お料理王国6

デンマークへ行こう!その18

a0358016_22441216.jpg





a0358016_22441562.jpg







a0358016_22442344.jpg





a0358016_22451815.jpg






a0358016_22452302.jpg






a0358016_22452741.jpg






a0358016_22453254.jpg






a0358016_22453663.jpg








a0358016_22454106.jpg







a0358016_22454647.jpg






a0358016_22455168.jpg






a0358016_22455515.jpg






a0358016_22460029.jpg






a0358016_22460466.jpg








a0358016_22460875.jpg








a0358016_22461110.jpg







a0358016_22461740.jpg







a0358016_22462346.jpg







a0358016_22462884.jpg






a0358016_22463612.jpg






a0358016_22464622.jpg





a0358016_22465179.jpg






a0358016_22470147.jpg








a0358016_22470689.jpg







a0358016_22471189.jpg







a0358016_22472111.jpg








a0358016_22472767.jpg







a0358016_22473521.jpg







a0358016_22474097.jpg







a0358016_22474416.jpg







a0358016_22474960.jpg







a0358016_22475520.jpg







a0358016_22475982.jpg








a0358016_22480447.jpg





a0358016_22480877.jpg






a0358016_22481482.jpg






a0358016_22481935.jpg





a0358016_22482325.jpg






a0358016_22482824.jpg








a0358016_22483344.jpg







a0358016_22484265.jpg






a0358016_22484857.jpg












さて本日は女4人の小旅行、と言っても海は近いので車ですぐなのですが。
そうですね、東京で例えるなら新宿区から東京湾へ行くくらいの距離ですかね。
愛知県ですと常滑から師崎へ行くくらいの距離ですかね。

そう、海が近いんです。
しかも北海が。


初!北海ですよ!




a0358016_22584106.png



矢印が私たちが見た北海でしょうか。
『フローニンゲン』って土地の名前がさりげに気になります。


北海はすごく綺麗でした。なにこの透明度。。。
砂丘からの小石散乱からのまた砂浜という不思議な浜辺を散策し、みんなできゃっきゃします。
海っていいですね、盛り上がるんですよそれだけで。


あとからせいかちんに聞いた話ですが、ピアが「リエを見て、すっごいはしゃいでるわ、連れてきてよかった!」って言っていたそうです。
ありがとうピア。。。
木みたいとか言ってごめんなさい。


世界的に見るとちょっと行けば海がある場所って少ないのかもしれません。
一生海が見られない人もいるのかもしれません。
例えばいつか行ったモンゴルの遊牧民のみんなとか。


島国の日本では海なし県の方がすくないので海を見たことがない日本人を探すのはむつかしいかもしれませんが、
海を見てはしゃぐ、それを見て喜ぶ人がいる、もしかすると海というのは珍しいものなのかもしれないと
今、海辺に住みながらふと思うのです。


それからせいかちんと二人で登った崖からの草原の景色の素晴らしいこと!

私が昔々、とても小さいころ住んでいた場所と同じ草が一面に生えていてとても懐かしい気持ちになりました。
こう、胸がぎゅっと。


風に草が踊っている以外ほかに何もないんです。波の音が響くように聞こえるだけ。
曇り空はこの乾いた草原と強風という荒地にぴったりの背景として存在するので私はただただ感動するばかり。
今、目の前に与えられたこの景色の完璧さに圧倒されるばかり。



すげえな今映画撮れそう、一言で言うとそんな感じです。



だだっぴろい場所にいくと人間にはいいみたいですね。


広くて人のいない温泉に入った後のような効果があるみたいです。








またしても Youtubeです。



































[PR]
# by atmeal6 | 2017-11-02 23:20 | | Comments(0)

