お料理王国6 -Cooking Kingdom6-

アート旅行に行こう!その6

a0358016_20365177.jpg









a0358016_20365464.jpg








a0358016_20365621.jpg










a0358016_20365899.jpg







a0358016_20370087.jpg








a0358016_22115904.jpg








a0358016_20370568.jpg








a0358016_20370886.jpg







a0358016_20371079.jpg









a0358016_20371240.jpg








a0358016_20371559.jpg







a0358016_20371768.jpg







a0358016_20372044.jpg






a0358016_20372225.jpg







a0358016_20372468.jpg







a0358016_20372613.jpg








a0358016_20372920.jpg








a0358016_20373164.jpg








a0358016_20373399.jpg







a0358016_20373593.jpg







a0358016_20373718.jpg







a0358016_20373969.jpg








a0358016_20374281.jpg









a0358016_20374452.jpg








a0358016_20374653.jpg









a0358016_20374920.jpg









a0358016_20375187.jpg









a0358016_20375391.jpg









a0358016_20375632.jpg









a0358016_20375829.jpg









a0358016_20380070.jpg









a0358016_20380399.jpg







a0358016_22211385.jpg










a0358016_20380784.jpg










a0358016_20380977.jpg














a0358016_20381153.jpg

















ようやく着きました〜!
第二の目的地です!
※第一はデボラ宅へ行くこと。




今回たどり着いたのはバンダナン、、
ではなく、ニューサウスウェールズ州の
ナ、ナウラ?の辺?の、ような気がします。


とても美しい景色に魂までも洗われて生まれ変わったかのように
キラキラ、元気いっぱいな私がいました。

建築物大好きな私ですが一目惚れしてしまいそうなサレオツ物件!
ココにタダで泊まれるとは、いやはやありがたいです、
オーストラリア?のお金で?賄われている?んだっけ?




木の格子や高い天井、部屋の窓も大きく木戸が開くかと思えば
小さく網戸が開くなど、忍者屋敷のような工夫がなされており
すごい、この宿泊所はすごいよ!建築家だれだよ!!って興奮も興奮で
えっと、たぶん、グレン・マーカットさん?



前に調べた時は別の人ができた気がします。

誰なのでしょうね?ココ設計した有名な建築家って。
調べども調べども引っかかる文献はすべて英語。


バンダナン、アーキテクトで検索かけること十数回、
誰か教えてはくれないか
その有名な建築家とやらを。。。。





そんなわけで英語の壁に今もぶち当たっているのですが
毎日かかさず何かしら英文を調べることで


「英語すごい上達してますよ!」と、
英会話教室のカール先生に、先日英語で褒められました。





すごい嬉しかったです!





ちなみにカール先生はとてもフランクなので
「英語すごい上達してますよ!」は意訳で
「すっげえじゃん、前は会話になってなかったのになんとか会話成立してるカンジ。
ま、言ってもなんとなくだけどwww」みたいなニュアンスではありましたけど。




いいんです。
いいんです。
牛歩ですよ。
アラフォーからの語学なんてさ。



でも


でも




「苔がすごく綺麗で感動した!」と言ったら
「え?すごい蛾がいたの?」と返されたこと

忘れません。



















[PR]
by atmeal6 | 2018-10-29 22:05 | | Comments(2)
Commented by ponzu_77 at 2018-10-30 17:18
最後の最後の蛾と苔にコケそうになりました。笑笑

それはともかくこんな綺麗な場所があるんですねー。キリッとした空気な感じが伝わってきました。
私も英語で履歴書やらステートメントとか書くの苦手です。。。売れない。自分が。。涙
頑張らないと、です。w
Commented by atmeal6 at 2018-10-30 21:30
> ponzu_77さん
グランドオーヴァーでなんとか苔と分かってもらえましたが、発音がダメなのでしょうね。。
これからも痛い英語エピソードはたくさん出来きそうです(笑

そうなんですよ〜!もうほんとうに綺麗で!
びっくりしました。私有地なので予約をしないといけないようなのですが
ウェディングもやっているような施設だそうで、ウォンバットに囲まれて挙式も楽しそうです^ ^

ほんと、売り込みってむつかしいですよね。。売れない気持ち、わかります!
なぜか謙虚になってしまって、せいかちんやカール先生に『海外の履歴書に謙虚さはマイナス!』と叱咤されていました。
それでもなぜか「そんなことないんですけどね」と言いたくなってしまう時に、日本人だなあ〜ってなってます(汗