お料理王国6

カテゴリ:料理作り・レシピ( 51 )

愛知県銘菓おこしものを作ろう!

a0358016_10073784.jpg





a0358016_10074221.jpg






a0358016_10074757.jpg






a0358016_10075137.jpg





a0358016_10075678.jpg





a0358016_10080033.jpg






a0358016_10080400.jpg





a0358016_10080827.jpg





a0358016_10081392.jpg





a0358016_10081840.jpg






a0358016_10082581.jpg






a0358016_10083103.jpg







a0358016_10083817.jpg






a0358016_10084355.jpg






a0358016_10084858.jpg







a0358016_10085237.jpg






a0358016_10085671.jpg






a0358016_10090037.jpg








a0358016_10090587.jpg






a0358016_10090987.jpg







a0358016_10091837.jpg







a0358016_10092280.jpg







a0358016_10092635.jpg








a0358016_10093004.jpg






a0358016_10093917.jpg







a0358016_10094694.jpg







a0358016_10095125.jpg







a0358016_10095767.jpg






a0358016_10100120.jpg









Wikipedia《おこしもの》
おこしものは、愛知県で桃の節句に供えられる和菓子の一種。「おこしもん」や「おしもん」、「おこしもち」、「おしもち」とも呼ばれる。
基本的な製法としては、熱湯でこねた米粉を鯛や扇などの木型に入れて成型し、蒸し器で蒸しあげた後に食紅で着色する。または、色生地を別に作っておき、成型時に白生地と一緒に詰め込む調理法もある。
蒸したてのものや餅のように焼いたものを、砂糖醤油などをつけていただく。



いやまったくこの通りなので説明もクソもです。
ウィキさんすごいです。


いつ頃から作られるようになったのかは定かではありませんが、江戸時代末頃の史料には「ヲコシ物」と記述があったりするため、江戸時代にはすでにあったようとのことで、そこそこ歴史ある食べ物のようです。





ひな祭りの前後に作るので、気分的には春が待ち遠しい季節の『期間限定スイーツ』みたいなものです。
しかもこれがまたおいしい!

粗糖と醤油を混ぜたもので食べるのですが、粗糖の荒々しい甘さがおこしものにはとてもよく合います。
ちなみに実家ではおこしもの、なんて上品に呼ばずに『おこしもん作ろまい』みたいな感じで読んでいます(これは三河弁)。

押し型が盗まれてしまったことはショックですが、おじいちゃんの名前が裏に焼印で入っているので、探そうと思えば探せるのかもしれません。がしかし争いは避ける我が一家。
まあ新しいの買おうってことで。でもなんかあの永年使いこんだ押し型の手になじむ感じがないのは悲しいですね。

昭和初期に造られたと思う押し型はすっかり角が取れて丸みを帯びたいい状態だったんですよね。

新しい型を見つけたら買って帰ろうと思うのですが、やっぱり東京には売っていません。

でもふと見かけた和三盆の型なんかに恋しちゃったりしてしまいます。
かわいくてもう。




















[PR]
by atmeal6 | 2017-07-26 10:24 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

アッシ・パルマンティエ弁当作り

a0358016_14232806.jpg






a0358016_14233304.jpg







a0358016_14233678.jpg






a0358016_14234148.jpg





a0358016_14234565.jpg





a0358016_14234937.jpg






a0358016_14235531.jpg





a0358016_14235965.jpg






a0358016_14240486.jpg




a0358016_14240721.jpg






a0358016_14250446.jpg






a0358016_14251017.jpg






a0358016_14251405.jpg






a0358016_14251881.jpg





a0358016_14252327.jpg





a0358016_14252730.jpg






a0358016_14253271.jpg






a0358016_14253685.jpg






a0358016_14254197.jpg






a0358016_14254454.jpg








a0358016_14254933.jpg








a0358016_14255472.jpg








a0358016_14255916.jpg








a0358016_14260482.jpg







a0358016_14260848.jpg






a0358016_14261313.jpg






a0358016_14261713.jpg





a0358016_14262276.jpg






a0358016_14262790.jpg











最近ちゃんとお料理王国してますね!
『お料理が趣味な家庭的な女の子』って思わせたいがために始めた不純な動機のブログですから最近ようやく本筋に戻ってきたわけです。
女の子の部分に若干の修正を加えなくてはなりませんが、お料理王国の前身であるクッキングキングダムが2009年から開始してますから
ええと、かれこれ、、、まあ長くやっています。




