お料理王国6

タグ:落合シェフ ( 2 ) タグの人気記事

コタツでイタリ庵『飲み会編』

a0358016_09374265.jpg
a0358016_09374969.jpg
a0358016_09375487.jpg
a0358016_09375768.jpg
a0358016_09380287.jpg
a0358016_09380637.jpg
a0358016_09381104.jpg
a0358016_09381685.jpg
a0358016_09382039.jpg
a0358016_09382510.jpg
a0358016_09383459.jpg
a0358016_09383725.jpg
a0358016_09384726.jpg
a0358016_09385108.jpg
a0358016_09385633.jpg
a0358016_09390370.jpg
a0358016_09390803.jpg
a0358016_09391218.jpg
a0358016_09391692.jpg
a0358016_09392118.jpg
a0358016_09392555.jpg
a0358016_09393271.jpg
a0358016_09393661.jpg
a0358016_09394281.jpg
a0358016_09394837.jpg
a0358016_09395344.jpg
a0358016_09395832.jpg
a0358016_09400345.jpg
a0358016_09400821.jpg
a0358016_09401209.jpg
a0358016_09401788.jpg
a0358016_09402131.jpg
a0358016_09402786.jpg








コタツで飲み会を思いついたのは、例のあの居酒屋、
そう吉祥寺は『おふくろ屋台』。あの居心地の良さを再現したくて。

なのでいつもの6畳を使わず、4,5畳間にしてみました。
狭さきわまります。

コタツを囲むとツレんち感ほどよく出ますね。
まあ、ツレんちですけどね。

コタツとは言え机の上の写真うつりをどうにか良くしたくて、
撮影用の板を引っ張り出しましたがガタつきが大きく、
『美味しんぼ』を挟んでなんとか落ち着きました。





















[PR]
by atmeal6 | 2016-02-23 09:47 | 我が家の会 | Comments(0)

コタツでイタリ庵『料理編』

a0358016_09320358.jpg


a0358016_09321368.jpg
a0358016_09334287.jpg
a0358016_09334682.jpg


a0358016_09335189.jpg


a0358016_09335799.jpg


a0358016_09340660.jpg



a0358016_09341662.jpg


a0358016_09342154.jpg


a0358016_09343070.jpg


a0358016_09343632.jpg


a0358016_09344293.jpg


a0358016_09344821.jpg



a0358016_09345574.jpg



a0358016_09350075.jpg


a0358016_09351006.jpg


a0358016_09351520.jpg




a0358016_09353096.jpg


a0358016_09353760.jpg




a0358016_09354636.jpg


a0358016_09355164.jpg



a0358016_09355622.jpg


a0358016_09361196.jpg


a0358016_09361712.jpg
a0358016_09362204.jpg


a0358016_09363126.jpg



a0358016_09363949.jpg


a0358016_09364550.jpg


a0358016_09365219.jpg


a0358016_09370364.jpg


a0358016_09371250.jpg


a0358016_09372584.jpg



a0358016_09373715.jpg





2016年明けまして1月11日成人の日にいい大人のだらだら新年会を開催しました。
実家でごろごろ本屋通いをしていたときに見つけた『落合シェフのレシピ本』。
これがほんとうにいい内容でして、こういうレシピ本を待っていました!とはまさにです。

まずコツがていねいでわかりやすい。
このコツがなっていないとおいしくできなかったりするのでありがたい。
スパゲッティを茹でる時に塩味がちゃんと麺につくようしっかり塩水に、
入れたらすぐにかき混ぜる、ぐるぐると何度も。
お湯はグツグツと言うよりはいい湯加減に麺が浸ってる程度に、などなど。

その通りにやるとほんとうにおいしい麺が茹で上がる。
これだけなのにやってこなかったな〜〜〜みたいな。

今回の傑作はなんと言ってもポルチーニ茸のリゾットでしたが
これはポルチーニ茸本来のうまさが大きかったです。

簡単でおいしいイタリアンはぜひとも十八番にしたいところです。























[PR]
by atmeal6 | 2016-02-22 09:50 | 料理作り・レシピ | Comments(0)