じることはほとんどないとのことでした。

どういうことか。


タワマン側の方々が商店街側で
どこかしらのお店の常連になったり飲み歩いたりしない。
とのことのようです。



くそう金持ちめ。


うらやまけしからんですが
私は下町臭がプンプンするエリアが好きなので
まあ良いのですけど。



なんだかつい近場のせいもあって
『東京』な気がしてしまう武蔵小杉と新丸子ですが
ここは『神奈川』なんですね。

川崎フロンターレの事務所とか見て
「あ!そっか川崎か!」ってなってました。
それまでなんとはなしに東京って思い込んでいていてついつい。。



新丸子の大人気の飲み処食べどころ
『三ちゃん食堂』は次回詳しく!

あ〜ゆう食べ物屋さんわっくわくします。
何食べても安いですし。





























[PR]
by atmeal6 | 2018-09-10 00:15 | 東京のこと | Comments(0)

武蔵小杉の流しそうめん☆後編

a0358016_11470792.jpg










a0358016_11471399.jpg








a0358016_11471869.jpg







a0358016_11472426.jpg






a0358016_11472801.jpg







a0358016_11473354.jpg








a0358016_11473886.jpg








a0358016_11474380.jpg







a0358016_11474810.jpg









a0358016_11475247.jpg








a0358016_11475649.jpg








a0358016_11480130.jpg







a0358016_11480584.jpg







a0358016_11480924.jpg







a0358016_11481513.jpg









a0358016_11481893.jpg








a0358016_11482318.jpg









a0358016_11482853.jpg








a0358016_11483407.jpg









a0358016_11483926.jpg







a0358016_11484387.jpg









a0358016_11485061.jpg














唐突に東京編に戻りました。

流しそうめん『前編』で止まっていたので。。


そう、武蔵小杉の大流しそうめん祭りです!

そうめんはワサビかカラシを入れるか選択可能で
ミカンも受け入れも拒否も可能。

至れり尽くせりです。


そして今回は裏方さんの仕事っぷりにも注目してみました。


暑い夏の日に熱湯、湯気、日差しと格闘してくださっています。

最後の方でスタッフの方々もお食事してください〜のアナウンスが流れて
みんながソワソワを食べだす瞬間がなんだかよかったです。



そんなこんなな武蔵小杉の流しそうめんでした。
































[PR]
by atmeal6 | 2018-09-03 11:55 | 東京のこと | Comments(0)

武蔵小杉の流しそうめん☆前編

a0358016_17165765.jpg








a0358016_17170417.jpg







a0358016_17171269.jpg









a0358016_17173448.jpg







a0358016_17174308.jpg







a0358016_17175192.jpg







a0358016_17175796.jpg






a0358016_17180297.jpg








a0358016_17180899.jpg







a0358016_17181496.jpg








a0358016_17182372.jpg







a0358016_17183026.jpg









a0358016_17183526.jpg









a0358016_17184002.jpg








a0358016_17184556.jpg







a0358016_17185240.jpg








a0358016_17185681.jpg







a0358016_17190336.jpg







a0358016_17190831.jpg








a0358016_17191675.jpg










a0358016_17192267.jpg














武蔵小杉。

私の中のイメージでは
そりゃもうおハイソな、オシャレマダム的な
都心に近くて便利!が売り文句の見た目『二子玉川』的な場所を想像しておりました。

ね。


そんな武蔵小杉の流しそうめん祭り!

すごそうじゃあないですか。
豪華そうじゃあないですか。

まあ事前に流しそうめん祭りの看板を写メで見ていたので
おおよその想像はついていたのですが

ほうかねほうかね
これが武蔵小杉!


だいぶ予想を裏切られた感じになりました。


でも予想していた武蔵小杉よりも
私はこっちの武蔵小杉のがずっと好きですけどね。

下町感がいい!
見てこのペットボトル電球!
電球の傘が2ℓペットボトルなんですよ、
とんと見ないですよこの庶民感。


もっと庶民感で圧倒する立会川にだってこれはありません。

まさかの武蔵小杉に!

いいですね、愛おしくなります。



そうそう流しそうめん。

流れる竹の部分がプラスチックの雨ドイのようなものなのは
若干さみしい気もしますが
この方が効率的に遠くまでそうめんを流せるのでしょう。
きっと。
たぶん。



流しそうめん、満喫編は後編にて!

































