お料理王国6

カテゴリ:東京グルメ( 63 )

すためしどんどんは汗をかいて行こう!

a0358016_12585116.jpg







a0358016_12590658.jpg







a0358016_12591006.jpg






a0358016_12591481.jpg








a0358016_12591733.jpg








a0358016_12592104.jpg








a0358016_12592406.jpg







a0358016_12592757.jpg







a0358016_12593135.jpg









a0358016_12593428.jpg






a0358016_12593710.jpg







a0358016_12594067.jpg







a0358016_12594406.jpg







a0358016_12594857.jpg








a0358016_12595138.jpg







a0358016_12595546.jpg







a0358016_12595824.jpg






a0358016_13000266.jpg








a0358016_13000577.jpg








a0358016_13000905.jpg







a0358016_13001218.jpg










a0358016_13001554.jpg








a0358016_13001957.jpg







a0358016_13002389.jpg









a0358016_13002728.jpg










a0358016_13003109.jpg










さて、東京は新宿
食文化溢れて漏れ出すランチ天国!

ではありますが、
数がべらぼうに多いだけに美味しいお店を探すのはまた大変であります。

大手チェーンは大体ここに集結してますし、
どんな国籍料理だろうと探せばあります。

オサレなバーも、オシャレじゃないバーも、
ぼったくりバーも、なんでも揃っているのがここ
新宿です。

さて本日は本日の仕事場 ※毎回変わる。の近くの『すためしどんどん』に入ることにしまいした。

いつもは食べログなりで検索してからランチに行くので
だいたいすっごい美味しけどコスパが良かったり、
新宿の老舗だったり
なにかしらの名物や名店なりを選んでいくのですが

今日はいきあたりばったりです。
「すためしでいいよね」ってカンジです。

てか、食べたことないんですけどね?


今更ながらにすためしを調べたら『スタ丼』と何が違うの?
系の記事にヒットします。
「すためし とは」みたいな感じで調べましたが満足行くものはなく、
ただ自分が食べた経験だけが『すためし』を語れるのだ、
というところに行き着きました。

ま、『スタ丼』も食べたことがないので違いは語れませんが
Blue collarのご職業の方になんとも最適なメニュー、と言えばいいのか。。
汗をガッツリかいた後にモリモリ食べたら体が求めてたもん全部吸収できそうな。。



そう、そうなのです。
しょっぱいんです。
え、これが普通なのかな?って一瞬オロオロしますが
満員満席のみんなが普通にがっついているので
きっとこれが普通なのでしょう。


おいしいはおいしいので、しょっぱさがなければなーって思いますが
このしょっぱさがウケているのかもですし。
むしろしょっぱさがなければ普通の豚丼と一緒のような気もします。

コンディションが豚と塩を求めて止まないときは最高の料理と言えるでしょう。


修行中でガリガリのブッダに乳粥みたいな。





そういえばで出てきたベトコンらーめん、
(けっこう好きでよく食べてました、小学生くらいの頃)
私はずっとあの『ベトコン』を名前にするなんてなかなかパンクスなネーミングだなあって思ってました。
でも大人になって「あれはベストコンディションラーメンの略だ」と教えられて、
な〜んだってなったのですが、ここで衝撃の事実。




a0358016_13285699.png








やっぱり『南ベトナム解放民族戦』だった!!!!!

しかも地元飯だった。



みなさんご存知ない?
あ、そうですか。。。。






いっちゃんについて触れるスペースがなくなってしまったため
リンクを貼っておきます。
































[PR]
by atmeal6 | 2018-05-22 13:33 | 東京グルメ | Comments(0)

大門は『わのくに』でランチ

a0358016_12073113.jpg










a0358016_12073514.jpg









a0358016_12073859.jpg








a0358016_12074151.jpg








a0358016_12074442.jpg







a0358016_12074725.jpg








a0358016_12075026.jpg







a0358016_12075401.jpg







a0358016_12075721.jpg






a0358016_12080067.jpg







a0358016_12080369.jpg








a0358016_12080659.jpg







a0358016_12080929.jpg






a0358016_12081396.jpg









a0358016_12081662.jpg









a0358016_12081999.jpg







a0358016_12082204.jpg








a0358016_12082585.jpg








a0358016_12082821.jpg








a0358016_12083186.jpg





















大門駅ちかく、『和酒 わのくに』に行ってまいりました。
なんとも触れ込みがすごい
『銀座の高級店、有明の高級店』
『20年修行』
そうか
そんなお店で修行をなされて満を持しての独立系でしょうか?


