お料理王国6

カテゴリ:料理作り・レシピ( 56 )

ハゼ釣りに行く破壊神

a0358016_09435209.jpg


a0358016_09440128.jpg



a0358016_09440687.jpg


a0358016_09441114.jpg
a0358016_09441818.jpg



a0358016_09442669.jpg



a0358016_09443933.jpg



a0358016_09445191.jpg



a0358016_09445884.jpg

a0358016_09451117.jpg


a0358016_09452090.jpg

a0358016_09453028.jpg


a0358016_09453634.jpg



a0358016_09454329.jpg


a0358016_09455286.jpg


a0358016_09460241.jpg
a0358016_09460991.jpg


a0358016_09461559.jpg


a0358016_09462107.jpg


a0358016_09462942.jpg


a0358016_09463773.jpg


a0358016_09465091.jpg


a0358016_09465886.jpg


a0358016_09470443.jpg


a0358016_09471376.jpg


a0358016_09472209.jpg


a0358016_09472717.jpg






最近めっきりハゼが釣れなくなってきました。型は大きいんですけどね、奥にもぐってしまったか。
しっかし釣りに行ける日々っていいですね、もっとこう大きなものが釣りたい欲も出てきてしまいます。


そしてほんとうによく物を壊した壊れた初夏から夏でした。
写真に写ってるビールグラスも割れましたしね。パソコン(Mac)は正確には5台ですね、うち2台は原因不明の故障でマザーボードを入れ替えるなど大規模な修理を終えて帰ってきたのにも関わらず、一ヶ月もたたずマザーボードが壊れるという。。。代替え機を用意したら代替え機が壊れるとかそんなありさま。

社内では最初こそ「また壊したんですか?(笑)」で済んでいたのですが、だんだんと「何かパソコンで変なことしてない?」と疑惑の目をむけられたり、「俺のパソコンに触るなよ」みたいに危険物がられたりしてました。

修理が終わって壊れた箇所を見てみれば私由来の成分ではなくてほっとひと安心。

撮影照明の電球は外そうと手を伸ばしたらパリンと粉々になり『中二病が出すという伝説の黒い龍』でもついに出たのかの騒ぎです私の中で。

リールのときは怖かったです。釣ろうとしたら一個目が壊れ、へっへっへ替えがあるんだよ〜と竿に二個目をつけて釣ろうとしたらパリンって。しかもなぜ同じ場所が壊れる。。その時に足元の岩が崩れて貝殻で手のひらをスパスパ斬ってしまい大流血。ちょうどお盆だったので、お墓まいりにいかなかった祟りかと思いました。

行こうと思ったお店が行こうとした日に閉店や休業はまあ、オマケみたいな話です。
友達の出産祝いを表参道ヒルズの地下2階のベビーショップで買おうと決めて行こうとしたらちょうどそこの地下2階で自殺があったのには驚きました。
上司に話してやっぱ縁起悪いからと同じ店が東京にないか探したら六本木にあったので、日を改めて六本木行こうとしたら鉄パイプ事件の日でした。まあ、これは場所も離れているし偶然の産物ですがやたら続くと怖いものです。



しかしそれが日も短くなり始め秋の気配がしだした頃からすっとなくなり、なにも壊れなくなり、思い過ごしの偶然も起きなくなり、なんだかようやく破壊神の収束宣言ができそうです。

今思い出してみれば物が壊れる前には必ず大きな凹みがあり、大きな怒りがあったタイミングでした。この恨みはらさでおくべきか、パリーン!みたいなw

そんな私をみた上司が「うちの姉もそういう人でよく電化製品壊してた」と言ってくれたのも救いでした。
若干超常現象みたいな話ですし理解されない悲しさもありましたし。しかしなんでしょうね?静電気MAX説が有力な気がします。『動物のお医者さん』にもそんなシーンありませんでしたっけ。





詳しい方がいましたらぜび教えてほしいものです。























[PR]
by atmeal6 | 2016-10-28 10:13 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

