お料理王国6

中延や戸越公園方面への旅

a0358016_21445134.jpg





a0358016_21450021.jpg





a0358016_21450667.jpg





a0358016_21451192.jpg





a0358016_21451514.jpg





a0358016_21452029.jpg





a0358016_21452311.jpg






a0358016_21452740.jpg





a0358016_21453030.jpg





a0358016_21453350.jpg






a0358016_21453694.jpg




a0358016_21454064.jpg





a0358016_21454385.jpg




a0358016_21454654.jpg







a0358016_21454933.jpg






a0358016_21455292.jpg






a0358016_21455552.jpg






a0358016_21455836.jpg





a0358016_21460089.jpg






a0358016_21460460.jpg






a0358016_21460693.jpg






a0358016_21460941.jpg





a0358016_21461204.jpg





a0358016_21461795.jpg





a0358016_21462011.jpg




a0358016_21462254.jpg




a0358016_21462543.jpg





a0358016_21462809.jpg





a0358016_21463387.jpg





a0358016_21463729.jpg





a0358016_21464189.jpg





a0358016_21464437.jpg





a0358016_21464838.jpg













家から歩いて1時間くらいの場所って近所って思えるようになったのは東京に来てからです。

だって街並みがおもしろいんだもの!
歩いているのが苦にならない景色の数々、それが東京の魅力だなあって思います。
(田舎だと一時間ずっと田んぼしかない一本道とかですから)

なのでちょうど一時間くらい離れた場所に用事が出来ると嬉々としてカメラを準備し、
東京下町散策ついでの目的地溶着となるのです。


ま、今回は品川区の提供(?)で500円でできる乳がん検診が目的地でしたが。


や〜〜ほんといい道のりでした!

中延、戸越公園、そして戸越銀座!!!
想像以上にすばらしい場所でした。


戸越銀座編はまだまだ続きます。だって戸越なのに銀座なんだもの!
東京は銀座が多すぎです。


ディエゴ・ジャコメッティやアルベルトのことはまた、今度大いに語らせていただきたいと思います。





























[PR]
# by atmeal6 | 2017-08-03 21:54 | 東京のこと | Comments(0)

カマスの塩焼き日々是好日

a0358016_21291666.jpg






a0358016_21292081.jpg






a0358016_21292487.jpg






a0358016_21292870.jpg







a0358016_21293262.jpg






a0358016_21293578.jpg






a0358016_21293899.jpg





a0358016_21294188.jpg






a0358016_21294501.jpg






a0358016_21294890.jpg






a0358016_21295180.jpg






a0358016_21295417.jpg






a0358016_21300254.jpg







a0358016_21300603.jpg






a0358016_21301268.jpg





a0358016_21301678.jpg





a0358016_21302077.jpg





a0358016_21302595.jpg






a0358016_21302973.jpg







a0358016_21303356.jpg





a0358016_21303892.jpg





a0358016_21304126.jpg





a0358016_21304570.jpg





a0358016_21304879.jpg





a0358016_21305298.jpg





a0358016_21305628.jpg








a0358016_21310037.jpg












インフルエンザ、過去にカニエ・ウエストのライブを観に行った数日後にかかったことがあるキリで、久しぶりでした。

あの時はただただ頭がボーっとして大量の汗が出まくって妄想とか幻覚とかでフワフワしてるだけでしたが、
カニエ・ウエストのライブは最高だったことは憶えています。
(インフルで会場へ行ったのではないです、会場でインフルに感染したと思われます)


今回は歳のせいですか?死ぬかと思いましたよ本当にwwww


全身が痛いのなんのって、寝返りすらうてやしねぇってなってました。
熱がどうとか幻覚が鼻水が汗がってのは特になく(体温計を買いましたが36度5分でした)とにかく激痛でうなっていました。

高熱が出ないインフルエンザってしんどい!いやもうタミフル欲しかったです。(なんか持病のせいで別の薬でした)


そんなこんなで激痛の一夜を過ごして憔悴しきった翌日は玄米のお粥と温泉卵で朝からリッチに体力づくりです。
これはほんとおいしかったな〜〜
日常的に食べちゃおうかな〜ってくらいステキ朝ごはんでした。



そしてカマス。
美味しい、けどすっごい淡白。最の高にアッサリ、のうえ身、少なめ。
今後買うことはあるのでしょうか。。。まあ運良く釣れたら美味しくいただきましょうかなって感じです。

あれはいっそバターと塩こしょうとかでソテーして、マヨネとかかけたら結構いけるかもしれないと、
個人的に思いました。









てか
スガキヤ!!!!

