お料理王国6

カテゴリ:料理作り・レシピ( 46 )

ハゼの天ぷらとイケメンと猫

a0358016_10130581.jpg

a0358016_10131158.jpg

a0358016_10131551.jpg

a0358016_10132585.jpg


a0358016_10133092.jpg


a0358016_10133556.jpg


a0358016_10134104.jpg


a0358016_10134855.jpg


a0358016_10135681.jpg


a0358016_10140055.jpg


a0358016_10140628.jpg


a0358016_10141146.jpg


a0358016_10141558.jpg


a0358016_10141946.jpg


a0358016_10142339.jpg


a0358016_10142678.jpg


a0358016_10143090.jpg


a0358016_10143440.jpg


a0358016_10143834.jpg


a0358016_10144275.jpg


a0358016_10144658.jpg


a0358016_10144918.jpg


a0358016_10145359.jpg


a0358016_10145807.jpg


a0358016_10150438.jpg


a0358016_10150911.jpg











寒くなってからとんと釣りに行っていないので(釣れる自信もないですし)
ハゼの天ぷらにありつけていません。。。。
また来年の夏の味覚を楽しみにしております。

あ〜〜〜あんなにおいしかったのにな〜!

ハゼとあなどるなかれですよ、それでいて100均で売っているような竹竿にしょぼいウキがついたようなものだけでじゃんじゃん釣れてしまうのがハゼ釣りの魅力です。

私は時々、無意味に遠くに投げたくなるのでリール付きですが。

猫とイケメンの破壊力はすごいですね!!!!
一瞬そんな極上のハゼ天を忘れるかの勢い!なんということでしょう!!!
しかもみなさん鍛え抜かれた肉体が眩しくって。。。
でもヘビーメタルのお兄さんが猫を抱いてるあのカレンダーにも萌えます。






a0358016_10232209.jpg
a0358016_10232530.jpg




アマゾンで売ってる。



































[PR]
by atmeal6 | 2016-11-30 10:24 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

劇的な鰯の梅煮(撮り方が)

a0358016_17094164.jpg

a0358016_17094603.jpg


a0358016_17095534.jpg






a0358016_17100728.jpg



a0358016_17101269.jpg


a0358016_17103461.jpg


a0358016_17103917.jpg


a0358016_17104300.jpg


a0358016_17104710.jpg


a0358016_17105124.jpg


a0358016_17105564.jpg


a0358016_17105996.jpg


a0358016_17110333.jpg


a0358016_17110818.jpg


a0358016_17111279.jpg


a0358016_17111730.jpg


a0358016_17112114.jpg


a0358016_17112959.jpg


a0358016_17113302.jpg


a0358016_17113851.jpg


a0358016_17114226.jpg


a0358016_17114674.jpg


a0358016_17115166.jpg


a0358016_17115716.jpg


a0358016_17120175.jpg












深夜食堂ならぬ深夜料理。

なんとなく電気を消して上司が引越し祝いにくれたライト、なにライトだったかな?アイランプ?だったような気がします。散光型です。

まあ、もらったものの(2個)使い方わからないしそのまま付けてみたところちょうううう眩しい!!!
慌てて消す、部屋真っ暗。つける、うううううあああぁぁ眩しい!!!しかも熱い、ちょう熱い!


そういうコントみたいなことを繰り返して深夜に料理してたアホです。

しかしだ、ライトに照らされるお湯2リットルからもくもくと立ち上がる湯気がこんなにも立体的に映るだなんて!
てか砂糖1と2分の1カップって、すんごい量多いよね?シュガーポット全量使い切ってしまいました。
あとお醤油1カップ(200cc)て。。。。空気が入らないから酸化しない系容器から200ccを絞り出すのは大変でしたし、お醤油を出したあとの吸気(ピヨ〜〜〜〜)って音が聞いたことない大音量でした。



この異様に入れるものが多い鰯の梅煮でしたが


うううううううんまああいい!!!

家庭の味を超えている!
お袋とかおばあちゃんとかそお言うレベルじゃあない、料亭で出るアレになっている!