大根おろしアートでハロウィン!食べる編

a0358016_09415997.jpg




a0358016_09420717.jpg
a0358016_09474960.jpg


a0358016_09475654.jpg


a0358016_09480102.jpg



a0358016_09480813.jpg


a0358016_09481360.jpg



a0358016_09481955.jpg




a0358016_09482457.jpg



a0358016_09482980.jpg


a0358016_09484378.jpg


a0358016_09485431.jpg


a0358016_09490022.jpg



a0358016_09490749.jpg
a0358016_09491397.jpg


a0358016_09491984.jpg



a0358016_09494813.jpg



a0358016_09495397.jpg



a0358016_09495882.jpg


a0358016_09500329.jpg


a0358016_09500972.jpg



a0358016_09501546.jpg



a0358016_09502104.jpg


a0358016_09502734.jpg


a0358016_09503432.jpg


a0358016_09504106.jpg



a0358016_09504930.jpg


a0358016_09505529.jpg


a0358016_09510155.jpg



a0358016_09510709.jpg



a0358016_09511586.jpg



a0358016_09513873.jpg


a0358016_09514337.jpg



a0358016_09514961.jpg



a0358016_09515647.jpg





a0358016_09520186.jpg







大根おろしアート、名古屋弁で言うなら『でゃーこんおろしアート』ですね。
作った方ならわかると思うのですが食べる時アートたちと目が合います。
キャラ弁もきっとそうなのでしょうが食べづらいことこの上ないです。
そう思うとたい焼きってすごいですね。
もう日本の文化ですから、頭から食べるか尻尾から食べるかの論争までできてしまいます。

これあれなんだろうなあ、クジラで作ったら叩かれるんだろうな。英語圏から。
ま、ハロウィンなんで多少血なまぐさい演出もいいかと思います。
死者を弔い悪を打つ!ハロウィン時代活劇を料理で再現。いいですね〜、でもやっぱり蒲田くんつくりたいです。





実家のママ上さまから『蒲田くん作ったよ〜』とLINEきました。


これです。










a0358016_10092526.jpg










画伯にはかないません。















[PR]
by atmeal6 | 2016-10-26 10:10 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

大根おろしアートでハロウィン!

a0358016_09445898.jpg



a0358016_09450579.jpg



a0358016_09451759.jpg


a0358016_09452593.jpg


a0358016_09453198.jpg

a0358016_09453711.jpg



a0358016_09454245.jpg

a0358016_09455012.jpg


a0358016_09455757.jpg


a0358016_09460473.jpg



a0358016_09461529.jpg


a0358016_09462235.jpg


a0358016_09462794.jpg


a0358016_09463414.jpg


a0358016_09464850.jpg


a0358016_09470260.jpg


a0358016_09470826.jpg


a0358016_09472623.jpg


a0358016_09473336.jpg


a0358016_09473934.jpg


a0358016_09474533.jpg


a0358016_09475136.jpg


a0358016_09475624.jpg








大根おろしアートしっくりくるわー
大根おろしが手になじむなじむ。ピザの苦労はどこ吹く風です。
しかし最近大根おろしいじってると手がチクチク痛むんですよね、汁が染みてるのかしら何かしら。
大根おろしいじりすぎてアレルギーとかなってたら『蕎麦好きが高じて蕎麦打ちから始めたらそば粉の過剰摂取で蕎麦アレルギー』みたいで落語みたいです。

さてさてハロウィン大根おろしアートですが、なんだか大根おろしはわかるのですが(わかると言うかそのものですが)、アート!アートですかーってこう、しっくりこない響きと言うか仰々しいなと。
キャラクター弁当は『キャラ弁』なのにね。
ハイパー大根おろしアートクリエイター()みたいな。

しかしいまいち分からないハロウィン。
日本のお盆の秋バージョンだと見ればいいのか。
先祖の霊が帰ってくるからお迎えしなきゃだけど、ご先祖様用の霊道みたいなのが開いているからついナマハゲみたいなのも入って来ちゃうよ、追い払わなきゃ。。。的な解釈でいいのかな。
ナマハゲはイイヤツみたいですけどねw





























[PR]
by atmeal6 | 2016-10-25 10:08 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

