お料理王国6

<   2017年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

デンマークへ行こう!その17

a0358016_20325929.jpg





a0358016_20330492.jpg





a0358016_20331090.jpg



a0358016_20331324.jpg




a0358016_20331579.jpg



a0358016_20331837.jpg




a0358016_20332182.jpg





a0358016_20332487.jpg





a0358016_20333000.jpg





a0358016_20333297.jpg




a0358016_20333569.jpg




a0358016_20333841.jpg




a0358016_20334134.jpg




a0358016_20334314.jpg




a0358016_20334676.jpg




a0358016_20334895.jpg






a0358016_20335151.jpg





a0358016_20335419.jpg





a0358016_20335642.jpg





a0358016_20335902.jpg





a0358016_20340160.jpg






a0358016_20340412.jpg





a0358016_20340735.jpg





a0358016_20341001.jpg






a0358016_20341410.jpg





a0358016_20341760.jpg






a0358016_20342177.jpg






a0358016_20342403.jpg






a0358016_20342805.jpg






a0358016_20343220.jpg





a0358016_20343779.jpg






a0358016_20344310.jpg





a0358016_20344887.jpg






a0358016_20345118.jpg






a0358016_20345553.jpg





a0358016_20345839.jpg






a0358016_20350235.jpg







a0358016_20350569.jpg






a0358016_20350927.jpg






a0358016_20351213.jpg






a0358016_20351665.jpg






a0358016_20351902.jpg







a0358016_20352218.jpg






a0358016_20352510.jpg






a0358016_20352851.jpg










ヒッピーキャンプから帰ってきて、ランチを食べた後はみんなで美術館を見に行きます。
毎日美術館にいるのになんでわざわざ?と思うかもしれませんが
いつも同じ展示をしているわけではないので、今日作品を引き取りに来るアーティストの作品を、じゃあみんあで見ておこう的な軽いノリでわんこも一緒です。

まあここへ来てから重いノリなんて一度もないですが。

時々デボラが放つ重いジョークはほんとうに重量級だったようですが、それもココの軽い空気に飛ばされていったことでしょう。(たぶん)

こんな作品でも美術館に飾れるの?と思うような(失礼)作品から、やーすごいねー!って作品まで
多種多様な作品が一堂に会していてとても楽しいです。


こんなステキ極まりない美術館に作品を飾れたらなー
妄想は膨らむワケです。




この美術館、実はとっても興味深い美術館でもあります。

オーナーはジョンとハロルドと言うゲイカップル。
個人が建てた美術館なのでこんなにもゆるいノリなのですね。


ゲイカップルの美術館と言うのもまたミソでして
ゲストハウスにはゲイ、バイ、ビアンのカップルが集まる、ま、なんというか今流行りの言葉で言えば
LGBTの聖地とでも言うのでしょうか。



そうなのです。



むしろノンケが少ない場所なのですよ。
行くまで知らなかったけど。
言ってくれよ。



なので私が到着したときは「セイカのパートナーなんでしょう?」ってな質問もあり、何かよくその意味がわからない私。
最初から知っていたらその設定で行こうと思ったのにって何気なくせいかちんに行ったら猛反対にあいました。
え〜その方がおもしろいのに〜、ってのは、私の純粋な好奇心と遊び心です。


そう、ココは本当に自由な場所だった!

誰もそういう性であることを隠さないしむしろオープンだし
人物紹介が「あの人はゲイであれが彼氏で、彼女はレズビアンで彼女が彼女で、あ、彼はノーマル、で嫁さんがベジタリアンで」などなど。
覚えきれないので後でまとめて送ってほしいその情報!ってなります。


驚くほどに生きやすい場所でした。
呼吸がとても楽なのです、日本にいるときよりもずっと。
タトゥーだってLGBTだって日本では憚れることばかり。
それがココでは本当に当たり前で普通でとても息がしやすいのです。



ま、それはさておき、
部屋の見取り図はこんなかんじです。

部屋も部屋でとても素敵だったな〜〜〜〜

謎の棺桶も開けてみたかったな〜〜〜



デンマークはほんとうに、
すてきだった。





























[PR]
by atmeal6 | 2017-10-29 20:58 | | Comments(0)