アッシ・パルマンティエも過去に何度かブログに取り上げたのでつくり方がや説明が雑でごめんなさい。
これすっごいおいしいんですけど、もれなくカロリーがお高いってゆう、おいしいものは高カロリー説を地でいくタイプのお料理です。


でも作ってみたいって方のために過去の圧死、じゃない、アッシ・パルマンティエレシピのリンクも載せておきます。
おいしいですよ〜〜〜

まあ夏向きのお料理ではないですけどw































[PR]
by atmeal6 | 2017-07-13 20:53 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

栄養バランス弁当を作るよ!



a0358016_17144339.jpg






a0358016_17144846.jpg





a0358016_17145346.jpg





a0358016_17145832.jpg





a0358016_17150212.jpg





a0358016_17150624.jpg





a0358016_17151095.jpg





a0358016_17151302.jpg





a0358016_17151732.jpg





a0358016_17152128.jpg





a0358016_17152408.jpg





a0358016_17152861.jpg




a0358016_17153225.jpg





a0358016_17153642.jpg





a0358016_17153958.jpg





a0358016_17154321.jpg





a0358016_17154646.jpg





a0358016_17154977.jpg






a0358016_17155346.jpg





a0358016_17155791.jpg




a0358016_17160031.jpg




a0358016_17160418.jpg




a0358016_17160735.jpg






a0358016_17161153.jpg






a0358016_17161557.jpg










まあぶっちゃけ唐揚げ弁当が食べたかったっんです。
でも世の唐揚げ弁当(主にコンビニ)の野菜のなさったらすごいですよね。
なんか申し訳程度にケチャップ味のスパゲッティーが唐揚げの下にあったりしてたりもするのですが、(小麦粉とトマトで野菜とでも言えばいいのか、、)割と最近それすらもない、お米!唐揚げ!以上!な弁当をよく見かけます。

ええ、わかりますよ。
ただ唐揚げと米を食いたい人のためのお弁当があったっていいじゃないかってことくらい。

まあでもそんなこんなで絶賛食生活を正しましょう中のわたしは『アボカド』と『じゃこピーマン』と言う最強の(私に足りない栄養素)レシピに出会ったのです。

ちなみに育ち盛りのお子さんにも食べていただきたいメニューでもあります。

や〜〜お弁当作ってると1日が終わるよ。
仕込みを入れたら前日とかからだったりもしますしね。

それでも会社へは手弁当派なのです。



お弁当箱はタッパーですが。






















[PR]
by atmeal6 | 2017-07-11 21:47 | 料理作り・レシピ | Comments(2)

シャキシャキサラダと玄米粥

a0358016_09390787.jpg







a0358016_09391485.jpg





a0358016_09391933.jpg




a0358016_09392307.jpg




a0358016_09401167.jpg




a0358016_09401964.jpg




a0358016_09402461.jpg





a0358016_09402878.jpg






a0358016_09403274.jpg





a0358016_09403629.jpg




a0358016_09404057.jpg







a0358016_09404447.jpg






a0358016_09404833.jpg





a0358016_09405303.jpg






a0358016_09405967.jpg






a0358016_09410399.jpg







a0358016_09411443.jpg







a0358016_09413383.jpg







a0358016_09413971.jpg






a0358016_09414513.jpg







a0358016_09415078.jpg







a0358016_09415448.jpg







a0358016_09421541.jpg







a0358016_09422033.jpg






a0358016_09422320.jpg








朝に食べるといいと言われているお粥。

でもなかなか朝からお粥なんて用意できないよってなってレトルトなのですが、レトルト玄米粥はスギ薬局なんかでは1袋70円くらいで売ってますしね。朝ごはん価格としては安い方ではないでしょうか。(手間ヒマ労力を考えても)

朝粥はいろいろな効能が→ ①お通じにいい ②胃に優しい ③コメが膨らんでいて少量で満腹感 ④美肌効果 ⑤デトックス
←あるみたいですが効能を考えながら食べるとなんかいっぱいいっぱいになるので妄想はほどほどに。