《ハロウィンだ》おばけピッツァ

a0358016_12114481.jpg



a0358016_12115022.jpg


a0358016_12115922.jpg



a0358016_12120478.jpg


a0358016_12120987.jpg


a0358016_12121899.jpg


a0358016_12122837.jpg


a0358016_12123879.jpg



a0358016_12124596.jpg


a0358016_12125421.jpg



a0358016_12125940.jpg


a0358016_12130615.jpg



a0358016_12131105.jpg


a0358016_12131694.jpg



a0358016_12132208.jpg


a0358016_12132889.jpg



a0358016_12134038.jpg


a0358016_12134551.jpg


a0358016_13473997.jpg



a0358016_12135687.jpg


a0358016_12140316.jpg


a0358016_12140890.jpg

a0358016_12141515.jpg


a0358016_12142274.jpg


a0358016_12142828.jpg


a0358016_12143421.jpg


a0358016_12144094.jpg


a0358016_12144841.jpg


a0358016_12145684.jpg

a0358016_12150228.jpg

a0358016_12150751.jpg


a0358016_12151562.jpg









あかんかった。。ロシア人が作りそうな猫のピッツァ〜あかんかったわ。。。
よく見たら目がロンパってますね、そりゃ怖い。
おばけピッツァはよく見かけるタイプの劣化版なのですが、こういうのお子さんが喜びそうだよね〜って思いながら作りました。

お子さんいませんけど。

家で作るとピザってコスパもすごくいいし美味しいしたくさんできるしですごく重宝するレシピだなあって思いました。
例えば金曜日の夜に生地を作って冷蔵庫に入れておけば、翌日は発酵が完了しお昼ご飯には焼きたてのピッツァが食べられるって寸歩です。
江戸っ子みたいですね。

ピザとピッツァが混同しているのは気分です。
ピザってほんと簡単だよ、安いし。って時はピザの方がしっくりくるし
手作りの焼きたてピッツァが食べられる!ってときはピッツァだよなあ、みたいな独断と偏見で成り立っています。

そういえばなのですが『ロシア風うどん』のレシピをようやく発見しまして
この冬は『うどん』作りにもいそしもうか迷うところです。
とりあえず釣ったハゼを焼いて乾かしてダシの準備だけは進めています。
























[PR]
by atmeal6 | 2016-10-19 12:30 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

《ハロウィンだ》蒲田くんピッツァ

a0358016_11461239.jpg



a0358016_11470392.jpg

a0358016_11470943.jpg


a0358016_11471513.jpg


a0358016_11472234.jpg


a0358016_11472765.jpg

a0358016_11474118.jpg


a0358016_11475279.jpg


a0358016_11480553.jpg


a0358016_11481141.jpg


a0358016_11481867.jpg


a0358016_11482848.jpg


a0358016_11483644.jpg


a0358016_11484212.jpg



a0358016_11484753.jpg


a0358016_11485295.jpg


a0358016_11490284.jpg


a0358016_11490830.jpg


a0358016_11491941.jpg


a0358016_11493070.jpg



a0358016_11494073.jpg


a0358016_11494512.jpg
a0358016_11495160.jpg


a0358016_11500201.jpg



a0358016_11500824.jpg


a0358016_11501763.jpg


a0358016_11502755.jpg


a0358016_11503527.jpg


a0358016_11504265.jpg



a0358016_11504951.jpg


a0358016_11505770.jpg


a0358016_11511078.jpg



a0358016_11511588.jpg



a0358016_11512197.jpg


a0358016_11512826.jpg


a0358016_11513594.jpg


a0358016_11514271.jpg

a0358016_11514944.jpg


a0358016_11515763.jpg


a0358016_11520538.jpg


a0358016_11521142.jpg


a0358016_11521558.jpg



a0358016_11522327.jpg


a0358016_11525422.jpg



a0358016_11553160.jpg



a0358016_11554577.jpg








ハロウィンだし何かしら作るかな〜と思ったけど、まあ正統派で作ってもプロ・アマチュアの方にはかなわないしね!ってことで愛しの蒲田くん作りたい欲を爆発させたのですがですが

大根おろしアートのように全然うまくいかない、形、作れない。。。なんということでしょうってなってました。なんかピザ生地の弾力を甘く見てたよねってちょっと後悔すらしてました。