有明ってよく聞くけどどこかな、
海の幸がおいしそうな名前だな、
日本海側?
な〜んて思って検索したら東京都江東区の町名なんですね。

いや、もしかすると九州西部にある内海の方かもしれない。。

腕は確かそうなお店だし、オープンしたてだし
興味本位で入店いたしました。


地下一階の店舗内は若干狭く、たくさん人が来ちゃったら大変だな〜と思いましたが
小規模でしっぽり飲む系のお店なのかもしれない(夜は)
それはそれで常連さんとかがつく感じかな。


アジと平スズキの新鮮さが口の中ではじけておいしかったです!
(平すずきってなんだろう)
a0358016_12325699.jpeg

この胡麻味噌油がいい感じに絡みます。
プリプリ弾ける夏の魚にとろける胡麻味噌油
いい組み合わせです。



サラダや小鉢も3つついて、東京だし、
1,000円はそれ相応な値段なような気がしたものの、若干ごはん少なかったな〜〜


と、あとから気づいたのですが、ごはん大盛りにできたんですってね。
ガーーーーン。。。
しときゃよかった。

ごはん大盛りって初見の店は怖いんですよね。

場合によっては鬼のようなマシマシごはんやってきますし。




そうそう、なくなってしまった鯛めしの『本濱』ブログ
一部抜粋しました〜。
おいしかったんですよー
これでもかと鯛づくしで。。

(別邸でも鯛めしは食べられるそうだが3,800円〜とのこと。無理無理〜!でも行きたい。。)






a0358016_12083920.jpg









a0358016_12084226.jpg








a0358016_12084792.jpg






a0358016_12085138.jpg









a0358016_12085319.jpg







あと、大門なのか浜松町なのかタイトルがいつも迷うのは
駅がこんな近くだからです。






a0358016_12255195.png









電車好きにもたまらない浜松町の魅力をもっと探ってみたいですね。










[PR]
by atmeal6 | 2018-05-18 12:26 | 東京グルメ | Comments(0)

浜松町は『牛タン圭助』でランチ

a0358016_13200296.jpg







a0358016_13200649.jpg






a0358016_13201166.jpg







a0358016_13201435.jpg







a0358016_13201829.jpg






a0358016_13202237.jpg






a0358016_13202667.jpg





a0358016_13203174.jpg






a0358016_13203534.jpg







a0358016_13204007.jpg







a0358016_13204408.jpg





a0358016_13204769.jpg






a0358016_13205103.jpg





a0358016_13205551.jpg






a0358016_13205828.jpg






a0358016_13210249.jpg






a0358016_13210596.jpg








a0358016_13210935.jpg








a0358016_13211378.jpg







a0358016_13211752.jpg








a0358016_13212028.jpg













浜松町はほんとうにランチスポットが多くて
非常にうらやましいです。
ランチ激戦区なので
値段も格安なワンコイン食堂なんかも多数あり
はぁ〜、近かったら色々巡るんですけどね。


そんなわけで今日は『牛タン 圭助』に来ました!
なんだかんだ浜松町来てるんじゃないかってつっこみはなしで。

しかしココにたどり着く前にもそこら中うろうろしましたが
右を見ても左を見てもサラリーマン!
列をなしたお昼時の景色は壮観です。
新橋もこんな感じなのかしら?
(サラリーマンといえば新橋なイメージ)


人気店とそうでない店の並び具合の落差も激しく、
きっと入れ替わりも相当なのもなのかな〜と思ったり思わなかったり。
いやはや、飲食店は大変だよね〜と毎度思ってはおります。


『牛タン 圭助』おいしかったですよ〜
タンシチューが良かったです!
初夏だったけどアツアツごはんもいいですね
焼き牛タンは個人的には『ね○し』のが好きかな〜
まあこれはそれぞれですよね。
ランチなのでちょっと薄めなのかもですし。

東京きてから牛タンには厚さが欲しくて。
名古屋の牛タンといえば、焼肉用の薄いのが定番なので
この分厚い舌を噛み締める快感に打ちふるえたいのです。






















[PR]
by atmeal6 | 2018-05-01 13:36 | 東京グルメ | Comments(0)