デンマークへ行こう!その17

a0358016_20325929.jpg





a0358016_20330492.jpg





a0358016_20331090.jpg



a0358016_20331324.jpg




a0358016_20331579.jpg



a0358016_20331837.jpg




a0358016_20332182.jpg





a0358016_20332487.jpg





a0358016_20333000.jpg





a0358016_20333297.jpg




a0358016_20333569.jpg




a0358016_20333841.jpg




a0358016_20334134.jpg




a0358016_20334314.jpg




a0358016_20334676.jpg




a0358016_20334895.jpg






a0358016_20335151.jpg





a0358016_20335419.jpg





a0358016_20335642.jpg





a0358016_20335902.jpg





a0358016_20340160.jpg






a0358016_20340412.jpg





a0358016_20340735.jpg





a0358016_20341001.jpg






a0358016_20341410.jpg





a0358016_20341760.jpg






a0358016_20342177.jpg






a0358016_20342403.jpg






a0358016_20342805.jpg






a0358016_20343220.jpg





a0358016_20343779.jpg






a0358016_20344310.jpg





a0358016_20344887.jpg






a0358016_20345118.jpg






a0358016_20345553.jpg





a0358016_20345839.jpg






a0358016_20350235.jpg







a0358016_20350569.jpg






a0358016_20350927.jpg






a0358016_20351213.jpg






a0358016_20351665.jpg






a0358016_20351902.jpg







a0358016_20352218.jpg






a0358016_20352510.jpg






a0358016_20352851.jpg










ヒッピーキャンプから帰ってきて、ランチを食べた後はみんなで美術館を見に行きます。
毎日美術館にいるのになんでわざわざ?と思うかもしれませんが
いつも同じ展示をしているわけではないので、今日作品を引き取りに来るアーティストの作品を、じゃあみんあで見ておこう的な軽いノリでわんこも一緒です。

まあここへ来てから重いノリなんて一度もないですが。

時々デボラが放つ重いジョークはほんとうに重量級だったようですが、それもココの軽い空気に飛ばされていったことでしょう。(たぶん)

こんな作品でも美術館に飾れるの?と思うような(失礼)作品から、やーすごいねー!って作品まで
多種多様な作品が一堂に会していてとても楽しいです。


こんなステキ極まりない美術館に作品を飾れたらなー
妄想は膨らむワケです。




この美術館、実はとっても興味深い美術館でもあります。

オーナーはジョンとハロルドと言うゲイカップル。
個人が建てた美術館なのでこんなにもゆるいノリなのですね。


ゲイカップルの美術館と言うのもまたミソでして
ゲストハウスにはゲイ、バイ、ビアンのカップルが集まる、ま、なんというか今流行りの言葉で言えば
LGBTの聖地とでも言うのでしょうか。



そうなのです。



むしろノンケが少ない場所なのですよ。
行くまで知らなかったけど。
言ってくれよ。



なので私が到着したときは「セイカのパートナーなんでしょう?」ってな質問もあり、何かよくその意味がわからない私。
最初から知っていたらその設定で行こうと思ったのにって何気なくせいかちんに行ったら猛反対にあいました。
え〜その方がおもしろいのに〜、ってのは、私の純粋な好奇心と遊び心です。


そう、ココは本当に自由な場所だった!

誰もそういう性であることを隠さないしむしろオープンだし
人物紹介が「あの人はゲイであれが彼氏で、彼女はレズビアンで彼女が彼女で、あ、彼はノーマル、で嫁さんがベジタリアンで」などなど。
覚えきれないので後でまとめて送ってほしいその情報!ってなります。


驚くほどに生きやすい場所でした。
呼吸がとても楽なのです、日本にいるときよりもずっと。
タトゥーだってLGBTだって日本では憚れることばかり。
それがココでは本当に当たり前で普通でとても息がしやすいのです。



ま、それはさておき、
部屋の見取り図はこんなかんじです。

部屋も部屋でとても素敵だったな〜〜〜〜

謎の棺桶も開けてみたかったな〜〜〜



デンマークはほんとうに、
すてきだった。





























[PR]
# by atmeal6 | 2017-10-29 20:58 | | Comments(0)

デンマークへ行こう!その16

a0358016_18193483.jpg






a0358016_18193872.jpg







a0358016_18194149.jpg







a0358016_18194476.jpg






a0358016_18194867.jpg






a0358016_18195280.jpg





a0358016_18195532.jpg






a0358016_18195925.jpg






a0358016_18200217.jpg







a0358016_18200651.jpg






a0358016_18201018.jpg





a0358016_18201491.jpg






a0358016_18201700.jpg






a0358016_18202042.jpg






a0358016_18202477.jpg






a0358016_18204359.jpg






a0358016_18205507.jpg







a0358016_18205868.jpg






a0358016_18210278.jpg






a0358016_18210687.jpg







a0358016_18211224.jpg







a0358016_18211996.jpg







a0358016_18212375.jpg






a0358016_18212761.jpg







a0358016_18213000.jpg





a0358016_18213499.jpg







a0358016_18214094.jpg






a0358016_18214471.jpg







a0358016_18214813.jpg







a0358016_18215208.jpg






a0358016_18215747.jpg






a0358016_18220257.jpg






a0358016_18220691.jpg







a0358016_18221051.jpg






a0358016_18221436.jpg








a0358016_18221824.jpg







a0358016_18222186.jpg











デンマークはコペンハーゲンから飛行機で一時間、オールボー空港からバスで1時間半、フォーストプバス停から徒歩で多めにみて1時間半としておきますか、ヒッピーキャンプ後編です。


