人気ブログランキング |

お料理王国6 -Cooking Kingdom6-

アート旅行に行こう!その31

a0358016_16312786.jpg







a0358016_16321199.jpg







a0358016_16321428.jpg







a0358016_16321847.jpg







a0358016_16322047.jpg








a0358016_16322317.jpg








a0358016_16322570.jpg







a0358016_16322803.jpg







a0358016_16323078.jpg








a0358016_16323252.jpg







a0358016_16323561.jpg







a0358016_16323776.jpg







a0358016_16324050.jpg







a0358016_16324374.jpg








a0358016_16324566.jpg







a0358016_16324826.jpg








a0358016_16325069.jpg







a0358016_16325382.jpg







a0358016_16325592.jpg







a0358016_16325776.jpg








a0358016_16492865.jpg








a0358016_17051172.jpg








a0358016_16330480.jpg









a0358016_16330749.jpg








a0358016_16330945.jpg








a0358016_16331281.jpg







a0358016_16331539.jpg







a0358016_16332230.jpg







a0358016_16332422.jpg









a0358016_16332827.jpg








a0358016_16333106.jpg







a0358016_16333333.jpg







a0358016_16333501.jpg







a0358016_16333872.jpg







a0358016_16334013.jpg







a0358016_16334373.jpg







a0358016_16334514.jpg







a0358016_16334827.jpg







a0358016_16335002.jpg







a0358016_16335238.jpg








a0358016_16335525.jpg







a0358016_16335719.jpg







a0358016_16340094.jpg







a0358016_16340393.jpg







a0358016_16340505.jpg







a0358016_16340824.jpg







a0358016_16341188.jpg







a0358016_16341388.jpg







a0358016_16341671.jpg


















ナショナルアートスクールの監獄らしさを満喫し、

オックスフォード・ストリートでバス待ち。


しかしどこもかしこもイギリスの地名なのがびっくりです。

まあ、歴史的に見てあたり前の事なのですが
検索するときに、どちらかの国かを明記しなくてはならないのがまた
不思議というか醍醐味というか
おもしろさがありますね。



オックスフォード・ストリート(シドニー)を検索すると



ゲイ、レズビアン、おしゃれな街、LGBTQ、高級ブティック、などなど
ショッピングとお茶にレインボーの旗が写り込むような文句が並びます。

オシャンなパンケーキにショッキングピンクのクリームがかかっているかのような
キラキラしたケバさをかもし出すこの街、

や〜〜〜〜〜、いいですね〜!



が、しかし本日の目的地はこちら
「オズハーベストマーケット」。


バスに乗ってケンジントンまでゆきます。



ここはなんとも画期的、全品無料のスーパーマーケットです。


大手スーパーマーケットから賞味期限が近いものや(あるいは切れているもの)
このままでは廃棄処分になってしまう
けれどまだまだ全然食べられる、

そんなもったいないをたくさん集めて提供するという、

日本でやったら企画倒れ必須なすばらしい取り組みです。



なぜ日本でできないかって、


そもそもに賞味期限と消費期限の違いもあまり知らない人が多いこの国です。
『安全においしく食べられる期間と一般にいわれるもの』を外れた食品は
『危険でまずい、腹をこわすぞ』と0から100に突っ走るこの国です。




なあに、かえって免疫力がつく。

くらいでよいのでは、
と思うような事もしばしばの今日この頃、
みなさんいかがお過ごしでしょうか。



ちなみにこのすばらしい取り組みのオズハーベストマーケット、
海外でも大絶賛のようです。




無料無料いいましたが、
無料だラッキー!で済まさずに
これを機会に食品ロスを考えたり、
寄付をしてこの取り組みを応援したり
できることをできるところからやってみよう。
が、
そもそものこのお店のコンセプト、



Take what you need, give what you can!



今日いる分だけもらって
そっとその商品に見合うだけの気持ちを寄付しましょう。






日本で企画倒れ必須なもうひとつは

やはり待合室におそらくホームレス然とした、
ダンボーラー然とした方々がいらっしゃることもあります。
(ダンボーラー:ダンボールハウスにお住まいの方々)


今まさに食料を求めている方々です。



その方々に食料を回す役割もこのお店の重要なミッション、
なのでもっともなシーンのハズですが、

これがまた日本だと色々と茶々が入りそうなシチュでもあり。。。



なんともねえ、むつかしいですよねえ。









もしオーストラリアでオズハーベストマーケットへ行かれる方はぜひ現金をもって行ってください。



私のようにうっかり「カードしかないよー」とならないよう、お気をつけください。
(キャッシュレスの落とし穴)



罪滅ぼしとしていまこうしてブログで拡散いたしますので
どうか、
どうか〜〜〜。


























更新を通知する


by atmeal6 | 2019-03-05 16:39 | | Comments(2)
Commented by ponzu_77 at 2019-03-09 18:18
うわ!オズハーベストまで!行きたいところが同じだ!笑笑
この辺のエリアも次シドニー行ったら行ってみたいエリアです。
オズハーベストでボランティアもしてみたいなーとも思ってるんですが、
メルボルンにはあるのか、ないのか。と昨日黄色いトラック見ながら思ってました。

デブさんとこで何が出来るのか楽しみです💛
Commented by atmeal6 at 2019-03-11 20:03
> ponzu_77さん
そうなです、行ってきました!
正直な話、わたしはあまりよく知らずに行ってしまったのですが(汗
あとからいろいろ調べてはステキな試みだなあと、
今ではすっかりオズハーベストに魅了されています^ ^

メルボルンにはオズハーベストの事務所はあるみたいですね。
店舗は、あるのか、ないのか。。
お〜ボランティア!いいですね〜!
黄色いグッズが売っていたら欲しかったです〜^ ^