[PR]
by atmeal6 | 2018-08-01 17:30 | 東京のこと | Comments(0)

新橋のお祭りカオス

a0358016_12043487.jpg





a0358016_12061171.jpg





a0358016_12063853.jpg






a0358016_12071286.jpg





a0358016_12081993.jpg

a0358016_12095213.jpg





a0358016_12111889.jpg




a0358016_12123973.jpg






a0358016_12130813.jpg





a0358016_12133030.jpg







a0358016_13213783.jpg










a0358016_12185781.jpg







a0358016_12205344.jpg





a0358016_12220424.jpg




a0358016_12223090.jpg




a0358016_12233823.jpg






a0358016_12240549.jpg





a0358016_12243466.jpg





a0358016_12250981.jpg







a0358016_12255790.jpg








a0358016_12262182.jpg









a0358016_12264948.jpg












新橋の飲み屋街もおもしろそうだな〜と
銀座から足を伸ばして新橋へ。

そうしたらなんだかいつもと様子が違うじゃないですが


人が、人が多い!
いや、いつも多いんだけど
いつも以上に多い。
と言うか提灯?


そう、この日の新橋は
大都会新橋らしからぬ、地元密着型のお祭りをやっていました。

新橋のお祭りったらカラフル屋台にクラフトビール!
インスタ映えかき氷もあるよ!みたいなのかなと思ったら
どうも近所の飲食店などがテントの下で手書きメニュー書き書き、
格安で商品を売る、
みたいな(この日、唐揚げ山盛りが300円になっていました)


ああ〜、地元はど田舎の『町営夏祭り』みたいなね〜って、
ええ、新橋で。


そしたらさっそく新橋サラリーマンインタビューみたいな人が路肩に!
すごい、頭に捩りハチマキ!
新橋サラリーマンの鑑のようなお方だ。


なにやら一言インタビューでもしたくなって
近寄ってみましたところ

『ちょうハンサムなサラリーマン人形(実物大)』で
ございました。。。



だ、誰がなぜ、ここへ。。


あとみんな地面に座り込んですっごいフリーダムでしたよ。

新橋に来るとサラリーマンたちは
こうも色々なものから解き放たれるのでしょうか。
それが聖地たる所以なのでしょう。


そんな景色を横目にやはりサラリーマンで埋まる博多とんこつラーメン屋のカウンターへ。

背脂の甘味がからむ細麺に味を引き締める紅生姜。
さらにはこのキクラゲの食感がまた最高です!
博多とんこつラーメンは私の中で至高の存在です。


食後もブラブラ新橋の街を歩き、
さっきまでの銀座の屋上ビアガーデン(セレブ系インスタ映え)との対比を楽しみました。

そうそう
新橋は地下も気になる。。。

いつか、『はみ出すほかに術はないはみ出し居酒屋』で
立ち飲みしてみたいものです。






















[PR]
by atmeal6 | 2018-07-28 12:53 | 東京のこと | Comments(0)

銀座の最新技術を見て新橋へ!

a0358016_18315383.jpg





a0358016_18330332.jpg








a0358016_18331565.jpg











a0358016_18334408.jpg









a0358016_18342134.jpg







a0358016_18353841.jpg








a0358016_18364785.jpg






a0358016_18365909.jpg






a0358016_18381552.jpg






a0358016_18382670.jpg







a0358016_18391920.jpg






a0358016_18492790.jpg


a0358016_18493903.jpg





a0358016_18494944.jpg







a0358016_18500054.jpg






a0358016_18501905.jpg








a0358016_18504442.jpg








a0358016_18505893.jpg





a0358016_18512297.jpg





a0358016_18515209.jpg









銀座の東急プラザ屋上へ行こうとしたら
なにやら変わった展示場が。

こういうの、つい見てしまいます。
体験もしてしまいます。


自分のアバターが仮想の街を歩く、ってのを手始めに参加してみましたが
そ、そうか、服が映ってると服も顔になってしまうのか。。

そういうとこ細かく説明欲しかった!
しかしオサレを優先したデザインはしばし、そういう詳細を省きますよね。

まあいいんですけど。

わかりやすさ(細かい説明)と
デザイン的なシンプルさは相反するのでしょうか。

本来は分かりやすくシンプルに、が、
デザインの本質だとは思います。
(日比谷ミッドタウンのトイレの表示の件を思い出しました)


そう、そして屋上のプールサイドビアガーデン!


うん!

イメージと違うけどなんかパリピな感じだ!

イメージはプールにも入れて、でもプールサイドのウッドチェアなんかで
優雅にトロピカルカクテルとか飲んでる?イメージでした。
ホテルのプールサイドのような。。


なんだか銀座は入れない水場が面積を占める建築物が多いなあ。

オアシス21的建造物って呼んでしまいそう。






そしてその後は新橋です。

新橋!は、また次回です!



