デンマークへ行こう!その16

a0358016_18193483.jpg






a0358016_18193872.jpg







a0358016_18194149.jpg







a0358016_18194476.jpg






a0358016_18194867.jpg






a0358016_18195280.jpg





a0358016_18195532.jpg






a0358016_18195925.jpg






a0358016_18200217.jpg







a0358016_18200651.jpg






a0358016_18201018.jpg





a0358016_18201491.jpg






a0358016_18201700.jpg






a0358016_18202042.jpg






a0358016_18202477.jpg






a0358016_18204359.jpg






a0358016_18205507.jpg







a0358016_18205868.jpg






a0358016_18210278.jpg






a0358016_18210687.jpg







a0358016_18211224.jpg







a0358016_18211996.jpg







a0358016_18212375.jpg






a0358016_18212761.jpg







a0358016_18213000.jpg





a0358016_18213499.jpg







a0358016_18214094.jpg






a0358016_18214471.jpg







a0358016_18214813.jpg







a0358016_18215208.jpg






a0358016_18215747.jpg






a0358016_18220257.jpg






a0358016_18220691.jpg







a0358016_18221051.jpg






a0358016_18221436.jpg








a0358016_18221824.jpg







a0358016_18222186.jpg











デンマークはコペンハーゲンから飛行機で一時間、オールボー空港からバスで1時間半、フォーストプバス停から徒歩で多めにみて1時間半としておきますか、ヒッピーキャンプ後編です。


せいかちんの知り合いのイケメンおじさまヴァウンさんのお宅拝見のあとは庭でまったり。

裏の雑草…もとい、畑で摘んだたくましく太いミントをちぎって熱湯に浸しただけのミントティーをいただきます。

コップはその辺から掘り起こしてパパッと埃を払っただけ、微妙にミントティーの中に何かが漂っていますがそれはデンマークの成分として受け入れます。

家の裏から摘んできたミント、物の山から掘り起こしたコップ、蜘蛛の巣付き。
ああ、ヒッピーだなあとしみじみしているところで普通にティファール的な湯沸かし器でお湯を沸かすこのギャップ。
あ、お湯はそれなんだ、みたいな。


しかしこのミントティーの美味しさったらなかったです。
ミントだけなのに!お湯なのに!もうあの爽やかなお口スッキリがMAXなのは言うまでもないのですが、プラス甘みやミントの複雑な味が舌の上で踊るこの飲み物は一体!?ってなりました。や、ミントティーなんですけど。


それから例のやぐら?登りです。

これがなかなかの代物で、中二階にはマットレスがあり、ここでお昼寝なんかもできるステキな空間になっています。
そして屋上には空とヒッピーキャンプの隣の土地が見渡せるスカイビューソファー席が常設。
雨の降った次の日にはお尻に水が染み込みそうですが、ここから見渡す何もない風景とお隣さんちは格別です。



お隣さんちにはお客さんがみえていたようで、日本人女性(というかアジア人女性)が珍しいのかスマフォで動画を撮られている模様。撮り返してあげればよかった。

ヴァウンさんはとてもいい人で、なんというかまったりのんびり時間が流れている人でした。


美術館に帰るとちょうどランチでして、またしてもお相伴預かります。そう、まいどのタダ飯です。
最初はこれでお腹がいっぱいになるの?と不安でいっぱいだったベジ飯でしたが、馴れてくるとこれがなかなかハマるのです。
体が求めてた優しい味とでも言うのでしょうか。



日本に帰った今も基本はベシ飯です。正しくは朝と昼はベジタリアンで夜は肉食に戻ります。
肉食に戻る代わりに炭水化物はお昼まで、という私ルールになっております。(※但し外食には適応されません)

むしろ外食に出るときは日頃の何かを払拭させるかのように肉を求める私がいます。





しっかし黒パンがどこにも売ってないよう(泣)
























[PR]
by atmeal6 | 2017-10-25 18:40 | | Comments(0)