ええええこんなに調味料入れんの?90分弱火なの?はすべてここに通ずる道だったのか。。。





なにそれ気になるって人もいるかもなんで、正式なレシピのリンクつけておきます。
私のをマネしてもうっすらはうまく作れるのではないでしょうか、保証はしませんが。


























[PR]
by atmeal6 | 2016-11-28 17:25 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

シロクマこぐま鍋《後編》

a0358016_15084315.jpg




a0358016_15084841.jpg

a0358016_15085460.jpg


a0358016_15090472.jpg


a0358016_15090897.jpg

a0358016_15091725.jpg

a0358016_15093216.jpg


a0358016_15094011.jpg


a0358016_15094667.jpg

a0358016_15095253.jpg



a0358016_15095973.jpg


a0358016_15100539.jpg



a0358016_15101151.jpg


a0358016_15101770.jpg



a0358016_15102309.jpg


a0358016_15102886.jpg

a0358016_15103313.jpg


a0358016_15104024.jpg


a0358016_15104501.jpg


a0358016_15105090.jpg


a0358016_15105712.jpg


a0358016_15110306.jpg


a0358016_15111047.jpg


a0358016_15111717.jpg



a0358016_15112343.jpg


a0358016_15113560.jpg


a0358016_15114052.jpg


a0358016_15114683.jpg


a0358016_15115123.jpg


a0358016_15115723.jpg


a0358016_15120318.jpg


a0358016_15120889.jpg



a0358016_15121653.jpg

a0358016_15122168.jpg


a0358016_15122868.jpg

a0358016_15123541.jpg



a0358016_15124130.jpg


a0358016_15124757.jpg











大根おろしアート後編です。
サンマと猫のときもそうだったのですが、食べながら目があうのでどーも罪悪感を感じつつの食事となってしまいます。
なんのための大根おろしアートなのか、じゃあやらなけりゃいいのに、でも、だって、じゃあ。。いろいろな思考が飛び交います。

最終的にはなぜ人は生きるのか?あたりまで考えが行って帰ってきます。
ふ〜〜あぶねえ。

途中あたりで『生きている食材を捌くよりも辛いかも(ハゼとか)』からの『命を食べる意味』からの『原罪』あたりまで行き着く旅はシーシェパードなんかも出てきて『美味しんぼ』のカボチャの芽生えを思い出したりしてました。
やっぱりクジラは食べたいです。


しかし海外の人は熱いです。
ベジタリアンやビーガンも語り出すと大変です。今回は地球温暖化でしたが。

このシロクマ鍋が地球温暖化啓発ポスターになったらおもしろいですね。でも私がそういう意図で作ったのではないことが分かってもらえればいいんですけどね〜〜。むつかしいもんです。
























[PR]
by atmeal6 | 2016-11-24 15:25 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

シロクマこぐま鍋《前編》

a0358016_13362380.jpg

a0358016_13363348.jpg

a0358016_13363970.jpg

a0358016_13364433.jpg

a0358016_13364860.jpg

a0358016_13365331.jpg

a0358016_13365714.jpg

a0358016_13370170.jpg

a0358016_13370592.jpg

a0358016_13370980.jpg

a0358016_13371372.jpg

a0358016_13371796.jpg

a0358016_13372142.jpg

a0358016_13372605.jpg

a0358016_13373520.jpg

a0358016_13374698.jpg

a0358016_13375194.jpg

a0358016_13375609.jpg

a0358016_13380178.jpg

a0358016_13380867.jpg

a0358016_13381331.jpg

a0358016_13381864.jpg

a0358016_13382334.jpg

a0358016_13382866.jpg

a0358016_13383372.jpg

a0358016_13383827.jpg

a0358016_13384681.jpg

a0358016_13385281.jpg

a0358016_13385783.jpg

a0358016_13390272.jpg

a0358016_13390745.jpg

a0358016_13391464.jpg

a0358016_13391929.jpg











シロクマ鍋、年月を経て再チャレンジです!
前は大人のクマだったので、今度はこぐまにしてみました。

ミキサーで大根おろしを作るとジュースっぽくなってしまうのか、大半が水分となってしまうような気がします。
なんとなく緩いような、水っぽいような、う〜んキチンと手動でおろすべきだったか、、、なんて悶々とします。

作り始めると楽しくって時間があっという間に過ぎてしまいますがだいたいシロクマをつくっている時間だけで一時間は過ぎているかと思います。
ヒマじゃないとできないね大根おろしアートって。