[PR]
by atmeal6 | 2018-07-24 19:02 | 東京のこと | Comments(0)

日比谷から有楽町、銀座への旅

a0358016_21281991.jpg








a0358016_21282758.jpg









a0358016_21283471.jpg









a0358016_21284042.jpg









a0358016_21284739.jpg








a0358016_21285142.jpg









a0358016_21285552.jpg








a0358016_21290220.jpg









a0358016_21290672.jpg








a0358016_21291063.jpg








a0358016_21291452.jpg










a0358016_21291718.jpg









a0358016_21292174.jpg







a0358016_21292465.jpg







a0358016_21292874.jpg







a0358016_21293205.jpg







a0358016_21293814.jpg








a0358016_21294311.jpg









a0358016_21294704.jpg







a0358016_21295083.jpg








a0358016_21295542.jpg









a0358016_21295960.jpg








a0358016_21300787.jpg







a0358016_21301109.jpg







a0358016_21302172.jpg








a0358016_21302554.jpg








a0358016_21303154.jpg








a0358016_21303521.jpg










a0358016_21304074.jpg








a0358016_21304631.jpg









a0358016_21305130.jpg









a0358016_21305594.jpg







a0358016_21310295.jpg









a0358016_21311015.jpg










a0358016_21311735.jpg











a0358016_21312690.jpg












有楽町と銀座は私のとても好きなエリアです。

大都会!なのに下町くささが残り
昭和な景色もですが、崩れ落ちそうな建物
支え合う家たち
戦後から残る情緒、

そんなものたちが残った場所だからです。

わ〜〜すっごい、もうレトロってこれよね!
ああ〜文豪がココで一般人は食べられないような洋食を頬張り。。
給仕さんが洋服を着ているのが珍しいような時代とかで
なんていうの、
「君、ちょっと」みたいな

ポテトサラダがおしゃれ、みたいなみたいな!


なんて妄想するのがすごく楽しい。。
ええもう、そりゃもう、
そういう類のジャンルってあると思うんです。
(萌の)
え?ない?

ああ、
そうですか。



しかしそうとは言えココは銀座。

わ〜白いばらっすよ!本で見ました〜!!
なんて浮かれていたら横っ面をひっぱかれるように
いきなりファビュラスでヘブンリー。
(あれ?叶姉妹がいきなり。。)

落差すごくって笑っちゃいそうになりますけど
こちらが銀座の本気、本場、
あるべき姿の方。

いや、もっとすごいのでしょう。
高級クラブとかお寿司屋さんとか
私が踏み入れることが(今はまだ)できない。。

ね。


銀座ってなんか
パワーもらえるんですよね。

さーてそんなわけでまだまだ銀座散歩は続きます。
歩くの好きなので。























[PR]
by atmeal6 | 2018-07-20 21:43 | 東京のこと | Comments(0)

七夕の景色

a0358016_14310903.jpg







a0358016_14311616.jpg








a0358016_14312107.jpg







a0358016_14312590.jpg






a0358016_14312931.jpg






a0358016_14313208.jpg








a0358016_14313501.jpg







a0358016_14313904.jpg





a0358016_14314281.jpg






a0358016_14314554.jpg









a0358016_14314910.jpg








a0358016_14315218.jpg








a0358016_14315699.jpg





a0358016_14320041.jpg






a0358016_14320494.jpg







a0358016_14320863.jpg








a0358016_14321368.jpg







a0358016_14321687.jpg






a0358016_14321936.jpg








a0358016_14322366.jpg









a0358016_14322780.jpg








a0358016_14323028.jpg









a0358016_14323495.jpg









a0358016_14323789.jpg











昨日は七夕でしたね。

午後からはなんとか晴れ始め、
少しですが青空も覗きました。


今年は織姫と彦星会えたっぽいね!
でも雲の上っていつでも晴れだって宇多田ヒカルも


大人になるって嫌だなあ。


施工業者さんが作って書かれたろう
工事現場の短冊にはほっこりしました。

なんかああゆうのいいですね。

さ〜てみんなでがんばろう!って気持ちになれそうです。


『まずは五反田から』が個人的にはツボりましたが。




そして増上寺のキャンドルナイトの写真が少ないことにみなさんお気付きでしょうか。

気づいたアナタはすばらしい。

私だったらもっと撮っているハズと察せたのなら
あなたは私より私を分かっているかもです。



ね、

ね、

消しちゃったんですよ。

バックアップ取ったもんだと思って。








外付けのハードディスクを何度見直したことか。
こういうこともあるんでデータの取り扱いほんと要注意です。

しかし運良く素材としてアップした後だったので
気長に1日1枚、ダウンロードして取り戻すことはできそうです。

まあでも、キレイだったからいいじゃん、で
いいんですけどね。



みなさんはどんな願い事をしたのでしょうか。





















[PR]
by atmeal6 | 2018-07-08 14:43 | 東京のこと | Comments(0)