デンマークへ行こう!その15

a0358016_22571362.jpg





a0358016_22571634.jpg





a0358016_22572045.jpg






a0358016_22572429.jpg






a0358016_22572760.jpg





a0358016_22573174.jpg





a0358016_22573511.jpg






a0358016_22573882.jpg





a0358016_22574266.jpg





a0358016_22574615.jpg






a0358016_22574920.jpg






a0358016_22575145.jpg





a0358016_22575649.jpg





a0358016_22575920.jpg







a0358016_22580439.jpg





a0358016_22580798.jpg






a0358016_22581227.jpg






a0358016_22581502.jpg






a0358016_22581879.jpg







a0358016_22582405.jpg






a0358016_22582775.jpg







a0358016_22583146.jpg






a0358016_22583544.jpg







a0358016_22583851.jpg







a0358016_22584273.jpg







a0358016_22584528.jpg







a0358016_22584877.jpg







a0358016_22585166.jpg







a0358016_22585550.jpg







a0358016_22585867.jpg







a0358016_22590294.jpg





a0358016_22590593.jpg







a0358016_22590962.jpg







a0358016_22591297.jpg







a0358016_22591641.jpg







a0358016_22591996.jpg








a0358016_22592387.jpg






a0358016_22592608.jpg














冒険の旅、それは森の中を突き進んだ先にある『ヒッピーキャンプ』でした。

デンマークが公認しているヒッピーキャンプはココだけではないみたいですが、
公認ヒッピーキャンプはヒッピーキャンプだけあって例のアレが合法なのです、GOHO。

最近ラーメン屋でありましたね、そんなニュースが。
お客さんがニオイに気がついたとかで、むしろその客はなぜそのニオイを知っているんだと噂になった例のアレです。


道なき道を進んだ先にあるその場所はまず入り口に撮影禁止と人間やめちゃう系のお薬はダメ、絶対。の看板があり、
その看板からすぐの場所にバーがあり、このキャンプの住人たちがたむろする広場となっております。

ちなみにココは人気の観光スポットなのだそうで、見学は誰でも自由ですが
撮影は禁止です。


もちろん撮影する相手やその住人が撮っていいと言ったものや場所は撮っていいのですが
それが微妙にどこまでなのか分からずでなかなか緊張しました。
なんか突撃取材のカメラマン気分です。


とりあえずぜっかくなので、まずこの広場にいたおじいさんと思われる人と会話を試みます。
例のアレ片手のに昔軍隊にいてどーのこーのと話す出すおじいさんと思われる方におもむろに俺の年齢はいくつだと思う?と聞かれる私。
「well.....フィフティセブン!」

思いっきりお世辞で若く言ったつもりでした。
その方は顔をしかめて「53だっつーの!俺は!」って言われました。英語で。
ええ。。。
なんかすんません。。。


そんなこんなしてたらビールを飲むかい?って隣にいた男性の誘いをラッキーと快く受け取りビールを飲みながら
見た目はおじいさん・中身は53歳の方の過去をさぐったりさぐらなかったり、午後のひとときをダラダラと過ごします。

ビールを机の上に置くとその二人がビール瓶のまわりをレンガで囲んできます。
なぜそんなことをするのかと聞くと「ビールがぬるくなるから」とのこと。
ああ、今日は日差しが強いからね。。なるほど。

それがあまりにもストーンヘンジだったので「ストーンヘンジ!ストーンヘンジ!」と騒ぐ私のつっこみには誰も返してくれなくて少し寂しかったです。




ま、そんなわけで
次回もヒッピーキャンプでまったりをお送りいたします。
例のアレですがもちのろんでやってはおりません。
そもそもお金持って行っていないですしね。

それをなんとな〜く会社のだいぶ先輩にそれとなく話したら
「そんなもったいない、GOHOなんだからやっとけばよかったじゃん!」って言われました。
いやそんな勇気はとても。。。



ここにいるだけで十分大冒険です。




後半へ続く。









































[PR]
by atmeal6 | 2017-10-21 23:24 | | Comments(2)