もちろん正統派ハロウィンピザもちゃんと作っておいたので(ちゃんとしたものは作れていないけど)次回のお楽しみです☆

蒲田くんがハロウィンの街をなぎ倒しにきたらいいのにね。
ちなみにお味はですが最高においしかったです。
背びれがうまいぐらいにパリパリになって、もちもちとカリカリの二つの食感が楽しめる奇跡とか偶然に助けられて満足のいく出来になりました味は。

絶対になにかしらでリベンジしようと思います造形部門。
これから冬ですしね、すっぽん鍋も視野にいれつつ。。























[PR]
by atmeal6 | 2016-10-18 12:09 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

最後のミートグラタン

a0358016_11091723.jpg



a0358016_11092552.jpg



a0358016_11093319.jpg


a0358016_11093929.jpg


a0358016_11094674.jpg
a0358016_11100415.jpg
a0358016_11100959.jpg
a0358016_11101432.jpg


a0358016_11101981.jpg


a0358016_11102770.jpg
a0358016_11103292.jpg
a0358016_11103933.jpg



a0358016_11104709.jpg


a0358016_11105726.jpg



a0358016_11110359.jpg



a0358016_11111159.jpg


a0358016_11112328.jpg
a0358016_11112885.jpg


a0358016_11113204.jpg



a0358016_11114483.jpg










最後のミートグラタンってタイトルにしましたが、今生の別れではないです。(ミートグラタンとの)
パスタ月間中、これで最後にしておこうかな〜と。同じ記事ばっかになってしまいますし。。
ホワイトグラタンは作りますよ!それはまた別なのでお楽しみに。

しかし今日のお弁当もミートグラタンとアスパラの炒め物、いろいろな芽のサラダです。
この組み合わせ、簡単でおいしいんで時間がないとこの組み合わせになってしまいます。

なぜ時間がないのか。
まあ昨日は計画停電と断水だったので昼間料理ができなかったのと、
夜は夜はでつい映画館にレイトショー観に行ってしまいますしと快楽に溺れ気味なんでしっかりせねば。
我が家にはテレビがない分、映画館の大画面に溺れやすくなるという欠点(欠点?)もあるのです。

そして映画を観終わったあとはなぜかアイスクリームが食べたくなるのはなぜなのでしょうか。






















[PR]
by atmeal6 | 2016-10-17 11:18 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

大根おろしアート『猫とサンマ』

a0358016_11252220.jpg


a0358016_11253126.jpg


a0358016_11253556.jpg


a0358016_11254343.jpg
a0358016_11254827.jpg


a0358016_11255470.jpg



a0358016_11260168.jpg
a0358016_11261045.jpg
a0358016_11261537.jpg
a0358016_11262014.jpg
a0358016_11262428.jpg
a0358016_11262918.jpg
a0358016_11263896.jpg
a0358016_11264253.jpg
a0358016_11264728.jpg
a0358016_11265738.jpg
a0358016_11270185.jpg


a0358016_11271102.jpg


a0358016_11271638.jpg
a0358016_11272482.jpg
a0358016_11273154.jpg
a0358016_11273820.jpg


a0358016_11274328.jpg
a0358016_11275049.jpg


a0358016_11275502.jpg


a0358016_11280235.jpg


a0358016_11280799.jpg
a0358016_11281439.jpg



a0358016_11282069.jpg


a0358016_11282432.jpg
















大根おろしアート、これは本当にいいものです。
だって食べられますしね。サンマやみぞれ鍋のぴったりの食材でアートを作る。
この『食べてしまったら残らないやん』って言う散る桜理論が日本人ウケなんですよ。刹那的で。

猫とサンマはほんわか大衆ウケ『大根おろしアート』なのですが、その後べつの一品を作ったところ
英語圏で社会問題を巻き込んでちょっとだけザワついている様子を拝見しまして、軽い気持ちでこの『消えてしまう』アートを作ったことを反省していなかったり反省してる風だったりしていますネット怖い。

この秋はけっこうサンマ食べたように思いますが数えてみると5匹?6匹?なんだか意外と少ないもんです。

しかし安くておいしいサンマを今、食べなきゃって思うのであとちょっと大根おろしアートが増えるかもですね。
次は何を作ろう?