まあ、次回詳しくですがかわいく作ると後が悲惨ですよ!でもすっごいおいしいです!みぞれ鍋って。
次回をお楽しみに。
シロクマこぐま鍋《残酷編》






































[PR]
by atmeal6 | 2016-11-22 13:47 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

超絶良コスパのピザ作り

a0358016_13465118.jpg





a0358016_13465608.jpg



a0358016_13470126.jpg



a0358016_13470553.jpg


a0358016_13470843.jpg



a0358016_13471299.jpg


a0358016_13471540.jpg



a0358016_13471915.jpg



a0358016_13472801.jpg


a0358016_13473239.jpg



a0358016_13473706.jpg



a0358016_13474120.jpg



a0358016_13474665.jpg


a0358016_13475086.jpg



a0358016_13475599.jpg



a0358016_13475945.jpg



a0358016_13480312.jpg



a0358016_13480624.jpg


a0358016_13481076.jpg



a0358016_13481440.jpg



a0358016_13481713.jpg



a0358016_13482165.jpg



a0358016_13482584.jpg


a0358016_13482913.jpg



a0358016_13483303.jpg



a0358016_13483829.jpg


a0358016_13484218.jpg



a0358016_13484621.jpg







近所のピザ屋さんが『お持ち帰りの方、お好きなピザ一枚プレゼント!』をいつもやっているのですが
あれは配送が大変だからって思ってましたが(それもあるでしょうが)、ピザって枚数作ると一枚あたりが驚愕の低コストで作れるものなのですね。

家庭でなにかを一から作ると意外とお金がかかったりします。
これレストランで食べるより高くなってる〜〜なんて時もあります。

しかしピザは使い回しが効く材料ばかりな上に、量もたくさんできると言う、しかもしかも!家で作るとやたらとおいしい特典付き!

ピザ屋のピザみたいな油っぽさがまったくないです。
むしろヘルシー。

ただマルゲリータでは野菜成分がトマトとバジルくらいしかないので、サイドメニューでスープやサラダを付けたいところですね。


ブログ作っててまた食べたくなってしまいました。
今夜も生地を練ろうかな〜〜
解禁したばかりのデュブッフでも飲みながら、、デュフフ。。。デュフフ。。。
(買っていません)
























[PR]
by atmeal6 | 2016-11-18 14:00 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

ダイエット野菜スープと隠元サラダ

a0358016_10471603.jpg



a0358016_10472107.jpg


a0358016_10472524.jpg



a0358016_10473077.jpg



a0358016_10473446.jpg


a0358016_10473868.jpg


a0358016_10474251.jpg



a0358016_10474664.jpg



a0358016_10475059.jpg



a0358016_10475521.jpg



a0358016_10475921.jpg
a0358016_10480642.jpg



a0358016_10481017.jpg
a0358016_10481558.jpg



a0358016_10481960.jpg


a0358016_10482375.jpg



a0358016_10482715.jpg


a0358016_10483263.jpg





a0358016_10483725.jpg



a0358016_10484292.jpg


a0358016_10484655.jpg
a0358016_10485168.jpg




a0358016_10485553.jpg


a0358016_10490085.jpg



a0358016_10490412.jpg



a0358016_10491398.jpg
a0358016_10491956.jpg


a0358016_10492325.jpg


a0358016_10492776.jpg


a0358016_10493731.jpg
a0358016_10495004.jpg

a0358016_10500510.jpg










珍しくダイエットメニューです。
どうして珍しいのか。
ダイエットなんてしないからです。

いつも食べてるこのレシピってダイエット向きなんじゃね?って思ったのでタイトル変更してみました。

夏野菜のスープですが、これはほんとうにおいしいです〜〜。やっぱ夏のものは夏に食べないとね!
なので今作っても味はぼやけてしまうしきっと体も冷えてしまうでしょう。

キュウリと冬瓜をゴーヤで煮込む瓜づくし!これが夏はやめられない止まらない、とろけるような食感のスープとなりました。
とは言え水っぽいのでガツンとパンチの効いたカイエンペッパーを入れ、歯ごたえの楽しい豚の小袋でコリコリと。
そこにシャリシャリ食感のレンコンを入れればもうスープだけでお腹いっぱいになります。