デンマークへ行こう!その14

a0358016_20123802.jpg







a0358016_20124145.jpg








a0358016_20124508.jpg







a0358016_20124888.jpg






a0358016_20125202.jpg






a0358016_20125769.jpg







a0358016_20130052.jpg






a0358016_20130462.jpg






a0358016_20130732.jpg






a0358016_20131510.jpg






a0358016_20131989.jpg







a0358016_20132224.jpg







a0358016_20132838.jpg






a0358016_20133278.jpg







a0358016_20133626.jpg







a0358016_20134040.jpg





a0358016_20134400.jpg







a0358016_20134817.jpg







a0358016_20135264.jpg







a0358016_20135582.jpg








a0358016_20135834.jpg






a0358016_20140318.jpg





a0358016_20140842.jpg







a0358016_20141112.jpg









a0358016_20141753.jpg








a0358016_20142383.jpg








a0358016_20143046.jpg







a0358016_20143410.jpg







a0358016_20143842.jpg






a0358016_20144125.jpg







a0358016_20144422.jpg







a0358016_20144851.jpg














 本日は朝食後ののんびり時間の過ごし方編です。

食べ終わって片付けて朝の9時くらい、アトリエで撮影をして美術館へ。
美術館のわんちゃん、ラブラドール・レトリバーのミレとコムコムのお迎えを受けます。
この二匹が親子だとは後で知りました、が、確かにミレはだいぶ顔が白髪になっています。
コムコムはなんというか、お腹周りがずいぶん大きくてきみは中年男性か?みたいな体型になっていましたが。


広い敷地と暖炉と芝生にラブラドールはよく似合います。
のんびり庭で過ごす姿はとても自由でラブラドール本来の優しさに溢れています。

やっぱ犬ってこう過ごさせてあげたいよな〜と
犬飼っていないけど日本じゃなかなかこうはいかないよなってしみじみしてました。

昨日お別れ会をしたイギリス絵画教室一行のシーツをお洗濯して乾燥機に入れます。
しかしこの乾燥機が一向に乾かない代物ときた。
このシーツの洗濯と引き換えにみんなが残していった冷蔵庫の中のものや果物をゲット!
ニシンのマリネなんかもあってなかなかいい食材を手に入れることができました。

なんかだんだんと『田舎に泊まろう』と『0円食堂』みたくなって来ていますが、これが正しい旅の仕方のようにも思います。(なぜでしょう)



そして午後は私が一番楽しみにしていたかもしれない冒険へとでかけます!
それはまた次回。。


知らない世界はやっぱり楽しい!
そして美しい
や〜、旅っていいですね〜


























[PR]
by atmeal6 | 2017-10-19 20:28 | | Comments(0)

デンマークへ行こう!その13

a0358016_21383514.jpg






a0358016_21384339.jpg






a0358016_21385136.jpg






a0358016_21385664.jpg




a0358016_21390092.jpg




a0358016_21390405.jpg





a0358016_21390713.jpg






a0358016_21391189.jpg





a0358016_21391510.jpg






a0358016_21391893.jpg





a0358016_21392261.jpg






a0358016_21392626.jpg






a0358016_21393042.jpg






a0358016_21393371.jpg






a0358016_21393781.jpg





a0358016_21394043.jpg





a0358016_21394472.jpg





a0358016_21394754.jpg







a0358016_21395042.jpg





a0358016_21395404.jpg






a0358016_21395855.jpg





a0358016_21400117.jpg




a0358016_21400534.jpg






a0358016_21400953.jpg







a0358016_21401363.jpg





a0358016_21401681.jpg






a0358016_21401916.jpg






a0358016_21402245.jpg








a0358016_21402676.jpg






a0358016_21402938.jpg






a0358016_21403248.jpg







a0358016_21403512.jpg






a0358016_21403978.jpg






a0358016_21404220.jpg






a0358016_21404591.jpg






a0358016_21404882.jpg






a0358016_21405174.jpg






a0358016_21405498.jpg






a0358016_21405788.jpg














ひさしぶりの肉ですよ〜〜〜!!!

前の日にスーパーで買ったものです。
肉の塊にも惹かれましたが、ドイツも近いですしソーセージおいしいんじゃないかと思ってつい。
でも冷凍のものじゃあないんだかな〜ってので、生のソーセージ、ぶっといのを購入。


もーーーーーおいしかった!!!
ジューシー!一言で言えば。
軟骨みたいなものやハーブみたいなものも入っていて頰張るごとに肉の旨味と脂の甘みが口いっぱいに広がり
至福とはこの瞬間にあるのかと。

たった1日の肉との別離でしたがいや〜〜〜、わたしは肉食人種です。
野菜ももちろんおいしい、野菜もととても大好きですし、レシピ的には野菜料理レシピの方が得意だったりもしますが
肉。。。


これはもう素材そのものが人間的欲求です。

朝ごはんだけでこの騒ぎです。


そしてデンマークは水道水が驚くべきおいしさで、
とにかく水道水をがぶ飲みしていました。

甘露とはこれいかに、です。





























[PR]
by atmeal6 | 2017-10-16 21:48 | | Comments(0)