せいかちんの知り合いのイケメンおじさまヴァウンさんのお宅拝見のあとは庭でまったり。

裏の雑草…もとい、畑で摘んだたくましく太いミントをちぎって熱湯に浸しただけのミントティーをいただきます。

コップはその辺から掘り起こしてパパッと埃を払っただけ、微妙にミントティーの中に何かが漂っていますがそれはデンマークの成分として受け入れます。

家の裏から摘んできたミント、物の山から掘り起こしたコップ、蜘蛛の巣付き。
ああ、ヒッピーだなあとしみじみしているところで普通にティファール的な湯沸かし器でお湯を沸かすこのギャップ。
あ、お湯はそれなんだ、みたいな。


しかしこのミントティーの美味しさったらなかったです。
ミントだけなのに!お湯なのに!もうあの爽やかなお口スッキリがMAXなのは言うまでもないのですが、プラス甘みやミントの複雑な味が舌の上で踊るこの飲み物は一体!?ってなりました。や、ミントティーなんですけど。


それから例のやぐら?登りです。

これがなかなかの代物で、中二階にはマットレスがあり、ここでお昼寝なんかもできるステキな空間になっています。
そして屋上には空とヒッピーキャンプの隣の土地が見渡せるスカイビューソファー席が常設。
雨の降った次の日にはお尻に水が染み込みそうですが、ここから見渡す何もない風景とお隣さんちは格別です。



お隣さんちにはお客さんがみえていたようで、日本人女性(というかアジア人女性)が珍しいのかスマフォで動画を撮られている模様。撮り返してあげればよかった。

ヴァウンさんはとてもいい人で、なんというかまったりのんびり時間が流れている人でした。


美術館に帰るとちょうどランチでして、またしてもお相伴預かります。そう、まいどのタダ飯です。
最初はこれでお腹がいっぱいになるの?と不安でいっぱいだったベジ飯でしたが、馴れてくるとこれがなかなかハマるのです。
体が求めてた優しい味とでも言うのでしょうか。



日本に帰った今も基本はベシ飯です。正しくは朝と昼はベジタリアンで夜は肉食に戻ります。
肉食に戻る代わりに炭水化物はお昼まで、という私ルールになっております。(※但し外食には適応されません)

むしろ外食に出るときは日頃の何かを払拭させるかのように肉を求める私がいます。





しっかし黒パンがどこにも売ってないよう(泣)
























[PR]
# by atmeal6 | 2017-10-25 18:40 | | Comments(0)

デンマークへ行こう!その15

a0358016_22571362.jpg





a0358016_22571634.jpg





a0358016_22572045.jpg






a0358016_22572429.jpg






a0358016_22572760.jpg





a0358016_22573174.jpg





a0358016_22573511.jpg






a0358016_22573882.jpg





a0358016_22574266.jpg





a0358016_22574615.jpg






a0358016_22574920.jpg






a0358016_22575145.jpg





a0358016_22575649.jpg





a0358016_22575920.jpg







a0358016_22580439.jpg





a0358016_22580798.jpg






a0358016_22581227.jpg






a0358016_22581502.jpg






a0358016_22581879.jpg







a0358016_22582405.jpg






a0358016_22582775.jpg







a0358016_22583146.jpg






a0358016_22583544.jpg







a0358016_22583851.jpg







a0358016_22584273.jpg







a0358016_22584528.jpg







a0358016_22584877.jpg







a0358016_22585166.jpg







a0358016_22585550.jpg







a0358016_22585867.jpg







a0358016_22590294.jpg





a0358016_22590593.jpg







a0358016_22590962.jpg







a0358016_22591297.jpg







a0358016_22591641.jpg







a0358016_22591996.jpg








a0358016_22592387.jpg






a0358016_22592608.jpg














冒険の旅、それは森の中を突き進んだ先にある『ヒッピーキャンプ』でした。

デンマークが公認しているヒッピーキャンプはココだけではないみたいですが、
公認ヒッピーキャンプはヒッピーキャンプだけあって例のアレが合法なのです、GOHO。

最近ラーメン屋でありましたね、そんなニュースが。
お客さんがニオイに気がついたとかで、むしろその客はなぜそのニオイを知っているんだと噂になった例のアレです。


道なき道を進んだ先にあるその場所はまず入り口に撮影禁止と人間やめちゃう系のお薬はダメ、絶対。の看板があり、
その看板からすぐの場所にバーがあり、このキャンプの住人たちがたむろする広場となっております。