虎ノ門ヒルズ付近でランチ

a0358016_19452380.jpg






a0358016_19453045.jpg






a0358016_19453585.jpg






a0358016_21261550.jpg






a0358016_21261880.jpg









a0358016_19454695.jpg






a0358016_19454924.jpg







a0358016_19455372.jpg





a0358016_19455759.jpg






a0358016_19460250.jpg







a0358016_19460559.jpg





a0358016_19460972.jpg






a0358016_19491782.jpg






a0358016_19492949.jpg







a0358016_19493260.jpg






a0358016_19493552.jpg






a0358016_19493733.jpg







a0358016_19494071.jpg









a0358016_19494353.jpg







a0358016_19494540.jpg







a0358016_19494848.jpg












一般的なパエリアってどんな味なんだろうか?
パエリアってどんなタイミングで食べるものなのだろうか?
ランチでパエリアってどんな風に出てくるのだろうか?


さて
そんな疑問を晴らすべく市場調査です。
そう、


仕事です。



そんなこんなでオープンしたてのスペイン料理のお店へ行きました。

はぁ〜、虎ノ門ヒルズの付近っておしゃれよね、
虎ノ門ヒルズの中もオサレなイスとか所々に点在してて
あそこでくつろぎながらスタバった呪文ドリンク。なんでしたっけ、
『ベンティノンティーマンゴーパッションティーフラペチーノアドホワイトモカシロップアドホイップクリーム』
とかを唱えながらおもむろに無駄に重いMacbookProとか開きたいわ〜(17インチ)


それはさて置き、下町と今風が混在する虎ノ門と言うか新橋とのまだら模様付近でランチです!

呪文にするほどじゃあないですけど

『ヒルズゾクオフィストラノモンオルタナティブシンバシエキシタサラリーマンインタビューランチスポット』

みたいなかんじですかね。


もう自分でも何言ってんだか。



で、薪焼きハンバーグ!?なにそれそれで!ってソッコーで注文。

すごい、肉から炭の味がする。。
河原でやるBBQの味がする!!
うううんまい!



でも、でも、ん?
売りである薪のあるガラス張りの厨房で薪に火はついていません。

ま、まさか





チャコールパウダー!!!!??
(大好きな石井好子さん、←日本のシャンソン歌手の著書に出てきたんです。今日は炭火のハンバーグステーキを焼くわ!とアメリカ人の女性。室内で炭火?不審に思った好子さんが覗くと『チャコールパウダー』をひき肉にまぶし『炭火焼き風』にする彼女の姿が。。。)


が、一瞬脳裏をよぎりました。

いやいやいやまさかまさか。
午前中とか昨日の夜のうちにとかに炭火で焼いておいたんですよね?






ま、いっか!


で、後からカネロニもあったことを知り、
どうせならカネロニを食べれば良かったよ〜!!ってなって悶えてました。
また行けばいいだけの話なのですが。




そんなわけで、
パエリアを食べ忘れました。



















[PR]
by atmeal6 | 2018-02-28 21:17 | 東京グルメ | Comments(0)

大井町名物『スタミナカレー』を食べに!

a0358016_19164462.jpg








a0358016_19164760.jpg








a0358016_19165012.jpg







a0358016_19165278.jpg








a0358016_19165547.jpg








a0358016_19165887.jpg






a0358016_19170114.jpg







a0358016_19170392.jpg







a0358016_19170612.jpg






a0358016_19170880.jpg







a0358016_19171146.jpg







a0358016_19171323.jpg








a0358016_19171630.jpg







a0358016_19171840.jpg







a0358016_19172262.jpg








a0358016_19172698.jpg









a0358016_19173094.jpg









a0358016_19521104.jpg









a0358016_19173719.jpg








a0358016_19174010.jpg






a0358016_19174394.jpg








a0358016_19174632.jpg








a0358016_19174913.jpg








a0358016_19175228.jpg







a0358016_19175518.jpg







a0358016_19175897.jpg








a0358016_19180075.jpg







a0358016_19180382.jpg













旗の台と言う、いつかまた散策してみたいディープ東京下町からの帰り、
遅めのお昼ごはんを大井町で探していました。

ココから歩いて家に帰ってちょっと休んだら夜は飲み会だぁ〜ってテンションだったので、
ま、軽くなにか食べたいなあという前提です。


間違えましたよね。



線路沿いのケバケバしい店構えが目を嫌でも引くこのお店の名前は『牛八』。
しかしお店の名前よりもなによりもまず『スタミナカレー』の一文字が飛び込んできます。

スタミナカレーって、どんなカレー!
カレーも好きだけどスタミナって響きにも弱い私

店の前を行ったり来たりしばしうろうろ。。。

大盛り系が得意そうな事も書いてあるけど
大盛りを頼まなければいいだけの話だし、
なにより安いし!