世間の波に乗っかってハロウィン的なものもいいかもですね。
全然思いつきませんが。

























[PR]
by atmeal6 | 2016-10-12 11:43 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

《祝》イカのトマトスパゲッティ

a0358016_11405799.jpg


a0358016_11410851.jpg
a0358016_11412588.jpg
a0358016_11412907.jpg
a0358016_11413410.jpg
a0358016_11413897.jpg
a0358016_11414258.jpg



a0358016_11414642.jpg


a0358016_11415192.jpg


a0358016_11415532.jpg


a0358016_11420563.jpg


a0358016_11422001.jpg


a0358016_11422482.jpg
a0358016_11422836.jpg


a0358016_11423300.jpg
a0358016_11424100.jpg
a0358016_11424552.jpg


a0358016_11425103.jpg


a0358016_11425701.jpg


a0358016_11430440.jpg


a0358016_11430979.jpg



a0358016_11431313.jpg


a0358016_11431908.jpg


a0358016_11432471.jpg



a0358016_11432913.jpg



a0358016_11433518.jpg


a0358016_11433911.jpg


a0358016_11434634.jpg


















《祝》つけてみました。トマトスパゲッティに関しては卒業ってことで!
いつ何に入学してたんだった話ですが、ようやく完成したんですよ!何がって自分好みの味がw
これならいいんじゃないか『アマチュア』と名乗っても。と自画自賛です。

思ったんですが、なんとなくトマトジュースで作ってたんですけど、トマト缶に戻してみたらこっちの方が断然おいしいじゃんってなりました。
酸味が足りなかったんですよね、トマトジュースだと。
これは生トマトで作ったらもっとおいしいんじゃないかと思います。それもアレ、日本のトマトじゃなくて本場イタリアの柿みたいな形したヤツで作ったらそりゃもうすごいのできるんじゃないかと。

結局、素材なんですかね、料理って。
でもその素材を生かすも殺すも基礎と経験とセンスかと思うんです。
『基礎と経験とセンス』それがあってこその素材。おなじこと言いました。

基礎がなきゃ話にならないですが、経験もないとどうにもなりません。センスはなくても基礎と経験でそこそこのものはできます。いわゆる努力の賜物です。でも思うんです。

センスがないと最後のひと抜けってできないんだなあと。
結局はエジソンっすよ、努力大事だけどひらめきなきゃ結局ダメじゃんみたいな。
努力と経験で料理人にだってなれます。店も持てます。でも、その中でピカイチの存在の料理人ってセンスが飛び抜けてるんだろうな〜って思います。そこ努力じゃどうしようもないじゃないかって部分です。


なんの話でしたっけ。

ちなみに私はセンスがない部類のデザイナーです。
努力と経験で働いてます。



























[PR]
by atmeal6 | 2016-10-07 12:01 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

トマトスパゲッティ三回目の正直

a0358016_13040204.jpg
a0358016_13040610.jpg
a0358016_13041340.jpg
a0358016_13041839.jpg
a0358016_13042327.jpg
a0358016_13042869.jpg
a0358016_13043137.jpg
a0358016_13043577.jpg
a0358016_13043940.jpg
a0358016_13044375.jpg
a0358016_13045083.jpg
a0358016_13045518.jpg
a0358016_13050204.jpg
a0358016_13050728.jpg
a0358016_13051128.jpg
a0358016_13051749.jpg
a0358016_13052221.jpg
a0358016_13052736.jpg
a0358016_13053144.jpg
a0358016_13053405.jpg
a0358016_13053855.jpg
a0358016_13054141.jpg
a0358016_13054821.jpg
a0358016_13055327.jpg
a0358016_13055762.jpg
a0358016_13060172.jpg
a0358016_13060544.jpg










スパゲッティとグラタンのレシピばっかで申し訳ないです。
今回は詳しくレシピ載せてみたので興味のある方はぜひぜひチャレンジしてみてください!
落合シェフの料理本買ったほうがはやいよ、ってな内容にはなってますがアフィじゃあないですよ。
ブログで稼げる日が来たら楽しそうな気はしてましたが、自由に書けなくなるのは辛いので、ただのブロガーとしてこのままダラダラ日常を垂れ流すのが心地よいです。