ちなみにココは人気の観光スポットなのだそうで、見学は誰でも自由ですが
撮影は禁止です。


もちろん撮影する相手やその住人が撮っていいと言ったものや場所は撮っていいのですが
それが微妙にどこまでなのか分からずでなかなか緊張しました。
なんか突撃取材のカメラマン気分です。


とりあえずぜっかくなので、まずこの広場にいたおじいさんと思われる人と会話を試みます。
例のアレ片手のに昔軍隊にいてどーのこーのと話す出すおじいさんと思われる方におもむろに俺の年齢はいくつだと思う?と聞かれる私。
「well.....フィフティセブン!」

思いっきりお世辞で若く言ったつもりでした。
その方は顔をしかめて「53だっつーの!俺は!」って言われました。英語で。
ええ。。。
なんかすんません。。。


そんなこんなしてたらビールを飲むかい?って隣にいた男性の誘いをラッキーと快く受け取りビールを飲みながら
見た目はおじいさん・中身は53歳の方の過去をさぐったりさぐらなかったり、午後のひとときをダラダラと過ごします。

ビールを机の上に置くとその二人がビール瓶のまわりをレンガで囲んできます。
なぜそんなことをするのかと聞くと「ビールがぬるくなるから」とのこと。
ああ、今日は日差しが強いからね。。なるほど。

それがあまりにもストーンヘンジだったので「ストーンヘンジ!ストーンヘンジ!」と騒ぐ私のつっこみには誰も返してくれなくて少し寂しかったです。




ま、そんなわけで
次回もヒッピーキャンプでまったりをお送りいたします。
例のアレですがもちのろんでやってはおりません。
そもそもお金持って行っていないですしね。

それをなんとな〜く会社のだいぶ先輩にそれとなく話したら
「そんなもったいない、GOHOなんだからやっとけばよかったじゃん!」って言われました。
いやそんな勇気はとても。。。



ここにいるだけで十分大冒険です。




後半へ続く。









































[PR]
# by atmeal6 | 2017-10-21 23:24 | | Comments(2)

デンマークへ行こう!その14

a0358016_20123802.jpg







a0358016_20124145.jpg








a0358016_20124508.jpg







a0358016_20124888.jpg






a0358016_20125202.jpg






a0358016_20125769.jpg







a0358016_20130052.jpg






a0358016_20130462.jpg






a0358016_20130732.jpg






a0358016_20131510.jpg






a0358016_20131989.jpg







a0358016_20132224.jpg







a0358016_20132838.jpg






a0358016_20133278.jpg







a0358016_20133626.jpg







a0358016_20134040.jpg





a0358016_20134400.jpg







a0358016_20134817.jpg







a0358016_20135264.jpg







a0358016_20135582.jpg








a0358016_20135834.jpg






a0358016_20140318.jpg





a0358016_20140842.jpg







a0358016_20141112.jpg









a0358016_20141753.jpg








a0358016_20142383.jpg








a0358016_20143046.jpg







a0358016_20143410.jpg







a0358016_20143842.jpg






a0358016_20144125.jpg







a0358016_20144422.jpg







a0358016_20144851.jpg














 本日は朝食後ののんびり時間の過ごし方編です。

食べ終わって片付けて朝の9時くらい、アトリエで撮影をして美術館へ。
美術館のわんちゃん、ラブラドール・レトリバーのミレとコムコムのお迎えを受けます。
この二匹が親子だとは後で知りました、が、確かにミレはだいぶ顔が白髪になっています。
コムコムはなんというか、お腹周りがずいぶん大きくてきみは中年男性か?みたいな体型になっていましたが。


広い敷地と暖炉と芝生にラブラドールはよく似合います。
のんびり庭で過ごす姿はとても自由でラブラドール本来の優しさに溢れています。

やっぱ犬ってこう過ごさせてあげたいよな〜と
犬飼っていないけど日本じゃなかなかこうはいかないよなってしみじみしてました。

昨日お別れ会をしたイギリス絵画教室一行のシーツをお洗濯して乾燥機に入れます。
しかしこの乾燥機が一向に乾かない代物ときた。
このシーツの洗濯と引き換えにみんなが残していった冷蔵庫の中のものや果物をゲット!
ニシンのマリネなんかもあってなかなかいい食材を手に入れることができました。

なんかだんだんと『田舎に泊まろう』と『0円食堂』みたくなって来ていますが、これが正しい旅の仕方のようにも思います。(なぜでしょう)



そして午後は私が一番楽しみにしていたかもしれない冒険へとでかけます!
それはまた次回。。


知らない世界はやっぱり楽しい!
そして美しい
や〜、旅っていいですね〜


























[PR]
# by atmeal6 | 2017-10-19 20:28 | | Comments(0)