デンマークへ行こう!その12

a0358016_20373953.jpg







a0358016_20374311.jpg






a0358016_20375100.jpg






a0358016_20375464.jpg






a0358016_20375815.jpg




a0358016_20382819.jpg






a0358016_20383212.jpg




a0358016_20383612.jpg





a0358016_20384093.jpg





a0358016_20384478.jpg





a0358016_20384789.jpg






a0358016_20385009.jpg








a0358016_20385340.jpg








a0358016_20385709.jpg







a0358016_20385999.jpg







a0358016_20390358.jpg




ここは『フロムトーキョー』でしたね。。。。



a0358016_20390660.jpg






a0358016_20390985.jpg






a0358016_20391175.jpg






a0358016_20391555.jpg






a0358016_20392036.jpg






a0358016_20392453.jpg






a0358016_20392712.jpg






a0358016_20393122.jpg





a0358016_20393514.jpg






a0358016_20393952.jpg










a0358016_20394560.jpg






a0358016_20394860.jpg




a0358016_20395108.jpg






a0358016_20395551.jpg









さてさてやっとお楽しみのディナーの時間です!

イギリスのお料理ってどうなんでしょうか!

今回はロシア人のナタリア率いるイギリスの絵画教室の集まりとその旦那さんなどのメンバーが
明日ここを発つとのことでのさよならパーティーでした。

わたしは昨日の夜にここについたのでほぼ初対面のみなさんとディナーと共にしていることになります。
さよなら会なのに良かったかな?
楽しかったから、まあいっか!


車椅子のヤンカさんがモザイクタイル作家さんだとのことで
やはりココには芸術家たちが集まる夢のような場所でした。

近所のギャラリーのオーナーが所在なくうろうろしているのは笑えますが(笑っちゃいかん)


さて!タラのシチュー!いただきま〜す。

。。。。。



ん。。。。?


そうそう私、ナゴヤ出身なんで濃い味が大好きで味噌汁は赤味噌じゃなきゃダメなタイプだからかもです


大変に透明感のあるお味で



あ、焼きアスパラ!これあのスーパーのよね!いただきま〜す!


。。。。。。。



あ〜〜〜そういうことか〜〜〜〜〜〜〜〜
そういうことなんですね〜〜〜〜〜〜
素材の味を楽しむタイプですね。
若干火が通り過ぎて素材の味も飛んでいるような、、、あ!
胃に優しく食べやすくなっている系ですね。




関西出身の方なら大変美味なお料理だったのでは。



いや、
いやいやいや、
塩胡椒はちゃんとしようよ!基本の出汁は?何も入れてない??おう脳。


まあそれはさて置き(料理の味となるとなかなか置ききれないですが)
とてもたのしいディナーでした、これは本当!もうみんな優しいんですもん。





このときの様子はまたしてもYouTubeにアップいたしましたので
よろしかったらどうぞご覧下さい。












せいかちんの作った茄子の生姜焼きがこの日のディナーで一番おいしかったのはここだけの秘密。




















[PR]
by atmeal6 | 2017-10-11 20:55 | | Comments(0)

デンマークへ行こう!その11

a0358016_16042439.jpg







a0358016_16042764.jpg






a0358016_16043142.jpg







a0358016_16043457.jpg







a0358016_16043759.jpg







a0358016_16044100.jpg





a0358016_16044497.jpg








a0358016_16044736.jpg









a0358016_16045183.jpg








a0358016_16045456.jpg








a0358016_16045767.jpg











a0358016_16050138.jpg









a0358016_16050433.jpg








a0358016_16050798.jpg








a0358016_16051109.jpg







a0358016_16212138.jpg









a0358016_16051781.jpg









a0358016_16052049.jpg







a0358016_16052419.jpg







a0358016_16052753.jpg









a0358016_16053059.jpg








a0358016_16053297.jpg








a0358016_16053584.jpg









a0358016_16053946.jpg








a0358016_16054192.jpg









a0358016_16054573.jpg








a0358016_16054788.jpg







a0358016_16055173.jpg









a0358016_16055563.jpg








a0358016_16055811.jpg








a0358016_16060969.jpg









a0358016_16061206.jpg






a0358016_16061559.jpg







a0358016_16061807.jpg








a0358016_16062056.jpg









a0358016_16062347.jpg






a0358016_16062735.jpg













お料理作りはほんとうに楽しいです。

それがこんなにキッチンが広くて調理器具も揃っていると更に気分は盛り上がります。

隣はなにを作ってるのかな。な〜んて鍋をチラ見。白身魚はなにかな?そんな顔をしていたら
「これはタラの身だよ、今日はタラのシチューを作るよ」と軽快なイギリス英語で答えてくれます。
タラのシチュー!