あのラーメンが160円で食べられたなんて!
そんなんおかわりしたのに!

まあこれも運命ですわ。。


















[PR]
# by atmeal6 | 2017-08-01 21:43 | 日常 | Comments(0)

横浜ぶらぶら二郎系ラーメン

a0358016_13340866.jpg






a0358016_13341226.jpg






a0358016_13341689.jpg





a0358016_13342026.jpg






a0358016_13342358.jpg





a0358016_13342686.jpg





a0358016_13343298.jpg






a0358016_13343742.jpg




a0358016_13344214.jpg






a0358016_13344721.jpg






a0358016_13345100.jpg







a0358016_13345402.jpg







a0358016_13345766.jpg






a0358016_13350032.jpg






a0358016_13350413.jpg






a0358016_13350850.jpg






a0358016_13351295.jpg






a0358016_13351534.jpg





a0358016_13351820.jpg







a0358016_13352151.jpg






a0358016_13352588.jpg






a0358016_13352834.jpg






a0358016_13353172.jpg







a0358016_13353525.jpg






a0358016_13353868.jpg






a0358016_13354243.jpg






a0358016_13354554.jpg







a0358016_13354931.jpg












会社の近くにラーメン二郎があるのですが、いろいろ知識ばかりが先走ってしまい
こう、なんだか怖くていまだ行けていません。

噂の一人歩きとでもいうのでしょうか、ラーメン屋の中にはこだわりをこじらせすぎてルールがいっぱいあるようなお店が漫画とかになってるんで、そんなお店に入っちゃったらどうしようって、寿司屋にも似た若干の恐怖があります。


や〜〜でもおいしかったなあ二郎系ラーメン。

もう少し背脂こってり天一(下品)っぽくてもいいかなって思いました。
脂っておいしいですもんね、高カロリーってほんと甘い。舌の上でとろけるあの甘さが『カロリー』なんだろうなと分かっちゃいるけれど。。


海辺近くの街はなんだか都会の真ん中とは違うちょっと空間の大き目の時間が流れていますよね。
例えがあいまいですが。

目の前にでかい空間が広がるからでしょうか、ぎゅっと詰め込んでもつまらない気分になるのです。
その大きさと同じくらい自由でもいいんじゃないかと思えるのだからやっぱり
温泉につかったり海を眺めたり、いつもよりでかいものは何かしら偉大です。






















[PR]
# by atmeal6 | 2017-07-30 13:44 | 東京グルメ | Comments(0)

実家の動物たちとマウンテン

a0358016_15501009.jpg






a0358016_15501674.jpg





a0358016_15502114.jpg





a0358016_15502638.jpg





a0358016_15503260.jpg





a0358016_15503776.jpg





a0358016_15504107.jpg





a0358016_15504614.jpg





a0358016_15505170.jpg





a0358016_15510831.jpg





a0358016_15512018.jpg





a0358016_15513252.jpg





a0358016_15513648.jpg





a0358016_15514178.jpg






a0358016_15514789.jpg




a0358016_15515083.jpg





a0358016_15515553.jpg






a0358016_15515924.jpg





a0358016_15520261.jpg






a0358016_15520606.jpg






a0358016_15521069.jpg






a0358016_15521438.jpg






a0358016_15521855.jpg







a0358016_15522604.jpg








名古屋には名古屋人ならみな知っている山がある。

そう『マウンテン』



無事登頂できるかどうかはコース選び次第なので山の難易度は高くはないそう。
ただ上級者コースを選ぶと初心者はまず遭難するそうなのでお気をつけくださいって、わたし山登りしないのでまだ登ったことないんですけどね(テヘ