ああおいしい朝粥を朝から贅沢だなあ〜と思えればそれが一番です。


そしてサラダ!
最近近所のスーパーにソフトケールやらビーツやら珍しい西洋野菜が並びだして、これがまた美味しいんですよ。
しかもひと昔前(3年前)はクイーンズ伊勢丹とかで唯一あるビーツ一個が500円とかで、そんな日常的に使える値段じゃあないかったんですよ。
それは198円とか普通の野菜価格で売っているのはありがたいです。

ビーツ大好きなので2個くらい買ってそのままザクザク切ってドボドボ入れます。
火?通しません。生をガリガリです。

ひよこ豆は一晩ゆっくり水に浸してその後も時間をかけてコトコト煮てゆきます。

途中アクを取りつつ、ほっこり優しい味のひよこ豆になるまで。これがまた美味しい。


ケール、ルッコラ、ほうれん草、空心菜の芽などの葉野菜に、人参とビーツなどの根菜、コーンはおまけであとは各種豆たち。
このスペシャルサラダを食べ始めてから下半身がなんだかスッキリしてきました。
たいしたものです。






まあ、ヒンズースクワットを始めたのも大きいかもしれませんがw







おっと、そして今日は『サラダ記念日』じゃないか、いいタイミングでサラダブログUPでしてよかったです。



























[PR]
by atmeal6 | 2017-07-06 10:00 | 料理作り・レシピ | Comments(2)

コロッケ弁当を作るよ

a0358016_14271621.jpg





a0358016_14272036.jpg




a0358016_14272443.jpg





a0358016_14273004.jpg




a0358016_14273842.jpg





a0358016_14280170.jpg




a0358016_14280485.jpg




a0358016_14280856.jpg




a0358016_14281118.jpg




a0358016_14281417.jpg




a0358016_14281864.jpg




a0358016_14282337.jpg




a0358016_14420317.jpg





a0358016_14283190.jpg





a0358016_14283467.jpg






a0358016_14283773.jpg






a0358016_14284193.jpg





a0358016_14284482.jpg





a0358016_14284894.jpg





a0358016_14285213.jpg





a0358016_14285694.jpg





a0358016_14285988.jpg





a0358016_14290348.jpg







a0358016_14290681.jpg







a0358016_14291070.jpg






a0358016_14291421.jpg





a0358016_14291766.jpg






a0358016_14292144.jpg




a0358016_14292541.jpg





a0358016_14292873.jpg





a0358016_14293246.jpg







a0358016_14293601.jpg










珍しく『お料理王国』ですね!
めったに料理作ってないやんツッコミを受けたこともありますが、まあ、まあまあ。
ブログなんてそんなもんですよ。


コロッケってスーパーの横っちょとかにあるコロッケ屋さんで揚げたてを食べるのも美味しいのですが、ただ2個くらい食べるともう油っぽくてお腹いっぱいになってしまいます。

なのになぜか手作りコロッケだと、3個4個と箸が進み、気づけば結構な量を食べていたりするんですよね。
でも揚げ物はなかなかめんどくさいので、手作りコロッケは実家を出てから食べていませんでした。(実家に帰った時は食べてた)(ので、そんな期間が空いてるわけじゃなかった)


やっぱ美味しいですね〜〜〜

コロッケ弁当の時は毎日お昼が楽しみでした。


まあ、それから作ってはいないんですけどね。









やっぱり揚げ物した後の洗い物ったらほんとうに。。。あれはもう。。。ってくらい面倒くさいもんです。なんかそんなCMのように簡単にキュキュっとしませんしね、なんだかんだ。






















[PR]
by atmeal6 | 2017-07-04 14:38 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

ハマチのお刺身を作る

a0358016_19223144.jpg




a0358016_19223644.jpg





a0358016_19224007.jpg





a0358016_19224402.jpg





a0358016_19225204.jpg





a0358016_19225957.jpg





a0358016_19230623.jpg





a0358016_19231044.jpg





a0358016_19231478.jpg





a0358016_19231972.jpg





a0358016_19232301.jpg





a0358016_19232711.jpg





a0358016_19233500.jpg






a0358016_19233943.jpg





a0358016_19234427.jpg





a0358016_19234870.jpg









a0358016_19235258.jpg






a0358016_19235788.jpg






a0358016_19240030.jpg






a0358016_19240439.jpg







a0358016_19240835.jpg











スーパーの鮮魚コーナーに行ったら見たことのある顔の魚が見たことのない名前で売っていました。

『イナダ480円』

イナダ?なんだろう。なんだかわからないけどサイズの割りにお安い。。
なんとなくハマチに似てるしハマチっぽい味がするんだろうと思い購入。レジに持っていくとレジのお姉さんに「これイナダですか?」と聞かれ「だと思います。」と答えるやりとりがありましたがあれはなんだったのでしょう。把握しきれなかったのでしょうね、鮮魚多いので。
新鮮でしたレジでの魚確認。