思い切って手動ドアで店内に入ると、せまっ!
せまっ!せまし!


すでに男性が5人入っていて私の入る隙間はないかと思われたが、
手前の男性が会計を済まして帰るところだったので、運良く入店。

しっかしせっまいなあ、男汁がしたたりそうな店内で『スタミナカレー小辛口』を頼む。
目に前に『マッチとの写真が見たい方はお声がけください』の張り紙。




うう、見たいと言った方がいいのだろうか。こういう場合。。。
もう少し客が引けて聞けそうだったら聞いてみようか。
しかし私はマッチをあまり知らないぞ?
これだよって見せられてどれがマッチか分かるだろうか。。。


悶々とする間20秒くらいですが、「はいよ」っとスタミナカレー小がテーブルに来ます。



小、だよね?



カレールゥと豚丼の具のかたまりをライスとぐちゃぐちゃ混ぜ合わせて
さ〜て、いただきまーす。



わーーーーー美味しい。おいしいっすー!
しかもなんか懐かしい。家でコレでてきたら狂喜乱舞しそう!
こんなカレーをどっさり作ってハイヨって出したい。


そんなほんわか家庭的でありながらも、辛味がじわじわ口腔内をブロー。
おいしいなあ、刺激もちょうどいいなあ。


しかしだ、
掘っても掘っても(食べても食べても)
量が変わらないように見えるこの底無し沼はなんだ。



そうなのです。
そうなんですよね。


特に大盛り系が得意な女子でない、ごく一般的な婦女子には多い!量が多い!
大井町だけに!!











今度はサラダも頼んでみたいな〜と思ったり。
超絶空腹時にいこう〜って思いました。

品川区、大井町もいろいろ散策できそうですね。























[PR]
by atmeal6 | 2018-02-25 19:36 | 東京グルメ | Comments(0)

銀座はジャポネでランチ

a0358016_21475713.jpg






a0358016_21480284.jpg







a0358016_21480583.jpg







a0358016_21480846.jpg






a0358016_21481141.jpg







a0358016_21481409.jpg








a0358016_21481877.jpg







a0358016_21482158.jpg








a0358016_21482540.jpg








a0358016_21482973.jpg






a0358016_21483248.jpg







a0358016_21483599.jpg






a0358016_21483756.jpg







a0358016_21484020.jpg







a0358016_21484373.jpg






a0358016_21484581.jpg








a0358016_21484851.jpg






a0358016_21485081.jpg






a0358016_21485389.jpg







a0358016_21485692.jpg






a0358016_21485903.jpg





a0358016_21490242.jpg






a0358016_21490483.jpg






a0358016_21490741.jpg







a0358016_21491012.jpg









元祖『ロメスパ』と言われる銀座ジャポネに行ってきました!

こんなところにこんなお店があるなんて。。。。

驚きも驚きですよ。
でも銀座(主に有楽町)って結構ギンギラギンの中に崩れかけの昭和が残る土地ですもんね、
さりげに好きな場所です。

表向きは『都会だーーー!』ってなりますけど、ちょっと裏行けば家と家が支えあって立っていたりしますし。



ちなみに
『ロメスパ』が分からなかったのでググったら

『ロメスパとは、立ち食いそば屋のようなスパゲッティ屋のことで、
ロメスパの「ロメ」は路麺、「スパ」はスパゲッティだ。
おうさる氏がジャポネを一度食べたら忘れられないロメスパと称したのがその起源である。』


とのことです。


確かにできれば全制覇したい味でした!
あとコスパのよさ!
銀座でですよ?
500〜600円でおいしくてボリューミィで、更には「次は何食べよう?」と思わせるラインナップ。
これはすごい。



そりゃあさ、ザギンには食べたら至高の世界にいっちゃうようなイタリアンも数あるだろう。
わたしだってトリュフをスライスしたのをザバザバのせたスパゲッティとか死ぬまでに食べてみたい。

でも、同じくらいジャポネのメニューも制覇したい!


