人気ブログランキング |

お料理王国6 -Cooking Kingdom6-

白瓜のサンドイッチレシピ

a0358016_19512871.jpg






a0358016_19513345.jpg






a0358016_19513685.jpg






a0358016_19514042.jpg







a0358016_19514375.jpg






a0358016_19514673.jpg







a0358016_19514976.jpg







a0358016_19515493.jpg






a0358016_19515729.jpg





a0358016_19520102.jpg






a0358016_19520561.jpg







a0358016_19520810.jpg







a0358016_19521263.jpg







a0358016_19521599.jpg






a0358016_19521943.jpg






a0358016_19522282.jpg






a0358016_19522680.jpg







a0358016_19522910.jpg







a0358016_19523285.jpg








a0358016_19523605.jpg








a0358016_19524051.jpg






a0358016_19524482.jpg






a0358016_19524754.jpg









a0358016_19525116.jpg











池波正太郎は美食家なんでしょうが、贅沢をするばかりではありません。

ああ、それをそう食べちゃう?いいね〜やってみたいね〜ってのが結構あります。
あ、鬼平犯科帳の人です。



「やや厚めに切った食パンに、たっぷりとサラダ(※ポテトサラダのこと)をはさみこんで作ったサンドイッチと、ビールの小びんを一本、夜ふけの腹ごしらえにしていた」とか、いいじゃあないですか。挟むポテトサラダもまた重要ですが。
そのポテトサラダは神田淡路町二丁目『松栄亭 (ショウエイテイ)』さんのものだそうで、ぜひ行ってみたいものです。創業は1907年(明治40年)という100年越えを果たしている老舗。


あとはまた正太郎さんおすすめのとんかつ 目黒「とんき」にも行ってみたいです。

ああもうすっかり白瓜のサンドイッチから話がそれまくりまくってます。

これもほんとうに美味しかった!

なんて夏らしい味なんでしょうって感動しました。

パリパリ食感の白瓜は主張しないけれど涼しさを残す味で、それがこってりたっぷり塗ったバターとまたよく合う。
そうコツはパリパリになるまで水分をよ〜く絞った白瓜を乗せることと、マーガリンではなくバターを、もうそれはそれは惜しみなくたっぷりぽってり塗りましょう。

無塩バターでってかいてあるレシピが通常ですが、我が家は有塩バターでしたので白瓜の塩を少なめにしてほぼ白瓜味だけにしたところ、これがほんと絶妙においしいサンドイッチに仕上がりました。

パンもちょっとだけ高くておいしいものにすると更に味がぐっと良くなります。

素材は『手ぬきイボ丼』と一緒で、もともと安いものの中でもちょっといいものを買うことが
すべて味をおいしくするコツと言えば、、、ていうか最大のコツでしょう。


朝に白瓜サンドイッチを食べるとなんだか1日サワヤカ元気に過ごせ、オススメです。
(私個人の感想です)



























by atmeal6 | 2017-09-02 20:18 | 料理作り・レシピ | Comments(0)