キュウリを煮込むって意外って人も多いかもしれませんが、中はトロトロなのに皮のパリっとしたカンジは煮込んでも残るんですね。
それがたまらなくおいしいんですよ。

煮込みが弱いとキュウリくささが出て「やっぱり煮込みなんて合わないじゃん」となるので、よ〜く煮込んでトロトロにしてみてください。一度最高の煮込まれ具合のキュウリを食べると、キュウリのないスープなんてつまらなく感じます。

小袋は臭みがけっこうあったので、それでカイエンペッパーとクミンと黒胡椒を多めに入れたのですが、これがまた相乗効果ですっごくおいしかったです。
汗いっぱいでましたけど。


サラダはもうこのドレッシングとこの材料でなければ!っていう黄金の組み合です。
フレンチ本のレシピですがさすが素材とソースのマリアージュとか言っちゃう国の味ですわ。

インゲンは固めにゆでます。
海老はなんと水からゆでます。
ドレッシングは好みですが酸っぱめで作るとおいしいです。本家のレシピは寿司酢じゃなくて『ホワイトビネガー』ですのであしからず。

寿司酢と黒酢しなかったんですよこの日。。。

もちろん『ホワイトビネガー』で作った方がおいしいのですが、日本の市販されてる甘めのドレッシングが好きって方は寿司酢で作ったほうが食べやすいかもしれません。

どちらも食物繊維も多く、発汗作用もあり(スープは)、あれ?これってダイエット向きなんじゃあないでしょうかと後付けで思ったのです。

ご参考までに。




























[PR]
by atmeal6 | 2016-11-10 11:05 | 料理作り・レシピ | Comments(2)

ホワイトグラタン作りと植物で遊ぶ日常

a0358016_13140378.jpg



a0358016_13141390.jpg



a0358016_13141853.jpg



a0358016_13142782.jpg


a0358016_13143472.jpg



a0358016_13143804.jpg



a0358016_13144301.jpg


a0358016_13145276.jpg


a0358016_13150043.jpg


a0358016_13150710.jpg


a0358016_13151591.jpg


a0358016_13152274.jpg


a0358016_13153020.jpg


a0358016_13153860.jpg


a0358016_13154498.jpg


a0358016_13154949.jpg


a0358016_13155581.jpg


a0358016_13160148.jpg



a0358016_13160798.jpg











ミートグラタンばかり作っていたのでホワイトグラタンにも挑戦しました。
結論から言ってしまえばミートグラタンのほうが好きです。

でもホワイトソースのあの甘みもなんだか幸せなんですよね。

そこで思ったのが、ミートソースとホワイトソースをこう重ねて焼いてみてはどうかなと。
具はホワイトソースには鶏肉とミートソースは牛豚ミックスミンチ、底には蒸しじゃがいもを敷いて
人参たまねぎを多めに入れて…。。。

すっごいカロリー高そう。
でもおいしそう!

まあ、もっと冬になったらそんな贅沢グラタン試してみようかな〜と思います。
アッシパルマンティエでいいような気も若干してますが、アッシパルマンティエ食べたくなってきた。。あれもカロリー高そうよね。


ちなみに係長、植物のちかくに置いておくとふとした瞬間に『G』と間違えますので心臓に悪いです。
このシリーズにはキリンとかかわいいものもいっぱいありますので、そちらのデザインならこういった間違いは起きないかと思います。

























[PR]
by atmeal6 | 2016-11-09 13:24 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

ハゼ釣りキチハゼ天ぷらを極める

a0358016_13441169.jpg




a0358016_13441986.jpg


a0358016_13442461.jpg



a0358016_13442973.jpg


a0358016_13443428.jpg




a0358016_14081380.jpg




a0358016_13444371.jpg

a0358016_13444700.jpg



a0358016_13445115.jpg

a0358016_13445594.jpg



a0358016_13445924.jpg



a0358016_13450312.jpg



a0358016_13450899.jpg


a0358016_13451208.jpg
a0358016_13451784.jpg


a0358016_13452177.jpg


a0358016_13452913.jpg


a0358016_13453372.jpg



a0358016_13453727.jpg


a0358016_13454360.jpg


a0358016_13454759.jpg


a0358016_13455201.jpg



a0358016_13455696.jpg
a0358016_13460040.jpg



a0358016_13460494.jpg



a0358016_13460867.jpg


a0358016_13462426.jpg



a0358016_13463012.jpg




a0358016_13463741.jpg

a0358016_13464529.jpg


a0358016_13465069.jpg


a0358016_13465513.jpg
a0358016_13465970.jpg



a0358016_13473542.jpg


a0358016_13473958.jpg







ハゼの天ぷらは夢に見るほどおいしい。

昼におなかいっぱい食べても寝る前にはもう一口食べたいなあって回想をするほど。
そしてその甘い淡白な身とそのほっこりした食感を思い出し夢見したりするんですよ。
さすが現代の高級魚。