自由が丘散策とクラフトビール

a0358016_19112258.jpg









a0358016_19112776.jpg







a0358016_19113092.jpg







a0358016_19113448.jpg








a0358016_19113899.jpg






a0358016_19114285.jpg






a0358016_19114584.jpg






a0358016_19114827.jpg






a0358016_19115125.jpg







a0358016_19115596.jpg





a0358016_19115856.jpg






a0358016_19120252.jpg






a0358016_19120517.jpg






a0358016_19121044.jpg







a0358016_19121313.jpg






a0358016_19122085.jpg







a0358016_19122462.jpg







a0358016_19122717.jpg






a0358016_19123181.jpg







a0358016_19123436.jpg







a0358016_19123951.jpg






a0358016_19124356.jpg






a0358016_19124767.jpg







a0358016_19125063.jpg







a0358016_19125480.jpg






a0358016_19125809.jpg






a0358016_19130237.jpg







a0358016_19130724.jpg







a0358016_19480398.jpg







a0358016_19131393.jpg








a0358016_19131791.jpg








a0358016_19132136.jpg







a0358016_19132423.jpg






a0358016_19132866.jpg







a0358016_19133216.jpg







a0358016_19133655.jpg







a0358016_19134002.jpg








a0358016_19134332.jpg










a0358016_19134955.jpg












自由が丘散策ブログ第二弾。

東京出身・東京在住の方には分かりにくいかもですが
地方出身・上京組のわたしには

東京の地名による『きっとこうだろう』像がありまして、
たとえばココ、自由が丘だと
『すんごいオシャな若者街』みたいなイメージがあったのです。


まあ、半分はその通りでしたが
半分はやっぱり違っていて

これが東京のいいとこなんだよな〜〜ってなりました。

新宿なんかは上京前は『歓楽街で迷宮』なイメージでしたが
これはまあ、ほぼそうでしたね。

でも思い出横丁やヨドバシカメラ、
老舗の天ぷら屋さんやニュウマンなどが
私の新宿ライフをどれほど支えてくれたか
筆舌に尽くしがたいです。


東口もそろそろ覚えた頃でしょう。

割と早い段階で西口から南口に抜けるのは覚えたのですが
東口がほんとーに!迷宮でして。。。

ようやくですね。

新宿駅検定があったら、3級にはなんとか合格できそうです。




そう、東京には駅それぞれに個性があり、
駅それぞれのイメージがあり、
それが楽しくもあるのですが

『自由が丘』このオシャンティなネーミング。

(ただ私個人としては夢と希望を連想させるネーミングの土地、
例:夢ヶ丘、希望ヶ丘など。は、
その名前になる前の名前が気になる類です。)

(その名前になる前の土地の名前が曰く付きの場合があり、
その土地らしい名前←地盤がゆるい←崩壊しやすいよ危険!的な名前、
などがつけられている場合があるからです)


鬼怒川の決壊などがわかりやすいですかね。
これは昔のネーミングを生かした上でなるほどなってなった例です。



話がそれました。


自由が丘も江戸時代以来は「谷畑(やばた)」と呼ばれ
畑と水田と林に覆われた田園地帯だったんですね。

大井町線開通とともに名前をどうしよっかってなり、
当初は「衾駅(ふすまえき)」になるところを、
直前になって『自由ヶ丘』駅にしたってことなので、
まあ、

だいたいの土地が山か川か田園地帯ではあったのでしょうけど
田畑があったってことは、それなりに落ち着いた土地だったのでしょう。


なんの話でしょうか。


クラフトビールはおいしかったです。

いろんな下町の景色が見えてとてもよい散策でした。
自由が丘、名前の通り、なんだか色々自由でよかったですよ。
名は体をあらわすようになるのでしょうか。


そして立会川も今後、
掘りに掘って行きたい場所になります。



『お〜い竜馬』読んでますから、今。























[PR]
by atmeal6 | 2018-07-05 19:40 | 東京のこと | Comments(0)