お料理王国6

デンマークへ行こう!その2

a0358016_23423312.jpg






a0358016_23424127.jpg







a0358016_23424794.jpg







a0358016_23425165.jpg








a0358016_23425523.jpg







a0358016_23425983.jpg







a0358016_23430443.jpg







a0358016_23430735.jpg






a0358016_23431205.jpg






a0358016_23431661.jpg






a0358016_23432965.jpg





a0358016_23433445.jpg






a0358016_23433989.jpg








a0358016_23434337.jpg






a0358016_23434778.jpg







a0358016_23435138.jpg







a0358016_23435500.jpg







a0358016_23435920.jpg









a0358016_23440230.jpg









a0358016_23440566.jpg








a0358016_23441571.jpg








a0358016_23441894.jpg








a0358016_23442276.jpg







a0358016_23442638.jpg







a0358016_23443084.jpg






a0358016_23443588.jpg






a0358016_23444077.jpg








a0358016_23444471.jpg







a0358016_23445002.jpg







a0358016_23445525.jpg





a0358016_23450177.jpg







a0358016_23450807.jpg






a0358016_23451231.jpg






a0358016_23451728.jpg







a0358016_23452195.jpg







a0358016_23452888.jpg






a0358016_23453391.jpg






a0358016_23453894.jpg






a0358016_23454213.jpg





a0358016_23454601.jpg










前回が飛行機に乗ってボブが途中で切れる回で終わってしまったので
今回はデンマークを存分に!

と思っていたのですが、結局飛行機とバスで終わってしまいました。

日本からデンマークの首都コペンハーゲンまでは直行で10時間ほどなので、朝出て昼過ぎには着く(時差のおかげで)感覚なのですが、
そこからオールボーという都市へ乗り継ぎ便で向かい、そこからフォーストプ駅までバスで1時間半、
なんだかんだで地面を歩くことにようやくなった時には夜の9時もだいぶすぎた頃でした。

夜の9時って言っても全然明るいんでびっくりです。

『これが北欧名物白夜か!』と。


しかしオールボーの空港内で食べたホットドッグは本当においしかったです。

白パンの表面がカリッカリに焼いてあって(見てると専門のホットドッグ焼き機みたいのに入れてました)
ソーセージは日本のスーパーのように燻製液に浸しましたって感じではなく、プリプリの肉がはじけて踊ります。
最初はなにか分からないクリスピーなものがとてもおいしく香ばしく、それがこのホットドッグを何倍も何十倍もおいしいものにしていました。
のちにスーパーで『フライドオニオン』を売っているのを見かけて、ああ、あれはコレだったんだなあとしみじみとしたものです。
ピクルスもマク◯ナル◯のハンバーガーに入っているようなピクルスの変なクセや古漬け感はなく、大きなズッキーニをさっぱりと漬けてザクザク切りましたよ!的なフレッシュ感。

マ◯ドナ◯ドのピクルスが苦手な人もこのピクルスなら食べられるだろうな〜って思いました。

メニューはみっつしかなかったのですが、デンマーク語ですし、うしろの壁に貼ってあるLED看板のみ。
しかたなく「ザッツフォト、レフトサイド、(店員さんが指をさす)イエス! ディスワン、プリーズ、サンキュー」でなんとかなりました。
なんとかなるものですね。
なんとかなるんですよ。


英語の壁、
このデンマークの旅はその壁に突き当たることの連続でした。
当たってはくだけ、当たってはくだけ、当たり続ける旅。くだけ続ける旅。
でもまた当たりにいく楽しさ。


それら旅の行程はまた、これからどんどんと明かされていくことになります。



どうぞ飽きずに見ていってください。
























[PR]
by atmeal6 | 2017-09-08 00:09 | | Comments(0)