ほんとはケタハゼなるものを釣ってみたい。検索するとこれがハゼ?って思うような大きさで、そんなでっかいケタハゼは刺身にするとそれはもう絶品らしい。

絶品って言葉に超絶弱いのでさっそく釣りにでかけたいのはやまやまですが、寒くなってくるとハゼが深みにもぐるので私の腕では釣れなくなるんですよね。

乗り合い船釣り場も自転車でいける距離にあるそうなので、ちょっと船釣りで大物狙いたいです。

アジも釣れるみたいだし、冬は船釣りですかね。

防水防寒着とあの釣りジャケット(チョッキ?)みたいなのとマジックテープで留める手袋を揃えたいですが揃えたらなんか別の世界にいってしまいそうで若干躊躇してしまいます。


別の世界?


そう、釣りキチ三平の世界ですよ奥さん。








ちなみに2chでハゼスレを発見。

賛同者がいてうれしいハゼの天ぷら(種田山頭火風)


a0358016_14183175.jpg
















[PR]
by atmeal6 | 2016-11-08 14:03 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

ハロウィン用ローストビーフ丼《後編》

a0358016_10300336.jpg




a0358016_10301178.jpg



a0358016_10301606.jpg


a0358016_10302194.jpg
a0358016_10302917.jpg



a0358016_10303713.jpg
a0358016_10304713.jpg
a0358016_10305338.jpg



a0358016_10305828.jpg
a0358016_10310414.jpg
a0358016_10310917.jpg
a0358016_10311467.jpg



a0358016_10312147.jpg


a0358016_10313149.jpg
a0358016_10313711.jpg



a0358016_10314989.jpg


a0358016_10315630.jpg


a0358016_10320443.jpg
a0358016_10321066.jpg
a0358016_10322190.jpg


a0358016_10322685.jpg
a0358016_10323498.jpg













も〜〜〜〜美味しかったよ〜〜〜!!
ローストビーフ丼専門店やりたい〜〜〜!
と、そこまで自画自賛するような衝撃の旨さを誇るこのローストビーフ丼は『ヘンタイ美術館』を探しに本屋へ行った際になにげに手に取ったdancyu『ステーキ本ムック』。
この本のローストビーフ丼レシピを細部まで忠実に守った結果、そりゃもう素人が『専門店出したい!』とかのたまう超絶な美味しさを生み出しました。

この衝撃がこの日から三日間、夜ごはんにもなりました。
幸せでした。

ハロウィンがおまけでごめんなさい。




今日は今日はでこれから新宿で撮影ですので

アディオス!!!

















[PR]
by atmeal6 | 2016-11-01 10:41 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

ハロウィン用ローストビーフ丼《前編》

a0358016_12044369.jpg




a0358016_12045090.jpg



a0358016_12045403.jpg



a0358016_12050422.jpg



a0358016_12052363.jpg



a0358016_12053289.jpg

a0358016_12053788.jpg



a0358016_12054569.jpg



a0358016_12055405.jpg


a0358016_12055973.jpg



a0358016_12060858.jpg



a0358016_12061685.jpg


a0358016_12062121.jpg

a0358016_12063043.jpg
a0358016_12064012.jpg



a0358016_12064530.jpg




a0358016_12065061.jpg


a0358016_12065633.jpg


a0358016_12070549.jpg



a0358016_12071666.jpg


a0358016_12072715.jpg



a0358016_12073117.jpg


a0358016_12073656.jpg




前編です。
すみません、ローストビーフ丼登場せずです!


ちょっくらダッシュでソラマチに仕事ですので途中となってしまいました。

本日ハロウィン本番ですね!月曜日ですけど渋谷の街はまたコスプレイヤーの狂喜乱舞でしょうか。

ちょっと池袋のは行きたかったですけどね。。

では後編をお楽しみに!















[PR]
by atmeal6 | 2016-10-31 12:13 | 料理作り・レシピ | Comments(0)