しかしなかなか行く機会がね〜


次は『チャイナ』を頼もうと思っています。

ザーサイの入ったスパゲッティなんて、おいしいに決まってるじゃあないですか。

























[PR]
by atmeal6 | 2018-02-06 22:01 | 東京グルメ | Comments(0)

二子玉川で優雅なブランチ

a0358016_13295647.jpg









a0358016_13300096.jpg








a0358016_13300581.jpg








a0358016_13303550.jpg








a0358016_13303974.jpg







a0358016_13304210.jpg









a0358016_13304536.jpg







a0358016_13304936.jpg






a0358016_13305246.jpg






a0358016_13305471.jpg






a0358016_13305718.jpg








a0358016_13310050.jpg






a0358016_13310356.jpg








a0358016_13310634.jpg







a0358016_13311045.jpg









a0358016_13311362.jpg







a0358016_13311632.jpg







a0358016_13312075.jpg








a0358016_13312368.jpg








a0358016_13312639.jpg








a0358016_13312913.jpg








a0358016_13313121.jpg








a0358016_13313442.jpg








a0358016_13313777.jpg








a0358016_13314008.jpg
















都市計画のパース画のような街、二子玉川。
歩いている人々もパースの一部のよう。
なんならそのまんま広告に使えるんじゃってくらい世界がオサレに染まっています。


今回何回オサレって言ったかな。
語彙力のなさに凹みます。


そんなオサレステーションにはやはりスタイリッシュなお店が連なり、
どこの誰が設計したのよ!と突っ込みたくなるような(そんな人はあんまりいないかあ)
デザインがデザインデザインした(削ぎ落とされつつ特徴を兼ね備え機能的)で、
アート感覚も(何かしら意図しないと特にいらないオーナメント的なヤツ付属)で、

「将来こんなステキな街に住めたらいいわね」を詰め込んだ
シティボーイの天国のような街でした。



え?私?そうですね。
すっぴんでちょいとコンビニにお酒買いに出かけられないような街は正直しんどいっす。
二子玉川近くの商店街付きの下町みたいなところに住みたいです。



そうそう仁くん!
かわいかったわ〜〜〜
そしてめっちゃ大人しかった。

赤子は騒いでいいんだぞ?
そう言いたくなるほどに悟りを開いていらっしゃった。
父親ゆずりなのかしら。


何度か会って写真を撮り貯めなくては!と変な使命に燃えています。








大変。このお店、その後閉店したそうです。
情報提供ありがとうございます。




















[PR]
by atmeal6 | 2018-01-31 13:43 | 東京グルメ | Comments(2)

浜松町のお蕎麦!煌味家

a0358016_20582853.jpg





a0358016_20583197.jpg





a0358016_20583472.jpg





a0358016_20583784.jpg





a0358016_20583934.jpg






a0358016_20584275.jpg






a0358016_20584504.jpg





a0358016_20584841.jpg






a0358016_20585040.jpg






a0358016_20585358.jpg






a0358016_20585703.jpg







a0358016_20590024.jpg






a0358016_20590277.jpg







a0358016_20590517.jpg






a0358016_20590894.jpg







a0358016_20591159.jpg







a0358016_20591385.jpg







a0358016_20591688.jpg






a0358016_20591879.jpg







a0358016_20592103.jpg







a0358016_20592428.jpg







a0358016_20592677.jpg







浜松町グルメが続いてしまいました、
行く機会が多いのでどうしても。。。


今日はお蕎麦です!
そういえば東京はほんとうに蕎麦屋が多いです。

どこがおいしいのか?それはよくは分からないのですが(藪とか行ったことないので)
まあそれぞれ、好き好きですよね。

この若芽たけのこ蕎麦はほんと〜に!おいしかったです。

もうタケノコのコリコリなのかシャリシャリなのか形容しがたい食感と春の香りが口いっぱい。
そしてすする温かいお蕎麦。

たまりません。


以前、表参道で行った増田屋さんで食べたキノコ蕎麦も絶品でした!
不思議なぬめぬめキノコが口の中で踊ります。


どうも具ありの変わり種系蕎麦が好きみたいです。
表参道の蕎麦屋にもまた行きたいよ〜!