手元のレシピを見せてもらいました。
英語なのでなんとな〜く読めるのが嬉しいですね。

泊っている部屋にスープの本があるのですが、全デンマーク語なので何もかもが分かりゃしないんです。
おお、知らないマークのついたローマ字が、、、やたら小さい丸をつけたがるかわいい文字ですがちんぷんがかんぷんです。


賑やかな料理作りはいいのですがもうすっかり夜の8時とかになってしまいました。
ほんと夜が来ないってすごい。
いや、来てるんですけどね。
闇が来ないってすごいと言うべきかしら。

部屋の電気は寝る前につけたりはしましたが、
外を移動する時に電気(懐中電灯的なもの)を必要とすることが一度もなかったです。
移動を必要とするような時間、例えば夜の11時くらいまでなら全然まわりが見えるくらい明るいです。
あ、一回だけ2時近くまでおしゃべりして二階に移動する時にロウソクを灯しましたけど。

そう、移動の時はロウソク。

昔のヨーロッパあたりの映画を見ていると出てくる取っ手のついた燭台を持ってゆっくり火が消えないように移動するのです。

あ〜これ嵐が丘のあのシーンのようだわ。なんて思いながら。。。。




せいかちんのデンマークでの個展は私の帰国後だったので見れなかったのです。

途中経過ですが、なかなかステキな作品でしょう?
繊細で色が絶妙で。

個展の様子は何度か写真をお願いしたのですがまだ見れていません(笑
いつか見せてくださいね、せいかちん。






















[PR]
by atmeal6 | 2017-10-06 16:18 | | Comments(4)

デンマークへ行こう!その10

a0358016_21572251.jpg








a0358016_21361172.jpg






a0358016_21361630.jpg






a0358016_21362366.jpg





a0358016_21362656.jpg






a0358016_21363022.jpg





a0358016_21363529.jpg






a0358016_21363993.jpg





a0358016_21364380.jpg




a0358016_21364706.jpg





a0358016_21365003.jpg






a0358016_21365494.jpg






a0358016_21365958.jpg





a0358016_21370588.jpg






a0358016_21370973.jpg





a0358016_21371298.jpg






a0358016_21371703.jpg






a0358016_21372170.jpg







a0358016_21372494.jpg






a0358016_21372838.jpg






a0358016_21373286.jpg







a0358016_21373531.jpg








a0358016_21374065.jpg









a0358016_21374339.jpg








a0358016_21374719.jpg







a0358016_21375091.jpg







a0358016_21375398.jpg







a0358016_21375694.jpg







a0358016_21375997.jpg








a0358016_21380312.jpg











そうそう、美術館の敷地内に木こりのアーティストさんがいるそうで、それであの薪小屋があって
いつでもマキをゲットできてたので気づかなかったのですがそうですよね

みんなはスーパーマーケットとかで買うんですよね。

家に木こりとか普通いないですもんね。


そう考えるとなんだかどんどんと私は謎の美術館に迷い込んでしまったんじゃないかと言うような気がしてきます。

ま、せいかちんと行く旅が普通なワケがあるハズもないからむしろこっちが普通なのかもしれません。
普通の旅の定義もよくわからないですけど、ホテルに泊まって観光地行って?フォトジェニクな写真を撮るとかですかね。。
市内観光に申し込んだりホテルのプライベートビートで泳いだり。。。

うん、それも素敵ですね。
夜、ケチャックダンスとか見ながらトロピカルカクテルとか飲みたいですもん。
豚の丸焼きほどこされたいですもん。
朝、なんか和食もあるブッフェ形式のホテルごはんとか食べてみたいですもん。
設定がバリ島になってます。



それはそれです。

この旅はまたひと味もふた味も違う、もっと精神の根本を揺るがすようなものとなりました。
大きく出た。
この場所がそうさせたのかもしれませんが、これからどんどんとスピリチュアル()的なことにもなって行くんですよこれがまた。


