お料理王国6

カラヴァッジョ展行ってきたよ

a0358016_09244476.jpg
a0358016_09245077.jpg
a0358016_09245463.jpg
a0358016_09245752.jpg
a0358016_09250107.jpg
a0358016_09250530.jpg
a0358016_09251501.jpg
a0358016_09251942.jpg
a0358016_09252242.jpg
a0358016_09252539.jpg
a0358016_09252852.jpg
a0358016_09253169.jpg
a0358016_09253594.jpg








カラヴァッジョの知名度の低さったらないな〜と
長年思ってたりもしたのですが、ちょうどカラヴァッジョ展前でしたっけ
フランス南部トゥールーズ近郊にある住宅の屋根裏からカラヴァッジョの真筆らしきものが見つかって
(本物であれば推定価格は約150億円)とか
あの時はもうすぐカラヴァッジョ展だよって浮れてた私の頭は
わざとか?仕込みか?と邪推したものです。
タイミング良すぎて。

カラヴァッジョ、テレビで特集があったりして
ちょっとは知名度が上がったかもしれません。
でもどっちだっていいんです。
これからもカラヴァッジョが好きなことには変わりはないですし。























[PR]
# by atmeal6 | 2016-07-07 09:35 | 絵・芸術・趣味 | Comments(0)

阿佐ヶ谷のイタリアン『ガッターロ』で悶絶

a0358016_15444135.jpg


a0358016_15444580.jpg
a0358016_15444982.jpg
a0358016_15445427.jpg


a0358016_15445718.jpg
a0358016_15450193.jpg


a0358016_15451109.jpg


a0358016_15452090.jpg


a0358016_15453165.jpg
a0358016_15453990.jpg


a0358016_15454374.jpg



a0358016_15462117.jpg



a0358016_15462602.jpg


a0358016_15463477.jpg


a0358016_15463832.jpg


a0358016_15464692.jpg
a0358016_15465127.jpg
a0358016_15485193.jpg
a0358016_15485750.jpg
a0358016_15490131.jpg
a0358016_15490538.jpg
a0358016_15490944.jpg
a0358016_15491548.jpg
a0358016_15492309.jpg
a0358016_15492739.jpg
a0358016_15493160.jpg
a0358016_15493449.jpg
a0358016_16173604.jpg


a0358016_15494249.jpg
a0358016_15495187.jpg
a0358016_15495462.jpg
a0358016_15495871.jpg
a0358016_15500274.jpg
a0358016_15500586.jpg








亀戸天神から立石までの散歩のあとのしめくくりは
白熱灯のあかりがもれる隠れ家風イタリアンと洒落込みました。

阿佐ヶ谷のこっち側の飲食店へあまり来たことがなかったです。
いつもつい『ナマステヒマール』へ行ってしまうので。。

外観からもそのよさげな雰囲気がよくわかります。
店内は広くもなく狭くもなくでちょうど落ち着く一般市民です。

このころ、熱心に『ムツゴロウさん本』を読んでいたので
とにかく『トリュフが食べたい』と口がすっぱくなるほど言っていました。
世界のムツゴロウはイタリアまで白トリュフを食べにでかけ、
取ってはいけない時期だったけれど山のオーナーがわざわざ日本から来たんだしと
オレんちの食べなと犬をつれ採れたてほやほやの白トリュフの塊をスライススライス、
スパゲッティの上にこれでもかとかけては一気に口に放り込む垂涎の描写にやられ、
ここに至ったわけです。


白トリュフなんて食べる機会が死ぬまでにあるのかは謎ですが。

阿佐ヶ谷のイタリアン『ガッターロ (Gattaro)』
ほんっっっっとうにおいしかった!!
なんで今まで来なかったんだろうか。
ひとくち食べては頬が緩んでこの世のしあわせを噛みしめましたよ。
ああいう時間は一瞬だからな。

おいしい料理に出会ったらそのために生きてきたんだと思えばいい。
それくらいの出来事のような気がしてきたのは歳のせいでしょうか。
とっぴんぱらりのぷう。

























[PR]
# by atmeal6 | 2016-07-06 16:03 | 東京グルメ | Comments(0)

【葛飾区】四ツ木から立石お散歩

a0358016_17425586.jpg
a0358016_17430985.jpg
a0358016_17431351.jpg
a0358016_17431760.jpg
a0358016_17432107.jpg
a0358016_17432581.jpg
a0358016_17432953.jpg
a0358016_17433345.jpg
a0358016_17433654.jpg
a0358016_17434085.jpg
a0358016_17434577.jpg
a0358016_17434845.jpg
a0358016_17435783.jpg
a0358016_17440014.jpg
a0358016_17440462.jpg
a0358016_17440883.jpg
a0358016_17441179.jpg
a0358016_17441462.jpg
a0358016_17442466.jpg
a0358016_17444147.jpg
a0358016_17444410.jpg
a0358016_17444953.jpg
a0358016_17445336.jpg








葛飾区は四ツ木と立石をぶらぶら。
ふたたびこの地へ来るかどうかわからない場所を歩きながら撮影ってしみじみします。
東京はどの街も味があっていいです。

立石の駅周辺の雰囲気はまたたまらなかったです。
裏路地の飲み屋街でへべれけになったり給料日前せんべろしたりしたいですね。
あとなんか公園で大規模な撮影をしていました。
たくさん集まっていた人はエキストラさんでしょうか?

