お料理王国6

靖国神社で厄払い

a0358016_15060333.jpg






a0358016_15060632.jpg





a0358016_15061046.jpg





a0358016_15061393.jpg





a0358016_15061619.jpg





a0358016_15062068.jpg




a0358016_15062345.jpg





a0358016_15062749.jpg





a0358016_15063062.jpg




a0358016_15063331.jpg





a0358016_15063654.jpg





a0358016_15063925.jpg





a0358016_15064281.jpg





a0358016_15064526.jpg




a0358016_15064899.jpg





a0358016_15065108.jpg





a0358016_15065537.jpg





a0358016_15065838.jpg





a0358016_15070156.jpg





a0358016_15070406.jpg





a0358016_15070866.jpg





a0358016_15071130.jpg






a0358016_15071574.jpg





a0358016_15071738.jpg






a0358016_15072281.jpg





a0358016_15072659.jpg








さて厄払いも三回目、ようやく後厄です。やれやれだぜ。

どうして靖国神社で厄払いなのかと言いますと、東京へ来てどこの神社で厄払いがオススメですかと上司に聞いたところ「靖国神社はみんなが参拝する奥に本殿があって、本殿からそっちを見るとまるで自分に向かってしもじもの者たちが祈ってるかのような気分に浸れるいい場所だからぜひ」と言われたがためです。イメクラの延長上のようなものです。


いや、まあ、それだけではないですけどね。やっぱり田舎から出てきた者としてはよくテレビで話題になる「靖国神社」とやらに行ってみたい欲望と、あとは右寄りか左寄りかどちらかと言われれば右寄りだからでしょうか。

もし陛下とご対面できるようなことがあればきっと泣くだろう自分がいます。十分右のほうですがああそういえばもう平成も終わるんでしたね。


靖国神社といえば珍しく人が神様になっている神社です。
ほとんどの神社は神様が祀られていますが靖国神社は歴史上に実在した日本人が神様です。
それで色々とまあ戦後のまあ戦争というもののまあ、色々で騒がれたりする場所なのです。


そして後半は靖国神社に来たらぜひ寄ってほしい東京B級グルメを紹介するので
次回をお楽しみに〜


















[PR]
by atmeal6 | 2017-06-25 15:18 | 東京のこと | Comments(0)