お料理王国6

ポンピドゥー・センター傑作展行ってきた!

a0358016_13455074.jpg



a0358016_13474501.jpg



a0358016_13475196.jpg


a0358016_13475984.jpg



a0358016_13480452.jpg


a0358016_13480961.jpg


a0358016_13481746.jpg


a0358016_13482860.jpg



a0358016_13483436.jpg



a0358016_13484037.jpg


a0358016_13484696.jpg


a0358016_13485112.jpg


a0358016_13485706.jpg



a0358016_13490129.jpg


a0358016_13490602.jpg



a0358016_13491139.jpg


a0358016_13491639.jpg



a0358016_13492214.jpg




a0358016_13492823.jpg


a0358016_13493328.jpg



a0358016_13493923.jpg



a0358016_13494371.jpg


a0358016_13494993.jpg



a0358016_13495314.jpg



a0358016_13495791.jpg



a0358016_13500312.jpg


a0358016_13500815.jpg



a0358016_13501315.jpg



a0358016_13501882.jpg


a0358016_13502325.jpg



a0358016_13502844.jpg



a0358016_13503491.jpg



a0358016_13504167.jpg



a0358016_13504688.jpg



a0358016_13505114.jpg



a0358016_13505597.jpg



a0358016_13510250.jpg









もうすっごい良かった!!すっごい良かったんですよポンピ展。
やー感動したわー。

ほんとなんの予備知識もなく行ったので、へ〜ピカソにマティスかいいじゃんいいじゃんくらいの遊ぶ金ほしさで軽い気持ちだったんです。

年代別にその年の傑作を飾ってあるので、いろんなアーティストの作品が見られるし、その時代の説明も『こんなことが起こった年だったのでこういったアートがもてはやされたんです。』といった具合で楽しく見て学べる展示となっていました。

なるほどねえ、なんて思って展示を見ているといきなり飛び込んできたジャコメッティの写真にあまりの感動でえっ!ってなって涙がびゅっと前に5センチくらい飛び出たような気がしました。
そしてそこにあったのはあの細い細い彫刻です。

ジャコメッティを知ったのは小学生のときの美術の教科書の写真に『歩く男』が載っていたからですが、その後いろんな本を読んだりアートを見たりしていてなにかずっと心にひっかかる作品ではあったんです。
なにかよくわからないけれど洗練されていていい彫刻だなあ、くらいの関心ですが。

そして『石井好子本』を読むようになって出てきたジャコメッティ。
なんだかもうキャー!ってなりました。石井好子さんが残した文章にジャコメッティが生きています。読めば読むほど味が出るスルメのような文章です。

一部ネットにも載っていたので
ここにもコピペいたします。





花売りのフランソワーズが、「ヨシコ、ヨレヨレの服着た乞食みたいな人が来て呼んでるわよ。」というので下りて行ったら、ジャコメッティが居心地悪そうに一人で座っていた。
「お詫びにきたけど、この時刻に私がナチュリストに来たなんて信じられない、迷惑してるんじゃないか、という思いが断ち切れない。」

数日前、私は哲学者で詩人の矢内原伊作さんに夕食を誘われた。
彼が日本へ帰る送別会で彫刻家の夫妻も一緒と聞いていたが、約束の日本料理屋で七時というのに九時まで来ないで私をかんかんにさせたのだった。
「そんな事ないわ。夜食に行きましょう。」と、立ち上がると、彼は勘定を言いつけた。
しわくちゃのズボンのポケットからは無造作に包まれた大金がばさばさ音を立てて出てきた。
「描けない。もう続けられないほど疲れて眠る事もできなくて、ここに来た。」 と言う。向かいのカフェ「オ・ピロ」でブドウ酒を飲んで、夜食に取りかかったら気軽になったらしく、紙のテーブル掛けに玉乗りの絵を描き始めた。
「今度生まれたら玉乗りになるんだ。」「今までは娼婦になりたいと思っていたけど、今日レビューを観ていたらマヌカンも悪くないと思ったな。」「嫌な奴でも金があったら寝ちゃおう。」私たちはキャッキャッと笑いあった。

夜明けまで意味の無いおしゃべりをした。髪はクシャクシャ、黒い背広には所々粘土がくっついたまま、爪の中も粘土だらけ、一間こじき風のその男と夜明けまでつき合っていたのは、彼の誠意に満ちた話し振り、皺だらけの彫りの深い顔から普通には無いもの、本物の芸術家のにおいが嗅ぎ取られたからだったのだろう。私は何となく彼の気魄に押され始めていた。仕事の事しか頭にない。仕事の中でしか生きられない苦痛に満ちた彫りの深い顔が美しく見え出していた。

アネットから電話がかかり、ある日(「ジャコメッティとともに」によると10月26日)、彼らの家を訪れた。アレデア教会に近い静かな所だった。車も入らない露地を歩いて行くと、こんな所がパリにあったのかと驚くようなバラックが並んでいる。アトリエというより物置小屋だ。ギシギシきしむ戸をあけると、灰色の壁に包まれた寒々とした部屋で、矢内原さんはポーズをとり、ジャコメッティはカンバスに向かって灰色の肖像画を描いていた。

 小さい石炭ストーブがすみにあるきり。裸電球の下で彼は煙草を喫いながら黙々と筆を動かし、矢内原さんは粗末な木の椅子に腰かけ、まっすぐに首をのばし、身動き一つしなかった。仕事の終わるまでアネットと私は長いこと待たされた。
 寝室兼居間はいったん道に出て隣のドアから入る。ストーブが一つ。小さい洗面所とガスコンロ、木の椅子一脚、そして大きなベッドが一つあるだけ。ベッドが場所をとりすぎているので、居間の役目は果たしていない。
『近代的じゃないけど私たち、この家が好きなの。アルベルトは仕事場をかえるのがきらいなのね。でもストーブを燃すのは一仕事よ。』私は木の椅子に、彼女はベッドに腰かけていた。 













じゃこめっしー、
2合で458円の炊き込みごはんの素ってだけあって、もんのすごく美味しかったです。
30%offじゃあなきゃ買えなかったんですけどw


























[PR]
by atmeal6 | 2016-10-27 14:19 | 絵・芸術・趣味 | Comments(2)
Commented by ponzu_77 at 2016-10-28 16:33
わーーージャコメッティとかいいですねー。生で見れるなんて。
日本のアート招致率は素晴らしいです、本当。上野公園とかこんな風にどどーんと集結してるんですね。

チョウチョウうお、私も小さい時はずーっっと同じ事を思っていて、最近じっくり見て、
あーーそうだったんかーーと納得していたので、なんだか嬉しいなー。笑
Commented by atmeal6 at 2016-10-30 12:07
>ponzuさん
ジャコメッティいいですよね〜!分かってくださる方がいて嬉しいです〜^ ^
上野公園にたいていのアートが揃っている気がします。わたしもまだまだ東京初心者ですが(汗
チョウチョウウオに見えますよね!きゃー!共感率たかくてなんだかこちらこそ嬉しいですよ〜