さて謎の魚Xを裁かなくてはいけません。
しかし謎の魚Xのままではいけないので、イナダをネットで検索。なんだ関西でいうハマチのことかぁ〜と一件落着。
本当はもうちょっとサイズで細かく分かれて色んな名前がついていましたが、ハマチが大きくなるとブリという知識しかない私にはイナダはハマチの関東読みで十分だと思いました。

てか東京ではみんな『ハマチ』って言わないの?本当に?



まあ、そんなこんなで捌きに捌いたわけですが、もーなんと言うか。。お粗末様でした。。。



味は新鮮なのでおいしかったです。

























[PR]
by atmeal6 | 2017-06-21 19:33 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

鯖の味噌煮と新宿の謎

a0358016_09421597.jpg






a0358016_09423124.jpg





a0358016_09423960.jpg





a0358016_09424415.jpg





a0358016_09425991.jpg





a0358016_09430341.jpg





a0358016_09431377.jpg





a0358016_09432185.jpg





a0358016_09432603.jpg





a0358016_09433112.jpg





a0358016_09433441.jpg





a0358016_09434010.jpg





a0358016_09434533.jpg





a0358016_09434967.jpg





a0358016_09435401.jpg






a0358016_09435965.jpg





a0358016_09441099.jpg






a0358016_09441482.jpg






a0358016_09441833.jpg





a0358016_09442242.jpg






a0358016_09442698.jpg





a0358016_09443044.jpg






a0358016_09443359.jpg







a0358016_09443865.jpg










鯖の味噌煮はおいしいですね。
ほっこりします。あとカボチャの煮物も、簡単な味付けでコトコト煮ただけでああもおいしくなるなんて、カボチャってすばらしいです。
あとは栄養を気にして野菜とレバーの炒め物と、ひじきの炊き込みご飯。

全体的に色合いは乏しいですがなかなかお腹いっぱい栄養いっぱいお弁当です。

この魚の部分がシャケの西京焼きに変わったり、韓国産サゴチの照り焼きとかに変わったりします。


しっかし、ね〜。新宿って不思議ですよね。
ゴジラに会うのはまあアリとしても(ゴジラは東京が好きですし)、せんとくんに会うとは思いませんでしたね。奈良の鹿さんも久しぶりです。乗っていいんですね。

まあそんなこんなで、飽きない街、新宿。
猥雑かつカオスかつエンターテイメント気質旺盛なこの街は一言では語れない魅力がいっぱいのステキ空間です。都庁があると思えば2丁目がある。新宿をテーマになにかやってみたいようなやりたくないような、そんな今日この頃です。
























[PR]
by atmeal6 | 2017-06-16 09:56 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