ただのブロガー。ほんとに。
でもどこかに金が転じないか考えた結果が写真素材でした。
ブログ用に腐るほど撮りためた写真がありますしね、しかもひとつのものをあんな角度こんな角度、様々な明るさ、色温度。これを素材として売らねばなんとする。外付けハードで永遠の眠りにつくだけの写真たちに活路を。的な。なんだこの文章。

さて、トマトスパゲッティ、おいしくできるようになってきました。
茹でるお湯の塩の大事さを最近しみじみしてます。にゃるほど、うどんが麺だけでおいしいのは塩がすでに入ってるからなのね。
スパゲッティには塩は入ってないから、その塩分を付け足す作業がお湯に入れる塩。
それで麺を食べておいしい、ソースでさらにおいしい状態にするのです。

最大のコツはあのチーズだばだばにあるかと思います。
私はもっとソースが多いほうが好きなので(スープスパゲッティ的な)今度はもうちょい多めに作って浸すように食べたいです。



























[PR]
by atmeal6 | 2016-09-30 13:21 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

ハゼの天ぷらを作ろう!

a0358016_17091081.jpg



a0358016_17091549.jpg


a0358016_17092087.jpg


a0358016_17092775.jpg
a0358016_17093572.jpg
a0358016_17094374.jpg
a0358016_17094638.jpg
a0358016_17095186.jpg
a0358016_17095465.jpg
a0358016_17095972.jpg
a0358016_17100536.jpg
a0358016_17101027.jpg
a0358016_17101509.jpg
a0358016_17102055.jpg


a0358016_17102502.jpg
a0358016_17103282.jpg
a0358016_17104096.jpg
a0358016_17104696.jpg
a0358016_17105112.jpg
a0358016_17105651.jpg



a0358016_17110155.jpg



a0358016_17110912.jpg


a0358016_17111304.jpg


a0358016_17112206.jpg


a0358016_17112651.jpg



a0358016_17113136.jpg


a0358016_17113512.jpg



a0358016_17114167.jpg


a0358016_17114569.jpg


a0358016_17114991.jpg



a0358016_17115355.jpg



a0358016_17115783.jpg



a0358016_17120115.jpg



a0358016_17120822.jpg



a0358016_17121305.jpg



a0358016_17121711.jpg



a0358016_17122272.jpg



a0358016_17122610.jpg




a0358016_17405199.jpg















ハゼの天ぷら初めて食べたんですけど(一回目におっちゃんがくれたのは唐揚げで作ってから二日目のだったのでノーカウント)
めちゃくちゃおいしい!!!ほんと美味しい!!!なんて言う旨さ!!!
も〜びっくりしました。ほんとにほんとに。

なんならこんなにおいしい天ぷら初めて食べたんじゃないかと思うほど。
そりゃ釣りたてを揚げたてでじかも自作だからとか色々要因はあるかと思います、が、それでも!それでもこれはヤバかった。
これが、アイツなのか状態。(?)

俗にキスの天ぷらが最高っていいますけど、キスより断然おいしいって思いました。
キスも釣りたてを揚げたらまた格別なのかもしれませんが。

揚げたてのハゼはなんとも上品でありながらしっかりと白身の味わい。
身に弾力がありほこほこしているのにふにゃ〜とならない不思議。
クセらしいクセがなく、魚のくさみみたいなものも一切ない食べだしたら止まらない衝撃の美味しさです。

まあ天ぷら自体の油で食べ続けたらいつかは打ち止めにはなるんですけど、食べ終わって満足したハズなのに、夜寝る前にふっと味を思い出してまた食べたくなるなんて、天ぷらで初めての経験でした。
たいてい天ぷらや天丼を食べると最初はおいしいんですけど、途中でくどくなって、完食後は天ぷらはしばらくはいいやってなるタイプだったので。



あと謎の魚Xはまだ正体をつかめていませんが、あれもおいしかったなあ。
また釣れるかなあ。




















[PR]
by atmeal6 | 2016-09-29 17:30 | 料理作り・レシピ | Comments(2)