お料理王国6

2017年 07月 30日 ( 1 )

横浜ぶらぶら二郎系ラーメン

a0358016_13340866.jpg






a0358016_13341226.jpg






a0358016_13341689.jpg





a0358016_13342026.jpg






a0358016_13342358.jpg





a0358016_13342686.jpg





a0358016_13343298.jpg






a0358016_13343742.jpg




a0358016_13344214.jpg






a0358016_13344721.jpg






a0358016_13345100.jpg







a0358016_13345402.jpg







a0358016_13345766.jpg






a0358016_13350032.jpg






a0358016_13350413.jpg






a0358016_13350850.jpg






a0358016_13351295.jpg






a0358016_13351534.jpg





a0358016_13351820.jpg







a0358016_13352151.jpg






a0358016_13352588.jpg






a0358016_13352834.jpg






a0358016_13353172.jpg







a0358016_13353525.jpg






a0358016_13353868.jpg






a0358016_13354243.jpg






a0358016_13354554.jpg







a0358016_13354931.jpg












会社の近くにラーメン二郎があるのですが、いろいろ知識ばかりが先走ってしまい
こう、なんだか怖くていまだ行けていません。

噂の一人歩きとでもいうのでしょうか、ラーメン屋の中にはこだわりをこじらせすぎてルールがいっぱいあるようなお店が漫画とかになってるんで、そんなお店に入っちゃったらどうしようって、寿司屋にも似た若干の恐怖があります。


や〜〜でもおいしかったなあ二郎系ラーメン。

もう少し背脂こってり天一(下品)っぽくてもいいかなって思いました。
脂っておいしいですもんね、高カロリーってほんと甘い。舌の上でとろけるあの甘さが『カロリー』なんだろうなと分かっちゃいるけれど。。


海辺近くの街はなんだか都会の真ん中とは違うちょっと空間の大き目の時間が流れていますよね。
例えがあいまいですが。

目の前にでかい空間が広がるからでしょうか、ぎゅっと詰め込んでもつまらない気分になるのです。
その大きさと同じくらい自由でもいいんじゃないかと思えるのだからやっぱり
温泉につかったり海を眺めたり、いつもよりでかいものは何かしら偉大です。






















[PR]
by atmeal6 | 2017-07-30 13:44 | 東京グルメ | Comments(0)