水神社とアジのたたき作り

a0358016_14295322.jpg






a0358016_14295848.jpg





a0358016_14300260.jpg





a0358016_14300628.jpg






a0358016_14301184.jpg





a0358016_14301413.jpg





a0358016_14301890.jpg




a0358016_14302224.jpg








a0358016_14302745.jpg





a0358016_14303103.jpg





a0358016_14303453.jpg






a0358016_14303843.jpg





a0358016_14304310.jpg




a0358016_14304678.jpg





a0358016_14305003.jpg




a0358016_14305469.jpg





a0358016_14305815.jpg




a0358016_14310273.jpg




a0358016_14310628.jpg





a0358016_14310985.jpg




a0358016_14311438.jpg




a0358016_14311749.jpg




a0358016_14312104.jpg




a0358016_14312534.jpg





a0358016_14313157.jpg




a0358016_14313583.jpg




a0358016_14313940.jpg








アジをさばいている時に、小学校の家庭科の調理実習『アジの三枚下ろし』を思い出していました。
そういえばやったことあるんですよね。

イワシなんかはしょっちゅう調理しますが、あまりにも身が柔らかいので指でバ〜っと色々取れちゃいます。そりゃもう面白いほどに。
色々って色々ですけど、頭落とすと皮も内臓も骨も指がするする〜っと中に入って行って、気持ちいくらいいにするっと取れちゃいます。胃の中とか何が入ってるのかなってつい見てしまうのはご愛嬌。弱い魚とはほんと読んで字のごとく、あっと言う間に鮮度が落ちるし、ふにゃふにゃだし、海の中でこんな柔らかい体で大丈夫なんかい?と不思議に思ってしまうほどです。
(海の中では硬いのかもしれない)


イワシの話に熱が入りました。


アジを最後にさばいたのはいつだったか。記憶にないです。処理済みの多いですしね、アジ。
頭落とした時に想像以上に血が飛び出しました。これは鮮度のいい証拠なのかどうか分かりませんが、死ぬまで生きていました()じゃあないですけど、そんな感じだったのかなとか思いました。(曖昧)


しかしこのタタキは美味しかった!
ぷりっぷりでした。
ワサビじゃないのはワサビがなかったからなんですけど、イワシとかアジとか光物ってけっこう生姜でいただきますよね。

夏あたり旬なのでじゃんじゃん叩いていきたいと思います。

















[PR]
by atmeal6 | 2017-05-30 14:41 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

春の七草粥でめしテロ

a0358016_12305416.jpg






a0358016_12305906.jpg





a0358016_12310807.jpg






a0358016_12311352.jpg






a0358016_12311758.jpg





a0358016_12312259.jpg







a0358016_12312656.jpg






a0358016_12313360.jpg






a0358016_12403076.jpg








a0358016_12314260.jpg






a0358016_12314665.jpg





a0358016_12315006.jpg









a0358016_12315660.jpg







a0358016_12320161.jpg






a0358016_12320593.jpg











ブログを作っていて思ったのですが、七草粥の作り方を根本的に間違えてるような気がうっすらしました。

うっすらなのでまあ良しとしましょう。
美味しかったです!
野趣あふるるですね!


でも『ごぎょう』だと言われてる道端でよく見かけるあの雑草は入ってなかったように思うのですが…
まあ、スーパーの七草セットなのでそんなもんかもしれないです。



あれから『ごぎょう』を道端で見かけるたびに、「これ食べられるんだよね〜。お浸しにでもしようかな〜」ってふと思うのですが、
わんちゃん散歩のお方とすれ違ったりするうちに
「うん、やめておこう」と思いました。




















[PR]
by atmeal6 | 2017-05-26 12:38 | 料理作り・レシピ | Comments(0)

納豆スパゲッティ

a0358016_18285103.jpg





a0358016_18285610.jpg


a0358016_18290053.jpg


a0358016_18291401.jpg


a0358016_18291954.jpg


a0358016_18292486.jpg



a0358016_18292959.jpg




a0358016_18293309.jpg



a0358016_18293801.jpg



a0358016_18294206.jpg



a0358016_18294787.jpg




a0358016_18295182.jpg



a0358016_18300009.jpg



a0358016_18300399.jpg



a0358016_18300737.jpg



a0358016_18301146.jpg







たま〜にものすごく納豆が食べたくなるんですよ、あれなんなんですかね、日本人の遺伝子が欲求するのでしょうか。
単に大豆でいいなら豆腐でもいいハズなのに、納豆菌め。。。


スパゲッティの亜種、和風スパゲッティなるもが結構好きで
今日はコンビニ弁当ですますかって時なんて『ジャコと水菜の和風スパゲッティ』とか
『ツナと水菜と大根おろしの』とか、わあ〜〜これこれ!いいねいいね〜ってなっています。
ああ、王道の『たらこスパゲッティ』ももちろんです。

ディ・チェコ的なスパゲッティを、いい塩加減で茹でるとそれだけでもおいしいですし、
バターからめて醤油とか、まるで『バター醤油ごはん』のように扱ってもなかなかイケます。



茹でと塩加減、これが大事ですね。スパゲッティは。


























[PR]
by atmeal6 | 2017-01-12 18:38 | 料理作り・レシピ | Comments(0)