お料理王国6

2017年 08月 12日 ( 1 )

目黒雅叙園へ行く!

a0358016_12023325.jpg







a0358016_12023705.jpg






a0358016_12024034.jpg





a0358016_12024237.jpg






a0358016_12024645.jpg






a0358016_12024888.jpg






a0358016_12025123.jpg






a0358016_12025316.jpg





a0358016_12025810.jpg





a0358016_12030253.jpg





a0358016_12030566.jpg






a0358016_12030801.jpg






a0358016_12031081.jpg




a0358016_12031454.jpg






a0358016_12031632.jpg






a0358016_12031916.jpg







a0358016_12032106.jpg






a0358016_12032568.jpg






a0358016_12032895.jpg





a0358016_12033247.jpg




a0358016_12033950.jpg






a0358016_12034355.jpg











a0358016_12034715.jpg







a0358016_12035117.jpg





a0358016_12033407.jpg







a0358016_12035562.jpg







a0358016_12040119.jpg








a0358016_12042863.jpg







a0358016_12043283.jpg







a0358016_12043577.jpg






a0358016_12043783.jpg






a0358016_12044116.jpg






a0358016_12044402.jpg











そう、目黒駅って品川区にあるんですよね。
それで品川駅は港区にあるし、なんでこんないい加減なんでしょうか東京の駅名と立地。


そして肝心の目黒雅叙園は…
ちゃんと目黒区にあります。


この日はもうすでに目黒雅叙園に至るまでに7キロくらい歩いているので運動量は申し分なかったのですが
3月なので寒かったですね。(筋肉の話)

ちょっとブログの季節感が南半球になってきたので急いで現在に到達したいところです。


目黒雅叙園、そのハデさはある意味行くところまで行っていて清々しいほどでした。
豪華絢爛とはこういうことだ!を徹底的にやってくれているその姿勢に憧れてシビれたもんです。


でもよく見ると窓の格子の木材の使い方の細かいこと!これは当時の職人さんの技なのかしら、とか色々すごい発見ができる場所でもありました。


ねじりまくった木をこう、うまいこと柱にする絶妙な感覚を持った当時の建築家とか、その注文を見事にやってこなす大工さんがいたこととか(やっかいなクライアントだったことでしょう)
豪華絢爛や季節の催し以外にも見所はたくさんあります。


この時は3月と言うこともあってお雛様が所せましと飾ってあったのですが
あきらかな人毛、ハゲかけたお内裏さま、朽ちていく布の衣装。

なかなか肝が冷っとする古い人形独特の怖さなんかも味わえました。
まあそこじゃないんでしょうけど、本来の趣旨は。


古いお茶のお道具とかもなんだか全部お人形サイズで作られていて、日本人のこう、忠実なフィギュアに対する情熱みたいなものは
今も昔も変わらないんだなあと改めて日本人の職人魂を思い知った、かなりいい展示内容でした。























[PR]
by atmeal6 | 2017-08-12 12:22 | Comments(0)