しかしもし東京で蕎麦屋めぐりをしようもんなら
ハテがないので恐ろしいです。






















[PR]
by atmeal6 | 2018-01-19 21:06 | 東京グルメ | Comments(4)

浜松町でがっつりランチ

a0358016_17265469.jpg










a0358016_17265900.jpg






a0358016_17270235.jpg






a0358016_17270537.jpg






a0358016_17270987.jpg






a0358016_17271275.jpg






a0358016_17271551.jpg







a0358016_17271996.jpg






a0358016_17272241.jpg








a0358016_17272684.jpg







a0358016_17273069.jpg






a0358016_17273340.jpg






a0358016_17273749.jpg







a0358016_17274019.jpg







a0358016_17274487.jpg







a0358016_17274709.jpg







a0358016_17275050.jpg






a0358016_17275381.jpg






a0358016_17275623.jpg








a0358016_17280019.jpg








a0358016_17280360.jpg








a0358016_17280695.jpg








浜松町へ行くことは多いので
ちょいちょいいろんなランチを試しに行きますが
お店の数が多いとそれに比例してやっぱり当たり外れが大きいです。

ココでもやっぱり行列のできている店はハズレがないの法則は生きています。

ちょっとお金ないし安いところですまそっかってなると、まあ、そりゃあそうですよね
安いんですもの、そして量がある(サラリーマン用)なんですもの、
質と安さと量はなかなか同時には得られないものです。


ただ単に私がボリューミィな三大家畜のお肉盛り合わせみたいな定食を頼んでしまったので、
ええ、胃がだいぶ後悔をしておりました。。。


そんな浜松町ですがいろんな電車が通るので楽しい場所でもあります。

一度ここでドクターイエローを見たのですが、スマホのカメラを起動させようとしている間に通り過ぎてしまいました。

そ、そりゃそうですよね。。。


それからと言うもの、浜松町駅の新幹線の高架の黄色い注意線(高さココですよ線)が
ついついドクターイエローに見えてしまって「!」→ 二度見 → 「あ、違った」病を発症してしまいました。



幻のドクターイエローに
またいつか出会いたいです!!!




会いたいというか、撮影したいです!
(鉄子か)

















[PR]
by atmeal6 | 2018-01-16 20:00 | 東京グルメ | Comments(0)

渋谷で飲むよ〜

a0358016_20393277.jpg







a0358016_20393546.jpg






a0358016_20394166.jpg







a0358016_20394447.jpg








a0358016_20394702.jpg






a0358016_20395057.jpg





a0358016_20395396.jpg







a0358016_20395733.jpg







a0358016_20401054.jpg






a0358016_20401393.jpg






a0358016_20401656.jpg






a0358016_20402743.jpg






a0358016_20403170.jpg







a0358016_20403717.jpg







a0358016_20404085.jpg







a0358016_20404578.jpg








a0358016_20404957.jpg







a0358016_20405420.jpg






a0358016_20405834.jpg







a0358016_20410354.jpg






a0358016_20410788.jpg







a0358016_20411180.jpg











この日はキリンのオールフリーを飲んだのですが、意外といけるもんですね。
気分的には一緒にビール飲んでわ〜い!って気分になれるんだからたいしたもんです。

もちろん酔いませんが。


渋谷ってなぜかそんなに行く機会のない大都会のひとつなので、こういった飲みの時に行けるのは嬉しいです。
そして行くとやっぱり大都会だなあってしみじみしますね。

なによりも人の数

そしていきなり民族衣装で踊ってるとか撮影部隊がプロっぽいとかそういうカオスが普通に存在するのもまた大都会の特徴です、(私の中で)


飲み会、諸行無常でよかったです!
柳は緑花は紅、まあ、酒で流れ流され止まらない水のようでいいんじゃないでしょうか。



ちなみにこの日がノンアルコール(アンドノンカフェイン)なのは精密検査にひっかかりまくって検査につぐ検査が毎週でお酒飲んでもいいよ!的ドクター令が降りてなかったからなんですね。(その後降りましたが)
毎週採血するので先週の腕の針を刺したところが青あざになってたりともう、本当に病気はこりごりです。



健康体でお酒が飲める、
これがこんなにありがたい毎日だったとは思いもしなかった今日この頃です。

今日もビールがおいしいです^ ^

























[PR]
by atmeal6 | 2017-08-14 20:55 | 東京グルメ | Comments(0)