いつかは登りたいと思いながら両親に先越されてしまいました。
どうもハイキングコースを選んだみたいで無事登頂できたそうなのですが、『大人のお子様ランチ』ってのにしてみたよ〜!って明るくLINEが来た時は、
え、おかん、大丈夫かしら。もしやそれってあれやそれやと画像が来るまでヒヤヒヤしましたが
私の心が汚れてただけでした。


あ、あと我が家の動物たちってタイトルにしておいてなんですが
半分が我が家のじゃなくて地域で活動されている方のお写真でしたこと、お詫び申し上げます。


しっかしいいモフモフだったな〜
あのロマンスグレーの紳士。
家猫なのにまったく触れない人間拒否猫のツルと毛並みが似ていたので親戚の方かもしれないです。

ハリのあるツヤツヤの毛が少なくて、羽毛の内側の部分のようなフワフワな毛だけで構成されていて、雨とか弾くのかなって時々少し心配になったりします。























[PR]
# by atmeal6 | 2017-07-27 21:13 | 名古屋のこと | Comments(0)

愛知県銘菓おこしものを作ろう!

a0358016_10073784.jpg





a0358016_10074221.jpg






a0358016_10074757.jpg






a0358016_10075137.jpg





a0358016_10075678.jpg





a0358016_10080033.jpg






a0358016_10080400.jpg





a0358016_10080827.jpg





a0358016_10081392.jpg





a0358016_10081840.jpg






a0358016_10082581.jpg






a0358016_10083103.jpg







a0358016_10083817.jpg






a0358016_10084355.jpg






a0358016_10084858.jpg







a0358016_10085237.jpg






a0358016_10085671.jpg






a0358016_10090037.jpg








a0358016_10090587.jpg






a0358016_10090987.jpg







a0358016_10091837.jpg







a0358016_10092280.jpg







a0358016_10092635.jpg








a0358016_10093004.jpg






a0358016_10093917.jpg







a0358016_10094694.jpg







a0358016_10095125.jpg







a0358016_10095767.jpg






a0358016_10100120.jpg









Wikipedia《おこしもの》
おこしものは、愛知県で桃の節句に供えられる和菓子の一種。「おこしもん」や「おしもん」、「おこしもち」、「おしもち」とも呼ばれる。
基本的な製法としては、熱湯でこねた米粉を鯛や扇などの木型に入れて成型し、蒸し器で蒸しあげた後に食紅で着色する。または、色生地を別に作っておき、成型時に白生地と一緒に詰め込む調理法もある。
蒸したてのものや餅のように焼いたものを、砂糖醤油などをつけていただく。



いやまったくこの通りなので説明もクソもです。
ウィキさんすごいです。


いつ頃から作られるようになったのかは定かではありませんが、江戸時代末頃の史料には「ヲコシ物」と記述があったりするため、江戸時代にはすでにあったようとのことで、そこそこ歴史ある食べ物のようです。





ひな祭りの前後に作るので、気分的には春が待ち遠しい季節の『期間限定スイーツ』みたいなものです。
しかもこれがまたおいしい!

粗糖と醤油を混ぜたもので食べるのですが、粗糖の荒々しい甘さがおこしものにはとてもよく合います。
ちなみに実家ではおこしもの、なんて上品に呼ばずに『おこしもん作ろまい』みたいな感じで読んでいます(これは三河弁)。

押し型が盗まれてしまったことはショックですが、おじいちゃんの名前が裏に焼印で入っているので、探そうと思えば探せるのかもしれません。がしかし争いは避ける我が一家。
まあ新しいの買おうってことで。でもなんかあの永年使いこんだ押し型の手になじむ感じがないのは悲しいですね。

昭和初期に造られたと思う押し型はすっかり角が取れて丸みを帯びたいい状態だったんですよね。

新しい型を見つけたら買って帰ろうと思うのですが、やっぱり東京には売っていません。

でもふと見かけた和三盆の型なんかに恋しちゃったりしてしまいます。
かわいくてもう。




















[PR]
# by atmeal6 | 2017-07-26 10:24 | 料理作り・レシピ | Comments(0)