でも牛とか馬とか大型犬とか大動物がいれば大抵どんな旅でも最高になってしまうのが私のいいところ。
そう、家の前が牧場だったのです。


どうりでなんか牛糞臭いなとついた日から思っていました。
せいかちんは「え、全然臭わないよ」って言っていたので慣れちゃったんだと思います。


そして私も帰国前にはすっかり牛糞の匂いがしなくなっていたので
数日でやはり慣れちゃったんだと思います。



服は一回も洗濯できなかったからなあ〜
日本行きの飛行機の中、若干牛糞くさい女性がいたなと思ったらたぶんそれ私です。


















[PR]
by atmeal6 | 2017-10-04 21:55 | Comments(0)

デンマークへ行こう!その9

a0358016_12055288.jpg





a0358016_12055712.jpg





a0358016_12060131.jpg






a0358016_12060577.jpg





a0358016_12060893.jpg






a0358016_12061158.jpg






a0358016_12061435.jpg







a0358016_12061706.jpg






a0358016_12062065.jpg







a0358016_12062355.jpg






a0358016_12062682.jpg





a0358016_12063075.jpg






a0358016_12063428.jpg





a0358016_12063820.jpg






a0358016_12064210.jpg







a0358016_12064530.jpg







a0358016_12064957.jpg






a0358016_12065240.jpg






a0358016_12065558.jpg






a0358016_12070150.jpg







a0358016_12070456.jpg






a0358016_12070652.jpg







a0358016_12071017.jpg







a0358016_12071399.jpg






a0358016_12071744.jpg







a0358016_12072054.jpg






a0358016_12072356.jpg





a0358016_12072825.jpg







a0358016_12073116.jpg






a0358016_12073477.jpg






a0358016_12073811.jpg






a0358016_12074165.jpg






a0358016_12074315.jpg







a0358016_12074674.jpg










なにがすごいって、ランチをしたテラスが他人の家のテラスだし
その家の持ち主は旅行でいないっていうし
何よりランチで使ったお皿がそのテラスの持ち主のお皿なので
「さ、みんなで洗いましょう、中入って!」って流れになるのが不思議。

家主、旅行中なのに。。

いわゆる出かけるときも鍵かけない田舎のなんとかの数倍上を行く、
すべての人がすべての人の家のものをなんとなく共有財産として使っているし
それを不審に思う人もいないっていうこの信頼度の高さって言えばいいのか細かいことにこだわらなさすぎって言えばいいのかなんなのか。。


私たちの泊まっている奥のゲストハウスも玄関には鍵がないためいつでも誰でもウェルカム状態になっています。
おまけに各部屋にも鍵はないw

そう、「ちょっとアレかしてよ」ってデボラが入って来たりするんです。
風呂上がりとかに。


もちろんパスポートやお財布などの貴重品も部屋に置きっぱ。誰でもいつでも盗める状態なのですが
そもそも盗もうと発想する人がいないって途中で気づきました。

最初こそは出かける時に「パスポートとか持ってったほうがいい?」「スーツケース鍵かけたほうがいい?」なんてせいかちんに聞いてましたが
「え、なにもしなくていいよ。置いてっていいよ。盗る人なんていないよ」とアッサリ。


でもほんとうにそうだった。
そんな心配は皆無で。

まあわたしたちは日本人だから特に盗んだりはしないけれど…、とかそういうの全く関係なく

イギリスからきた人たちもオーストラリアから来たパーティーもスイスから来たコもみんな
鍵がないことに疑問も抱かず盗む盗まれるなんて少しも思わず過ごしている。

これだとなんだか私が一番疑り深い人間になったかのようで。
だいぶ反省。




そして野鳥観察!
ね!
や〜すばらしいかなこの大自然。
あのバズーカみたいなレンズがあればな。

うっすら遠く彼方に白鳥が見えた!ような気がしたら葦の原にスッと入って行っちゃって出てこず。
でもあの野鳥観察場の雰囲気はとてもステキでした。

バズーカレンズ持ってたら一日中観察してたかも。

ただただ自然が美しい、そればかりがひたすら目立つデンマークの旅はまだまだ序盤です。





















[PR]
by atmeal6 | 2017-10-01 12:24 | | Comments(2)