映画なのかドラマなのかとわくわくしてしまいました。


















[PR]
# by atmeal6 | 2016-07-05 17:49 | 東京のこと | Comments(0)

キャプテン翼の銅像巡りin葛飾区

a0358016_13270108.jpg
a0358016_13270689.jpg
a0358016_13271019.jpg
a0358016_13271553.jpg
a0358016_13271862.jpg
a0358016_13272208.jpg
a0358016_13272684.jpg
a0358016_13272924.jpg
a0358016_13273361.jpg
a0358016_13273686.jpg
a0358016_13273904.jpg
a0358016_13274259.jpg
a0358016_13274565.jpg
a0358016_13274814.jpg
a0358016_13275275.jpg
a0358016_13275568.jpg
a0358016_13275808.jpg
a0358016_13280194.jpg
a0358016_13280476.jpg
a0358016_13280867.jpg
a0358016_13281225.jpg
a0358016_13281505.jpg
a0358016_13282089.jpg
a0358016_13282459.jpg
a0358016_13282717.jpg
a0358016_13283090.jpg
a0358016_13283338.jpg
a0358016_13283678.jpg
a0358016_13283987.jpg
a0358016_13284259.jpg
a0358016_13284511.jpg









亀戸周辺を一周して、それから歩いて四ツ木へ来たわけですが
こん時点で太陽はけっこう傾き、銅像めぐりものんびりしたお散歩などではなく
陽が沈むまで(カメラでブレずに撮れるぎりぎりまで)に回るという超ハイスピードなものとなりました。

ちょっとでも休憩や無駄話をしようものなら(無駄話しかしてないけどw)「全部まわれないだろ!」的な空気。
なんというか
1日に予定を詰め込みすぎちゃいけないですね。


キャプテン翼と葛飾区、なんとなく葛飾区っていうと『こち亀』なのですが
気になったので調べたらまあ、こんなカンジでした。

『キャプテン翼」の主人公・翼たちが在籍する南葛小、中、高校は葛飾区に実在する南葛飾高等学校をモデルとしており、同作が葛飾区と縁が深い。原作者である高橋陽一さんは葛飾区四つ木の出身。高橋さんの出身校である南葛飾高等学校の通称である「南葛(なんかつ)」は、同作品の舞台となった架空の地名である静岡県南葛市の名称のモデルにもなっている。』ネイバーまとめより。



























[PR]
# by atmeal6 | 2016-07-04 13:43 | 東京のこと | Comments(0)

亀戸天神から葛飾区まで神社仏閣めぐり

a0358016_13571250.jpg



a0358016_13571706.jpg


a0358016_13572011.jpg
a0358016_13572307.jpg
a0358016_14102774.jpg



a0358016_13573038.jpg


a0358016_13573313.jpg


a0358016_13573895.jpg


a0358016_13574250.jpg
a0358016_13574610.jpg
a0358016_13574961.jpg
a0358016_13575374.jpg
a0358016_13575754.jpg
a0358016_13580028.jpg
a0358016_13580547.jpg
a0358016_13580892.jpg
a0358016_13581137.jpg
a0358016_13581514.jpg
a0358016_13581985.jpg
a0358016_13582258.jpg
a0358016_13582528.jpg
a0358016_13583094.jpg
a0358016_13583504.jpg
a0358016_13584098.jpg
a0358016_13584336.jpg
a0358016_13584796.jpg
a0358016_13585159.jpg
a0358016_13585518.jpg
a0358016_13585993.jpg
a0358016_13590221.jpg
a0358016_13590663.jpg
a0358016_13590921.jpg
a0358016_13591323.jpg
a0358016_13591671.jpg
a0358016_13591925.jpg
a0358016_13592379.jpg
a0358016_13592733.jpg
a0358016_13593047.jpg
a0358016_13593433.jpg
a0358016_13593841.jpg
a0358016_13594100.jpg
a0358016_13594400.jpg
a0358016_13594748.jpg









亀戸から葛飾区までダラダラ歩いてきました。
目的地は京成立石だったのですが、マップで距離を見て一瞬やめようかと思いました。

まあでも行けたらいいねぐらいな気分で歩き始めたのですが
歩いたら歩いたで寄り道したい神社やお寺がたくさんあって
時間的に目的地につくのか?ってくらいのお散歩になってしまいました。

神社にお寺ってなんだか寄りたくなってしまうんですよね。

亀戸周辺は神社仏閣が多くてあちこちにさらっとあるかんじです。
え、こんな森の中に?からお大根さままで。

予期せぬところで出会った燈明寺の大きさと立派さにはびっくりしました。
あのあたりは江戸川区なんですね。

そして大きな荒川。
なんかもう海かよってかんじでした。





















[PR]
# by atmeal6 | 2016-07-01 14:07 | 東京のこと | Comments(0)